amazonギフト券の買取業者50社を徹底比較!安心&高額換金ランキング2019

アマゾンギフト券の買取サイトを徹底比較!おすすめをランキングで紹介

amazonギフト券は、人気の高い商品券です。amazonで買い物するという本来の使い方だけでなく、現金化の方法としても復旧しています。

このページでは、amazonギフト券の買取業者のメリットとデメリットやおすすめの業者の紹介、利用方法、注意点を解説しています。

amazonギフト券の現金化を検討しているなら、確認してもらえればと思います。

▼優良業者の最新の買取率とランキングを確認する

目次

amazonギフト券の買取を利用する2つの状況

amazonギフト券を現金化する必要があるのは、以下の2種類の状況のどちらかであることがほとんどです。

アマギフ現金化の目的
  • 不要なギフト券を換金したい
  • クレジットカードの現金化

不要なamazonギフト券の換金

贈り物や自分用で購入したけど必要がなくなったり、プレゼントで貰ったりキャンペーンの景品で入手したamazonギフト券を現金化できます。

amazonギフト券は、amazonで買い物ができる便利な電子ギフト券です。amazonでは、様々な商品が購入できます。ですが、家賃や公共料金などの支払いはできません。現金ではないので、買えない商品やサービスもたくさんあります。

amazonで欲しい商品がなければ、換金してしまいましょう。amazonギフト券より現金のほうが、使い勝手は良いですからね。

参考記事:「amazonギフト券の支払い方法を徹底解説!

クレジットカードの現金化

もう1つのamazonギフト券の買取の需要として、クレジットカードなどの後払いの決済手段を利用した現金化による資金調達があります。

クレジットカードのショッピング枠でamazonギフト券を購入できます。購入したamazonギフト券を換金すれば、手元に現金化が入ってきます。

支払いが1~2ヶ月後になるので、急な現金需要や生活費の補填、事業資金の調達に利用されています。

クレジットカードだけでなく、携帯決済(キャリア決済)を利用したプリペイドカードなど、後払いでamazonギフト券を購入すれば現金化できます。

amazonギフト券が現金化に選ばれる3つの理由

クレジットカードの現金化は、かなり古くからある短期の資金調達の手法です。換金率の高い商品を購入して転売し現金を入手する方法は、商品の選定と換金先に工夫が必要でした。

最近は、現金化のための商品としてamazonギフト券が選ばれています。amazonギフト券が現金化に適しているのには、いくつかの理由があります。

アマギフの現金化のメリット

  • 解約のリスクの軽減
  • 高い換金率
  • 換金先の安全性

amazonギフト券は、これまで購入されてきた従来の転売用の商品より、換金率と安全性のバランスが高い次元でまとまっています。

クレジットカードの現金化は規約違反!バレると強制解約もある

クレジットカードのショッピング枠を利用しての現金化は、クレジットカードの規約に違反します。違反が発覚すると、クレジットカードの残債の一括請求などのペナルティを受ける恐れがあります。

現金化するなら、バレにくい商品を選ぶ必要があります。数ある商品のなかから、amazonギフト券が現金化に選ばれる理由でもあります。

アマギフを他の商品と比較すると、カード会社に現金化を目的とした購入だと悟られにくいという特徴があります。

その他のクレジットカードの現金化の手段

amazonギフト券の買取でなくても、クレジットカードを現金化する方法はあります。

有名なのは、新幹線回数券を購入して金券ショップで換金する方法でしょうか。発着場所によって買取率は変わりますが、90%~95%で換金できます。

買取率は高いのですが、現金化の方法としてメジャーすぎます。もっともクレジットカードの利用停止の危険のある金券とされています。

他には、専門のクレカの現金化業者を利用するという方法も広く普及しています。現在は、街にある現金化の専門業者でなく、webで現金化できる業者が人気です。自分で現金化するより、カード会社に現金化がバレにくいとされています。

ですがamazonギフト券の買取と比較して、クレカの現金化業者には複数のデメリットが目立ちます。

クレカ現金化業者と比較した、amazonギフト券買取のメリット

クレジットカードのショッピング枠を現金化するなら、バレにくい方法を選択する必要があります。

カード会社に現金化が発覚しにくい方法として以下の2つが有力候補になります。

  • クレカ現金化業者で現金化
  • amazonギフト券の買取業者で現金化

それぞれを安全性と手間・スピード、換金率の面で比較すると、amazonギフト券の買取のほうが優れていると分かります。

違い1:営業許可により安全性を担保

クレカの現金化業者とamazonギフト券の買取業者を比較すると、運営体制の信頼性に大きな違いがあると分かります。

クレジットカードの現金化が無資格で営業できるのに対し、amazonギフト券の買取には古物商の営業許可が必要です。

amazonギフト券などの金券類の売買を事業として行うには、各都道府県の警察署にある公安委員会から営業許可を受けないと営業できません。

無資格での営業が常態化しているクレカの現金化業者と営業許可を取得しているアマギフの買取業者とでは、安全性に雲泥の差があります。

違い2:業務の簡略化による手間の少なさ

現金化までの手順にも差があります。

クレジットカードの現金化業者の手順

  1. 公式サイトから申し込み
  2. 決済のやり取り
  3. 現金の入金を確認
  4. 荷物の受け取り

クレカの現金化業者はキャッシュバック方式を採用しています。キャッシュバック方式とは、現金化業者の指定する商品をクレジットカードで購入して、キャッシュバックとしてお金を受け取る仕組みです。

商品購入に関する決済のやり取りと購入した商品の受け取りの手間が発生します。購入する商品は CDやDVD、パワーストーンなど価値の低いものになります。

amazonギフト券の買取業者の手順

  1. 公式サイトから申し込み
  2. 現金の入金を確認

事前にamazonギフト券があれば、公式サイトから申し込むだけで手続きが完了します。

単純に買取だけを行うamazonギフト券の買取業者と決済と購入が必要なクレカの現金化業者では、現金化までの手間に差があります。簡単なのは、amazonギフト券の買取です。

振り込みまでの時間に関しては、タイミングが左右します。日時や依頼する業者によって、時間が異なります。

クレジットカードの現金化業者は、公式サイトに最短5分などと案内されているだけです。正確な時間は、事前に問い合わせないと分かりません。

ですが優良なamazonギフト券の買取業者は、最新の振込までの時間を公式サイトにリアルタイムで表示しています。公式サイトを確認するだけで振込時間が分かります。

違い3:換金額が高くなる 業者の手続費用による違い

クレジットカードの現金化業者とamazonギフト券の買取業者では、換金率に違いがあります。

クレジットカードの現金化業者の場合、80%~85%で換金できれば優良業者といえます。

amazonギフト券の買取業者の場合、85%~90%が優良業者の換金率の相場です。

amazonギフト券の買取なら、クレジットカードの現金化業者より5%~10%も高く換金できます。

クレジットカードで決済すると、販売店は決済手数料(販売価格の数%)をカード会社に支払います。クレカの現金化業者は、利用者が商品を購入する必要があります。現金化業者は、手数料をカード会社に支払っています。

一応、利用者に品物を販売しているので、消費税も国へ収めているはずです。この時点で90%以上での買取は不可能です。一度の取引でかかる費用が、10%を超えています。

amazonギフト券の買取業者は、買い取るだけです。amazonギフト券は、基本的にamazonで購入します。決済手数料はamazonが支払っています。仮に買取業者が90%でアマギフを買い取っても、91%以上の価格で捌ければ利益になります。

クレカの現金化とアマギフの買取という業務の違いから、取引に必要な諸経費に大きな違いがあります。構造上、amazonギフト券の買取業者のほうが、高く換金できる傾向にあります。

クレカの現金化業者は還元率(換金率)を公表していません

クレジットカードの現金化業者の公式サイトを確認すると、還元率(換金率)が案内されています。

どの現金化業者も最大98.8%や最大99.2%などと大々的に掲載しています。ですが、最大値の利率しか分かりません。最大の換金率になる条件も明示されていません。詳しい数字は、問い合わせないと分かりません。絶対に最大換金率を案内されることはありません。

巷で優良とされる業者から悪質な業者まで、どのクレジットカードの現金化業者も時価での取引が基本となります。

amazonギフト券の買取業者は違います。一部の業者は、最大値で案内しています。ですが優良な買取業者は、公式サイトに正確な買取率を表記しています。公式サイトを確認するだけで詳細な換金額を確認できます。

クレジットカードの情報を渡すことに抵抗があります!

クレジットカードの現金化業者へ申し込むには、本人確認のための身分証とクレジットカードの両面の画像を送る必要があります。

クレジットカードの番号と裏面にあるセキュリティコードを伝えてしまったら、カードを不正利用されてしまうリスクがあります。

amazonや楽天市場といった通販サイトなら、悪用の心配はありません。ですがクレジットカードの現金化業者はどうでしょうか?信頼できますが?

悪質な現金化業者だと、現金を入手できないだけでなく、カード情報も盗まれてしまいますね。

運営歴の長い優良とされる現金化業者を利用する場合でも、不安に感じる人は多いはずです。

amazonギフト券の買取業者への依頼でも身分証の提示は必要です。ですがクレジットカードの情報は必要ありません。

クレジットカードの現金化業者から移行が進んでいる状況

クレカの現金化業者とamazonギフト券の買取業者には、バレにくいという共通のメリットがあります。

ですが、その他の面ではamazonギフト券の買取業者に軍配が上がります。

現金化業者と比較したamazonギフト券の買取業者のメリット

1.安全性の高さ
国の機関である公安委員会から営業許可を取得している
2.手間の少なさ
買取という分かりやすい単純なスキームで現金化までの手間が少ない
3.換金率の高さ
業者側の経費負担が少ないため換金率が高い

amazonギフト券の買取業者なら、安全性が高く、少ない手間で高く現金化できます。クレジットカードの現金化手法として、急激に成長しています。

クレジットカードのショッピング枠の現金化の方法として人気が高まっているamazonギフト券の買取ですが、デメリットもあります。

▼優良なamazonギフト券の買取業者のランキングを確認する

amazonギフト券買取のデメリット

他の換金手段と比較したデメリット

利便性の高いamazonギフト券の買取ですが、デメリットも存在します。

現金化を目的とした場合でも、不要なamazonギフト券の換金でも、下記のデメリットがあります。

デメリット

  • 絶対に額面より損する
  • コンビニで購入したアマギフは換金しにくい
  • チャージタイプは買取に対応していない
  • 利用回数で買取率が変動する
  • 月初は振込時間が遅くなりがち

現金を入手できるというメリットと換金のデメリットを比較して、利用を検討してください。デメリットの詳細について、以下に解説します。

換金率は100%ではないので確実に損してしまう

絶対に考えておきたいのは、amazonギフト券の買取で現金化すると損することです。

額面金額が1万円のamazonギフト券を9千円で現金化できるとします。9千円では、amazonで1万円の商品を購入できません。

ですが損するのは、現金化の全般にいえる問題でもあります。どんな換金率の高い商品でも、購入価格より高くなることはありません。

高額買取している業者を選ぶなど、リスクを最小限に抑える工夫をすると損失を減らせます。

▼優良業者の最新の買取率とランキングを確認する

Eメールタイプでないカードタイプなどの種類のアマギフは換金しにくい

amazonギフト券-AQ(カードタイプ)-WA(シートタイプ)-コンビニなど店舗で購入する種類のギフト券

amazonギフト券は、購入場所と形状によって複数の種類に分けられます。どの種類でも、amazonで買い物できることは変わりません。

代表的な種類は、amazonで購入できるEメールタイプとコンビニで購入できるカードタイプです。

購入場所 種類・タイプ
Amazon Eメールタイプ
印刷タイプ
グリーティングタイプ
ボックスタイプ
封筒タイプ
マルチパックタイプ
商品券タイプ
チャージタイプ
コンビニ カードタイプ
シートタイプ

amazonギフト券の買取業者が買い取るのは、Eメールタイプが中心になります。

カードタイプやシートタイプといったコンビニで購入できるamazonギフト券は、ほとんどの買取業者で現金化できません。換金する方法もありますが、Eメールタイプより5%~10%くらい換金率が下がります。

現金化するためのamazonギフト券を購入する予定なら、Eメールタイプを選んでください。

参考記事:「カードタイプ(AQ・WA)のamazonギフト券を買取らない理由は?換金する方法も徹底解説!

アカウントの残高やチャージタイプのamazonギフト券は買取できない

チャージタイプのamazonギフト券-コンビニ支払か振込でポイントがもらえる

amazonギフト券の買取では、amazonのアカウントにある残金や購入と同時にアカウントへチャージされるチャージタイプのamazonギフト券は換金できません。

アカウントの買取を行っている買取業者もあります。ですが、アカウントにある個人情報が漏洩するリスクもありますし、かなり換金率が下がります。

アカウントの残金を換金するなら、amazonで換金率の高い商品を購入して転売する方法をおすすめします。

参考記事:「チャージタイプのamazonギフト券のアカウント残高を現金化する4つの方法

初回と2回目以降で買取率が変わる

amazonギフト券の買取業者は、利用回数によって買取率が変わります。初回の買取率を高くする傾向にあります。

最初に試しやすい買取率を提示して、利用を促進するキャンペーンを行っています。

継続的にamazonギフト券を現金化する予定なら、複数の優良業者で初回の買取率の恩恵を受けると損しません。面倒なら、2回目以降の買取率の下がり幅が少ない業者を利用しましょう。

月初の振込時間が遅くなる傾向にある

毎月の月初期間は、amazonギフト券の換金額の振込までの時間が遅くなります。とくに月初の1日は要注意です。

優良なamazonギフト券の買取業者なら、通常30分~1時間くらいで現金が振り込まれます。ですが月初の1日は、振込まで数時間は必要です。

月初は買取業者や現金化業者の繁忙日です。月末の締日が終わると、資金需要が多くるためです。

買取は申し込み順に行われます。緊急で現金が必要なら、早い時間帯に申し込みましょう。

amazonギフト券の現金化(買取や転売)は違法なのか

amazonギフト券を換金しても、法律違反ではありません。

ただしamazonギフト券の転売は、amazonの利用規約に反する行為です。規約違反が発覚すると、amazonのアカウントが停止される恐れがあります。

ですがギフト券は、プレゼントが本来の目的です。第三者へ転売しても、amazonは判断が付かないはずです。

あなたがギフト券をプレゼントした相手が転売しても、あなたのアカウントが停止されるのはありえないですよね。同様にあなたが転売しても、プレゼントだと言ってしまえば分かりません。

クレジットカードの現金化も規約違反ですが、違法ではありません

クレジットカードで決済したamazonギフト券を購入して現金化する場合も違法ではありません。

ですがクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化は、カード会社の利用規約で禁止されています。ただし利用規約は法律ではありません。現金化が発覚しても、逮捕されることはありません。

違法性で話題になるのは、クレカの現金化業者です。悪質な詐欺業者が逮捕されたり、現金化が貸金業者ではないかと問題になったりしています。

利用者は、カード会社に現金化が発覚しないように注意する必要があります。

amazonギフト券の2種類の買取業者(金券ショップ・買取サイト)の違いとメリット・デメリット

amazonギフト券の買取は2種類の業者が行っています。金券ショップと専門のギフト券買取サイトのどちらかでアマギフを現金化できます。

2種類の買取業者
  • 金券ショップ
  • ギフト券買取サイト

商品券の買取といえば、金券ショップで行われるのが一般的です。駅前や商業施設、街中などにある金券ショップの店舗に商品券を持ち込んで手続きすれば、その場で現金と引き換えられます。

amazonギフト券の買取は、専門のギフト券買取サイトでも行われています。図書券やビール券などの商品券と違い、amazonギフト券には紙券が必要ありません。amazonギフト券のコード番号をamazonのアカウントに登録すれば、現金のように買い物に利用できます。

コンビニなどの店舗で購入できる、カードタイプのamazonギフト券もプラスティックのカード自体に価値はありません。裏面のスクラッチを削った中に記載されている、アルファベットと数字の羅列であるコード番号に価値があります。

amazonギフト券のコード番号の買取を専門に行っている業者があります。web上の手続きで現金化できるので、ギフト券買取サイトとも呼ばれています。amazonギフト券なら、実物の商品券の受け渡しは不要です。web上の手続きだけで、amazonギフト券を換金できます。

金券ショップとギフト券買取サイトのメリットとデメリットを解説していきます。

金券ショップのメリットとデメリット

金券ショップ-amazonギフト券の買取不可

商品券の売買といえば、金券ショップで行うのが一般的です。商品券だけでなく新幹線のきっぷや映画の鑑賞券など、豊富な種類の金券類の買取に対応しています。

金券ショップでamazonギフト券を換金する場合のメリットとデメリットをまとめました。

金券ショップのメリット

  • 店舗で現金化できる安心感
  • 店頭で申し込めば、即時で現金を入手できる早さ
金券ショップのデメリット

  • ほとんどの金券ショップで買取に対応していない
  • 店舗の営業時間内でしか換金できない

ギフト券買取サイトを比較したメリットとデメリットになります。以下でそれぞれの詳細を解説します。

メリット:安心して申し込める、現金がすぐ手に入る

金券ショップは、店頭に現金化したい金券を持ち込めば、換金額を受け取れます。買取手続きが済めば、即時で現金を入手できます。

店舗のスタッフと直接対面でやり取りできるので、安心感があります。持ち逃げなど、騙される心配もありません。

対応店舗の少なさ:大黒屋やアクセスチケットなどの大手の金券ショップで買取不可

安心感のある金券ショップでの換金ですが、デメリットもあります。

金券ショップでamazonギフト券を換金する場合、最も大きな欠点は買取に対応した金券ショップが皆無なことです。

金券ショップは、大きなチェーン店から小さな個人店まで含めて3000件以上あるといわれています。ですがamazonギフト券の買取に対応した店舗は、約10店舗しかありません。

大黒屋やアクセスチケットなど大手の金券ショップもamazonギフト券を取り扱っていません

国内に数十店舗を展開する大黒屋やアクセスチケットなどの大手の金券ショップでも、amazonギフト券を取り扱っていません。買取も行っていませんし、販売もしていません。基本的に金券ショップは、実物のある商品券しか対応しないためです。

金券ショップは、コード番号に価値のあるamazonギフト券とは相性が悪いのですね。amazonギフト券と同様にiTunesカードやGoogle Playギフトカードなど、電子ギフト券全般を取り扱っていません。

amazonギフト券の買取に対応している店舗は、首都圏や都市部に集中しています。amazonギフト券の換金のために遠くの店舗まで行くのは、現実的な選択肢でない気がします。

下記のリンク先の記事でamazonギフト券の買取に対応している店舗を紹介しています。興味があれば、確認してもらえればと思います。

参考記事:「amazonギフト券は金券ショップ(店舗)で換金できる?買取サイトと徹底比較!

店舗の営業時間内の対応のため時間の融通がきかない

金券ショップには、実店舗があります。店舗の営業時間外は、買取できません。日中は仕事などで金券ショップに行けない方も大勢いるはずです。

近くにamazonギフト券の買取に対応した金券ショップがあればいいのですが、なければ土日に遠征しなければなりません。交通費や必要な時間を考えると、躊躇してしまいます。

amazonギフト券買取サイトのメリットとデメリット

金券ショップのほかにamazonギフト券の買取を専門に行う業者もあります。金券ショップと比較したメリットとデメリットは以下の通りです。

買取サイトのメリット

  • 場所と時間を選ばず現金化できる
  • 約90%の高い換金率
買取サイトのデメリット

  • 対面でないので騙されないか心配
  • 優良な業者を選ぶのが難しい

それぞれの紹介を解説していきます。

いつでもどこでも利用できる

買取サイトを利用すると、手間がかからず簡単にamazonギフト券を現金化できます。

どの買取サイトでも、利用方法に大きな違いはありません。それぞれの買取サイトの公式サイトから申し込みをしたら、入金を待つだけです。手続きがすべて完了すると、申込時に指定した銀行口座へ買取金額が振り込まれます。

インターネット上の申込みだけで完結します。スマートフォンがあれば、深夜や早朝などの時間でも、自宅や電車など場所を選ばずに現金化できます。

換金額の振り込みまでの時間は、ギフト券買取サイトごとのサービス力や繁忙度によって時間は前後します。ですが、数分から遅くとも当日中にはamazonギフト券を換金できます。

約90%の換金率で現金化が可能

amazonギフト券を現金化するなら、換金率が最も気になるポイントです。ギフト券買取サイトは、金券ショップと比較して高い換金率で現金化できます。

金券ショップでのamazonギフト券は、80%が平均的な買取率の相場となります。店舗によって買取率は変わります。85%の換金率を提示していたら、かなりの好条件だといえます。

ギフト券買取サイトを利用した場合、約90%の買取率でamazonギフト券を換金できます。タイミングによっては、90%を超える換金率でamazonギフト券を現金化できます。

ギフト券買取サイトでamazonギフト券の買取が完了すると、銀行口座へ換金額が振り込まれます。手数料が発生する業者もありますが、無料の業者もあります。金券ショップでの現金の受取は、店舗で手渡しです。もちろん振込手数料は発生しません。

手数料と買取率の兼ね合いになりますが、ギフト券買取サイトのほうが金券ショップよりamazonギフト券を高く現金化できる傾向にあります。

誤って悪質な詐欺業者を利用してしまう危険性

便利に使えて換金率の高いギフト券買取サイトですが、デメリットもあります。

amazonギフト券買取サイトの利用を検討していて困るのが、「どのギフト券買取サイトを使えば良いの?」という業者選定の部分です。

amazonギフト券の買取を行っている買取サイトは非常に多く、100以上あるとされています。高額買取を行う優良業者から怪しい悪徳業者まで、様々なギフト券買取サイトが乱立しています。

Amazonギフト券買取サイトの認知度が上がるにつれて、買取市場も成熟してきています。市場の成熟とともに悪質な買取業者は淘汰されて、数を減らしています。ですが詐欺のような悪質な買取を行う、amazonギフト券買取サイトも依然として存在します。

詐欺業者を利用してしまうと、「申し込んだが、いつになっても振込まれない」「聞いていた買取率より低い金額が振り込まれた」「ギフト券のコード番号を伝えてから連絡が取れなくなった」など損害を被る結果になってしまいます。

悪質な詐欺業者の3つの特徴

amazonギフト券買取サイトのなかには、不正な買い取りを行う悪質な詐欺業者も存在します。

amazonギフト券の市場が成熟しつつあり、詐欺業者は淘汰されてきています。ですが路面店が不要で簡単に開業できるという手軽さから、新しい悪質な買取サイトが開店しては古い悪質サイトを閉鎖するサイクルを繰り返しています。

悪質な詐欺業者の3つの特徴

  • あまりにも高すぎる買取率
  • 曖昧で分かりにくい手数料
  • 運営者情報の虚偽や不足

高すぎる買取率を提示している

買取率が95%以上の業者は疑ってください。この買取率でamazonギフト券を買い取っても業者側に利益が残りません。利益が残らなければ、営業する意味もありません。

95%以上の買取率を表記している買取サイトは、高い確率で高額な手数料が発生します。

手数料が不明確で、いくらで換金できるのか判断できない

手数料を目立たないところに小さく薄い文字で記載していたり、手数料の説明をamazonギフト券の情報を送ってからしたりするギフト券買取サイトがあります。

悪質な業者の手数料は、数千円〜数万円やギフト券の額面金額の数十%などと非常に高額になってしまいます。名目は、登録料や税金控除などと言ってきます。

運営者情報の内容が不十分で不正確

悪質な買取業者の公式サイトにある運営者情報や会社概要は、内容に誤りがあったり、不足していたりしています。

ほとんどすべてのamazonギフト券買取サイトでは、運営者の情報を掲載しています。掲載自体のない買取サイトは論外ですが、掲載しているサイトでも注意が必要です。

実際に存在しない住所や公共機関の住所を記載している業者もあります。利用を検討している買取サイトがあれば、所在地の住所をGoogleかYahoo!で検索してみてください。偽りの住所を掲載している買取サイトは詐欺サイトの可能性が高いです。

会社名や古物の営業許可番号を掲載していない業者も要注意です。運営会社に株式会社〇〇などの法人名の記載がなければ、隠している可能性があります。営業許可番号を掲載していなければ、信頼性が落ちるといわざるを得ません。

優良なamazonギフト券買取サイトなのかを見分けるには、運営者情報を最初に確認するのが確実です。身元を明かして営業している悪質業者はありません。しっかりした運営体制だと分かれば、買取率や手数料の案内も信頼できます。

優良な買取業者を選ぶのにチェックする3つのポイント

アマゾンギフト券の買取サイトを選ぶ時に気をつけるポイント

優良なamazonギフト券買取サイトを選ぶために、以下の3点を確認してください。

優良業者の2つのポイント

  1. 安全・安心な運営体制
  2. 買取率と手数料が明瞭
  3. 正確な振込時間を掲載

上記3つのチェックポイントに絞って、買取業者の公式サイトを確認すればOKです。

確認が面倒なら、このページで紹介している厳選された優良なamazonギフト券買取サイトを検討すれば、間違いなく高額換金できます。

▼amazonギフト券買取サイトの最新ランキングを確認する

参考記事:「安全なamazonギフト券買取サイトを選ぶポイント

安全性が大前提:運営体制で確認する4つの項目

最初に買取業者の公式サイトにある運営者の情報を確認しましょう。amazonギフト券の買取サイトは、ネット上で取引が完結する手軽さがメリットです。

ですが金券ショップと違い、実店舗がありません。店舗がないので、いい加減な運営者情報を掲載している業者もあります。買取業者の公式サイトを確認する際には、運営者情報や会社概要にある以下の4点を必ず確認してください。

運営者情報の確認事項
  1. 法人運営かどうか
  2. 古物商の営業許可番号があるか
  3. 所在地住所の記載は正確か
  4. 連絡先の電話番号とメールアドレス

上記3点をしっかり確認してください。この3つが問題なく掲載されていれば、安心して申し込めます。少しでも内容に不安を感じたら、利用を控えることを推奨します。

1.法人企業が運営している

買取業者の公式サイトにある運営者情報(会社概要)には、運営会社や会社名といった項目があります。

株式会社や有限会社など、営利法人と分かる表記のある法人企業の名称が記載されていれば、問題ありません。

ですが、「〇〇本店」や「〇〇web店」、買取サイト名のみの表記だと不安を感じます。個人での運営だと、買取の資金力に不安があります。法人が隠している場合、何らかの理由で正式な運営会社を隠していることになります。

2.古物商の営業許可を取得している

商品券などの金券の売買事業を営むには、各都道府県の公安委員会が認める古物の営業許可が必要です。

営業許可を取得すると、事業者に対して個別の許可番号が割り当てられます。取得しているamazonギフト券買取サイトは、公式サイトに許可番号を掲載しています。

amazonギフト券などのコード番号に価値がある電子ギフト券は、金券でないという見解もあります。数多くの買取業者が、古物の営業許可番号を掲載していません。

ですが優良なamazonギフト券買取サイトは、私たち顧客への信頼性を高めるために古物の営業許可を取得しています。

3.所在地に実在の住所を掲載している

amazonギフト券の買取サイトは、ネットで申し込みするだけで、換金額を振り込んでくれます。店舗に訪問する必要がないので、事務所の住所に直接的な意味はありません。

悪質な買取業者だと、所在地の住所を掲載していなかったり、実在しない住所を記載していたり、間違った住所を表記しています。

健全なギフト券買取サイトは、しっかりと正しい住所を掲載しています。利用を検討しているギフト券買取サイトがあれば、住所が記載してあるか確認して、Googleマップなどで実在する住所なのか調べてみましょう。

ギフト券買取サイトで申し込むときには、氏名や連絡先を業者に伝えますし、免許証などの身分証の画像を送る必要があります。買取業者側が身元の情報を公開していないのは、信頼性を欠いていますし公平な取引とはいえません。

ほとんど現金と変わらないくらいの価値があるamazonギフト券の換金を任せるのですから、しっかりとした運営体制で健全に営業しているギフト券買取サイトを利用しましょう。

このページで紹介しているランキング上位のamazonギフト券買取サイトは、信頼できる運営体制で安心して申し込めます。

4.連絡先に電話番号とメールアドレスを案内している

連絡先を案内している買取業者を利用しましょう。いざというときに連絡できる電話番号や問い合わせできるメールアドレスを掲載しているか確認してくだささい。

電話番号は、携帯電話の番号やIP電話の050で始まる番号より、0120のフリーダイヤルか03などの市外局番がある番号のほうが安心できます。

メールアドレスもGmailやYahoo!メールなどのフリーメールでなく、しっかりとしたメールアドレスだと安心感が増します。

換金額を公式サイトの情報だけで判断できる

amazonギフト券買取サイトのサービス内容で換金額に関わる最重要な部分として、買取率と手数料の2つがあります。

・買取率
現金化したいamazonギフト券が額面金額の何割で買取可能かを表すレート
・手数料
業者が指定した銀行口座へ買取金額を振り込むさいに発生する振込手数料など

買取率が高く、手数料は無料か安ければ高額買取している業者といえます。ですが気をつけなければならないのが、95%以上の高換金率をデカデカと案内している業者です。

95%以上の買取率は高すぎます。買い取っても業者が赤字になります。高い確率で実際の申込時に説明のなかった手数料が発生し、大幅に換金率が下がるリスクが高まります。

甘い宣伝文句に惑わされず、買取率と手数料がしっかり記載されているか確認しましょう。

買取率は、複数のamazonギフト券買取サイトを比較しましょう。突出して高い買取率を提示している業者があれば、会社概要の内容に不備がないか確認することをおすすめします。

正確な買取率:最大表記を信じない

クレジットカードの現金化業者でよくあるのですが、最大95%といった最大値での利率には注意が必要です。確実に最大値の利率で換金できません。<・

具体的な買取率を案内している買取業者を選びましょう。買取率は、初回や2回目以降といった利用回数や買取を申し込む額面金額、振り込みまでの時間で選べるプラン、日時などによって変動します。

優良な買取業者は、最大値でなく具体的な買取率を案内しています。

手数料は無料かどうか?余計な手数料が差し引かれないか?

手数料も買取業者でamazonギフト券の換金額を決定するのに重要な要素です。

買取サイトでamazonギフト券の買取が成立すると、換金が銀行口座へ振り込まれます。振り込みかかる手数料を顧客が負担することがあります。

悪質な買取業者だと、事務手数料などの名目で数十パーセントの手数料が差し引かれることもあります。ですが、運営体制がしっかりしている業者なら、振込手数料以外は請求されません。

振込手数料は無料が望ましいです。ただし手数料が無料でも、買取率が低ければ意味はありません。重要なのはいくらで現金化できるかです。

買取率が高く、手数料や無料もしくは安い買取業者を選びましょう。

緊急で現金が必要なら、営業時間と振込までのスピードも重要

一刻も早く現金が費用なら、振り込みまでの時間も重要なポイントです。

買取業者の公式サイトには最短5分や最短10分といった文言が並んでいます。あくまで最短の時間です。実際の振込み時間は、事前に問い合わせないと分かりません。

ですが買取ボブやギフトグレースといった一部の優良な買取業者は、振り込みまでの正確な見込み時間を公式サイトで案内しています。公式サイトを見るだけで、詳細な時間が分かります。

優良なamazonギフト券の買取業者 BEST8 2019年12月6日更新

優良な買取業者の条件を満たしたamazonギフト券買取サイトの一覧です。

一覧に掲載しているamazonギフト券買取サイトは、万全の運営体制です。安心して申し込めて、高い換金率でamazonギフト券を現金化できます。

※表がはみでていれば、スクロールすると確認できます。

名称 買取率※1 手数料※2 営業時間 最小買取金額 総合評価
買取ボブ-ロゴ買取ボブ

85.0

%
無料 24時間 3,000円
ギフトグレース-ロゴギフトグレース 85 % 無料~ 24時間(日曜休) 500円
バイカ(Buyca)-ロゴバイカ 85 % 無料 24時間 3,000円
ソクフリ-ロゴソクフリ 85 % 無料~ 24時間 1,000円
買取本舗-ロゴ買取本舗 85 % 無料 24時間 3,000円
金券買取EX-ロゴ金券買取EX 85 % 無料~ 9:00~19:00 1,000円
アマテラ(amatera.co.jp)-ロゴアマテラ 85 % 無料 24時間 3,000円
ギフトチェンジ-ロゴギフトチェンジ 85 % 無料 24時間 3,000円

買取業者をタップすると、詳細なレビューページへ進みます
※1)掲載している買取率は、初回利用時のレートです。amazonギフト券の買取率は、額面金額や買取の日時によって変動する可能性があります。買取率の情報は、毎日更新しています。ですが最新の情報は、それぞれのギフト券買取サイトの公式ページを確認するのが確実です。
※2)「無料~」と記載している買取業者は、amazonギフト券の額面金額や申込み時間、振込先に指定する銀行口座によっては、手数料が発生します。最新の情報は、それぞれの買取サイトの公式ページか当サイトのレビューページで確認できます。

→優良業者の一覧を確認する
→買取業者の一覧を確認する

amazonギフト券買取サイトが多すぎてどれを選ぶか迷ったり、選ぶのが面倒なら、上記のランキングから選べば大丈夫です。

どのamazonギフト券買取サイトもしっかりした運営体制と高い買取率が魅力です。口コミの評判も良いので、安心して利用できます。

買取ボブかギフトグレースを中心に検討しておけば、あなたのAmazonギフト券を損せず、お得に現金化できます。

目的によって最適な買取業者が変わることもあります

amazonギフト券買取サイト目的別TOP3のランキング

用途に応じた、おすすめのamazonギフト券買取サイトをランキング形式で紹介しています。重視するポイントによって、最適な買取サイトが変わることがあります。

目的別のおすすめ買取業者
  • 年中無休の24時間営業
  • 2回目以降の買取率が高い
  • 1万円未満のアマギフを高額買取
  • 5万円以上のアマギフを高額買取

あなたにとって、最適なamazonギフト券買取サイトを選んでもらえればと思います。

24時間年中無休!いつでも利用できる買取サイトランキング

日曜日や祝日・祭日にamazonギフト券を現金化したいときや出勤前の早朝や帰宅後の夜間・深夜帯の時間に余裕があるときに換金したくても、営業を終了している買取サイトも多いです。

amazonギフト券買取サイトは、24時間申込みOKとしている業者が多いのですが、実際には対応していない業者がほとんどです。申込みはWeb上で行うので、いつでも出来るのですが、翌日や平日まで待たない入金されな業者が多いです。対応時間外には、電話をしても繋がりません。

ですが、年中無休で24時間いつでもamazonギフト券を即日換金できる買取サイトも存在します。

>>年中無休いつでも高価買取!amazonギフト券買取サイトTOP3を確認する

2回目以降の換金率が高い買取サイトランキング

amazonギフト券買取サイトは、初回の買取率が最も高くなるのが一般的です。最初に高い買取率を提示することによって、新規顧客を獲得する営業戦略のひとつです。

継続して、amazonギフト券を換金する必要があるなら、優良な買取サイトをひと通り利用して初回買取率で換金していくのが最もお得です。

ですが、ひと通り使い終わった後や何社も利用するのが面倒なら、2回目以降も高い買取率で換金できるamazonギフト券買取サイトもあります。

大抵の買取業者が、2回目以降の買取率を初回と比較すると、5%前後も下がってしまいます。あまり低下しない、もしくは初回と同等の買取率で換金できる買取サイトを紹介しています。

>>2回目以降も買取率が高い!amazonギフト券買取サイトTOP3を確認する

1万円以下のamazonギフト券も高額買取している買取サイトランキング

amazonで欲しいものがなくて、不要なamazonギフト券を換金したい時に買取サイトを利用しようと思っても、ほとんどの買取業者がギフト券の額面金額が1万円以上でないと申し込めません。

申し込めたとしても、公式サイトに記載している買取率を大幅に下回る換金率でしか対応してもらえない業者が多いです。

ですが高い買取率のまま、1万円を下回る額面金額のamazonギフト券を現金にできる買取サイトも存在します。数千円のamazonギフト券でも、約90%の買取率で換金できる業者を紹介しています。

>>500円でもOKで換金率が高い!amazonギフト券買取サイトTOP3を確認する

5万円以上のamazonギフト券の買取率が特に高い買取サイトランキング

amazonギフト券を換金する目的は、みなさんそれぞれです。プレゼントでもらったギフト券や会社のイベント用に購入したが大量に余ってしまったギフト券、事業用の運転資金確保など事情は色々あると思います。

amazonギフト券買取サイトも商売なので、買取率は大口な顧客ほど高くなります。amazonで買い物する予定がないのに、高い金額のamazonギフト券を持ち続けても無駄になってしまいます。

高額なamazonギフト券なら、買取業者も慎重に選びたいですね。与信がしっかりとしており安全に取引でき、なおかつ高額なギフト券の高価買取に対応しているamazonギフト券買取サイトを紹介しています。

>>5万円以上のギフト券の換金率が高い!amazonギフト券買取サイトTOP3を確認する

買取サイトで換金額を高くする方法

安心して利用できるamazonギフト券買取サイトだとしても、肝心の買取金額が安いと使おうとは思えません。安心して取引できる買取サイトの買取率の平均相場は85%です。

ですが条件の良いギフト券買取サイトだと、約90%の買取率でamazonギフト券を現金化できます。換金額を高めるための具体的な方法を紹介します。

換金額を高くする方法
  • 買取率の高い買取サイトを利用
  • 初回の買取率を活かす
  • 手数料の条件を確認
  • 額面は1万円以上が望ましい
  • Eメールタイプのギフト券を準備

買取率の高いギフト券買取サイトを利用

amazonギフト券を高額に換金するのに最も大切なのは、高い換金率を提示している買取業者を利用することです。いくつかの優良なギフト券買取サイトは常に高い買取率を提示しています。これらの買取サイトを利用すれば、相場より5%~10%も高く換金できます。

初回の高い買取率を活用する

amazonギフト券買取サイトを新規で利用する場合、キャンペーンとして通常より買取率が高くなる傾向にあります。何度も同じ買取サイトを利用するより、別の買取サイトを利用したほうが高い買取率で換金できます。

ただし同じ業者を使う場合にも、不定期でユーザー向けのキャンペーンが行われることもあります。希望すれば、初回利用時に登録したメールアドレスあてに案内のメールが届きます。キャンペーンのタイミングがあえば、高額買取も可能です。

ですが何度もamazonギフト券を換金する予定があるなら、それぞれの優良なamazonギフト券買取サイトを1回ずつ利用してみると損しません。

手数料の条件を確認

amazonギフト券買取サイトで買い取り手続が完了すると、申込時に指定しておいた銀行口座へ換金額が振り込まれます。利用するギフト券買取サイトによっては、振込時に発生する振込手数料は顧客負担となります。

手数料の発生する条件や金額は、買取サイトによって変わります。振込先に指定する金融機関によっては無料になることもありますし、額面が1万円以上だと無料になることもあります。利用前に手数料の条件を確認しておくと損しません。

もちろん一切の手数料が発生しないamazonギフト券買取サイトもあります。手数料が無料でも、買取率が高ければ換金額は下がります。手数料が発生しても、買取率が高ければ換金額は上がります。

買取率と手数料から、amazonギフト券がいくらで換金できるのか計算して申し込みましょう。計算が面倒なら、業者に問い合わせてもOKです。健全な買取サイトなら、丁寧に答えてくれます。

額面金額は1万円以上が望ましい

すでにamazonギフト券を所持しているなら、あまり関係ありません。これからamazonギフト券を入手する予定なら、できるだけ額面を1万円以上にしましょう。

多くのギフト券買取サイトが、額面1万円以上のamazonギフト券でないと買取を受け付けていません。額面1万円未満を買い取るamazonギフト券買取サイトでも、通常より買取率が低下したり、手数料が発生したりする傾向にあります。

Eメールタイプを準備しておく

額面金額と同様、すでにamazonギフト券を持っているなら、あまり関係ありません。amazonギフト券を入手する予定なら、Eメールタイプが現金化しやすいです。

Eメールタイプのamazonギフト券は、amazonで購入できて支払い方法にクレジットカード決済を選択できます。

ほとんどのギフト券買取サイトは、Eメールタイプのamazonギフト券の買取しか対応していません。一部のamazonギフト券買取サイトは、カードタイプの買取も受け付けています。ですがEメールタイプの買取率と比較すると、1割くらい買取率が低下して約80%のレートになります。

反対に金券ショップは、未使用のカードタイプのamazonギフト券のほうが換金しやすい傾向にあります。ですが換金率の相場は80%なので、買取サイトと変わりません。amazonギフト券の買取に対応した店舗が少ないのもデメリットです。

現状、カードタイプのamazonギフト券の買取もギフト券買取サイトが、有力な選択肢になっています。

参考記事:「amazonギフト券の換金率を3~8%高くする買取サイトの利用方法

買取サイトの利用に必要なものと申し込み手順

買取サイトは、web上の申込みだけでamazonギフト券を換金できる便利なサービスです。インターネットを利用できる環境なら、どこでも当日中にamazonギフト券を現金化できます。

amazonギフト券買取サイトの利用方法は、どの業者でも大きな違いはありません。初めてギフト券買取サイトで現金化するなら、参考にしてもらえればと思います。

買取サイトで換金を申し込むのに必要なもの

amazonギフト券の買取を買取サイトへ申し込むのに、準備しておいたほうがいいものがあります。

どのamazonギフト券買取サイトを利用する場合でも、事前に用意しておくものは変わりません。ギフト券買取サイトでamazonギフト券の換金を検討しているなら、下記の3つは準備しておきましょう。

買取サイトの利用に必要なもの

  • 身分証
  • 銀行口座
  • amazonギフト券

上記の3つがあれば、ギフト券買取サイトの公式サイトへアクセスして申し込めば、amazonギフト券を換金できます。

身分証は買取に必須

ギフト券買取サイトでAmazonギフト券の買取を申し込む際、身分証を提示しての本人確認が必要になります。申込時に身分証の画像を写真に撮り、画像を送信します。

金券ショップでも、買取の申し込み時に身分証の提示が必要になります。身分証は、「運転免許証」「健康保険証」「マイナンバーカード」「住民基本台帳」「パスポート」などです。これらを所有していなければ、住民票や公共料金の払込票で代替できることもあります。

商品券など金券類の買取事業を行うには、古物商法という法律を遵守しなければなりません。買取時に身分証の提示を求めての本人確認は、法律で義務付けられています。本人確認が不要な業者だと、法律を遵守していない危険な業者である可能性があります。

運営体制のしっかりした買取業者なら、個人情報が漏洩する心配はありません。amazonギフト券買取サイトの利用を検討する場合には、公式サイトに古物の営業許可番号が記載されているのかを確認しましょう。営業許可がある買取サイトは、法律を遵守して営業しています。

換金額は銀行口座へ振り込まれます

ギフト券買取サイトでの申し込み手続きが完了すると、amazonギフト券の換金額が銀行口座へ振り込まれます。口座は申し込み時に指定できます。国内の金融機関なら、どこでも大丈夫です。ですが振込先に指定する金融機関によっては、手数料が換金額から差し引かれることがあるので注意が必要です。

買取サイトで提携している金融機関なら、手数料が無料になったり、安くなったりします。ほとんどのamazonギフト券買取サイトでゆうちょ銀行か楽天銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行といったネットバンクだと、手数料が優遇される傾向にあります。これらの金融機関の銀行口座を持っているなら、振り込み先に指定しておくと損しません。

どの金融機関を振込先に指定していても、手数料が無料になるamazonギフト券買取サイトもあります。手数料を考えるのが面倒に感じたら、完全無料になる買取業者がおすすめです。

現金化する予定のamazonギフト券

ギフト券買取サイトへの申し込み時には、amazonギフト券のコード番号を買取業者へ送信します。事前に換金する予定のamazonギフト券を準備しておくと、スムーズに買取の申込みが進みます。

まだ手元にamazonギフト券がなければ、カードタイプよりEメールタイプのほうが高く換金できるのでおすすめです。コンビニの店舗で購入できるカードタイプとamazonで購入できるEメールタイプのamazonギフト券の購入方法を紹介します。

amazonギフト券買取サイトの利用方法

amazonギフト券買取サイトの基本的な使い方

それぞれのamazonギフト券買取サイトで少しの違いはありますが、基本は下記のように買取が進んでいきます。申し込みは、amazonなどの通販サイトで買い物するくらい手間で終わります。

1.申込みはweb上から行いましょう

申し込みは、買取サイトの申し込みフォームか電話から行えます。web上から申し込みが完了すると、受付完了のメールが届くので安心感があります。受信したメールは、万が一何かあった場合の証拠にもなります。誤って削除しないようにしましょう。

電話でも注文できますが、口頭ですべて伝達するので手間と時間がかかります。メールと違い証拠も残りません。仮に不測の事態が起きたときのことを考えると、不安に感じます。

買取手続きは、必要な情報を申し込みフォームへ入力して送信することからスタートします。買取サイトによって、身分証の画像やamazonギフト券を一緒に送信する業者もありますし、順番に送信する業者もあります。

優良なamazonギフト券買取サイトは、申し込み方法が丁寧に案内されています。ガイダンスに従えば、問題なく申し込めます。

分からない点があれば、当サイトで優良なamazon買取サイトのレビューを掲載しています。レビューを確認するか、利用したいギフト券買取サイトにメールで問い合わせると解決するはずです。

1-1.名前や電話番号などの情報

名前、メールアドレス、電話番号を申し込みフォームの記入欄に記載します。

メールアドレスは、amazonギフト券買取サイトから届く案内のメールの受信にも使用します。携帯電話やGmailやYahoo!メールなどのフリーメールでOKです。買取サイトからのメール受信を拒否する設定にしないようにしましょう。

メールへの不正アクセスが社会的な問題になっています。滅多に起きることはありませんが、不正アクセスによってamazonギフト券の情報を盗まれてしまう恐れがあります。

メールアドレスのパスワードは、分かりやすい番号を避けてください。小文字・大文字・数字や記号を組み合わせて複雑にします。パスワードは、こまめに変更すると良いですね。

1-2.振込先の銀行口座の情報

買取ボブ-振込銀行

買取の手続きが完了すると、amazonギフト券の換金額が口座へ振り込まれます。振込先に指定する銀行口座の情報は、申込時に入力します。買取サイトによって詳細は違いますが、指定する金融機関によって振込手数料と入金を確認できる時間が変わります。

ほとんどのamazonギフト券買取サイトは、ゆうちょう銀行かネットバンク(楽天銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行)を買取金額の入金先に指定すると、振込手数料が無料か割安になります。買取サイトが振込を行えば、24時間365日いつでも入金を確認できます。

詳細な手数料や時間は、業者によって変わります。申込み前に公式サイトか当サイトのレビューページを確認してください。

1-3.身分証の写真データ

身分証の例

身分証を写真に撮影して、申込みフォームかメールへ画像データを添付します。

本人確認に必要な身分証は、運転免許証や保険証、住民基本台帳カードなどです。生年月日と現住所が確認できる書類になります。

身分証の片面のみの写真でOKな業者、両面の画像が必要な業者、両面の画像と本人が身分証を持った写真も必要な業者と様々です。

amazonギフト券など商品券の買取には、公安委員会の認可する古物商の営業許可が必要です。古物商法の定めによって、買取業者は身分証の提示を求めなければなりません。

amazonギフト券のような電子金券は商品券に当たらないので、買取に営業許可が不要との見解もあります。多くのギフト券買取サイトは営業許可を取得していません。

ですが健全なamazonギフト券買取サイトは、例外なく古物商の営業許可を取得し、法令を遵守して営業しています。

本人確認が不要な買取サイトは、詐欺サイトの恐れがあります。本人確認の不要な業者を利用すると、悪質な詐欺に巻き込まれる危険があるので注意してください。

さらに最悪なのが、悪質な業者に申し込み身分証を提示してしまって、買取金額も振込まれずに個人情報が漏洩することです。当サイトでおすすめしているランキング上位のamazonギフト券買取サイトは、すべて健全な経営をしている優良業者です。検討の参考にしてください。

昨今では、企業の情報漏えいに対して社会の目がかなり厳しいです。個人情報の漏洩した会社が、ニュースで報道されていますよね。一発で信用を損失するので、企業は個人情報を厳重に管理しています。身分証の提示に不安がある方でも、安心して利用して問題はありません。

1-4.amazonギフト券の情報

amazomギフト券の種類、番号、額面金額の情報

現金化したいamazonギフト券の情報を買取業者に送ります。送信するamazonギフト券のコード番号を間違えると換金できません。

換金に必要なamazonギフト券の情報は以下の4点です。

  • amazonギフト券の種類
  • ギフト券の額面金額
  • ギフト券の番号
  • 有効期限

ギフト券の種類や有効期限を伝えなくてよい買取サイトもあります。

amazonギフト券の種類
amazonギフト券には、Eメールタイプや印刷タイプ、カードタイプなど様々な種類があります。

ほとんどの買取サイトは、Eメールタイプの買取を中心に行っています。カードタイプの買取に対応した買取サイトは少数です。

ギフト券の額面金額
amazonギフト券の額面金額です。買取サイト買取率を掛けた金額ではないので、注意してください。amazonギフト券の価格をそのまま伝達してください。

amazonギフト券の番号
amazonギフト券のコード番号(プリペイド番号)を買取サイトに送ります。

amazonギフト券番号例
・KG6M-W4JPMA-K23T
・9PRH-QRW3CF-NYWQB

コード番号は、アルファベットと数字の羅列です。番号を間違えると、買取完了しません。間違えないように、気をつけて送ってください。コード番号は一文字ずつ入力せず、可能ならコピーして貼り付けると確実です。

※基本的にamazonギフト券を送信すると、キャンセルができません。正確なamazonギフト券の買取金額は、ギフト券の情報を送る前までに確認しておきましょう。振込までの時間が気になるなら、あわせて確認しておくと効率が良いです。
問合せはメールでするようにしましょう。万が一トラブルが発生すると、電話だと言った言わないの泥仕合になりかねません。メールなら、証拠として文面が残ります。ただし優良な買取サイトでは、トラブルが発生しません。電話で確認しても大丈夫です。

有効期限
以前のamazonギフト券の有効期限は、発行から1年でした。ですが現在の有効期限は、発行から10年になっています。期限の延長にともない、有効期限の情報が不要な買取サイトも増えてきています。必要でしたら、他の情報とあわせて送ってください。

すべての情報を送ったら、振込先の銀行口座に買取金額が入金されるのを待つだけです。

2.入金されたか口座を確認

買取サイトが振込を済ませたら、振込完了の連絡がメールで届きます。案内メールを受信したら、口座へ買取金額が入金されているか確認してください。

web上でリアルタイムに出入金を確認できる、ネットバンクが便利です。簡単に口座開設できるので、継続して買取サイトを利用する予定なら、ひとつくらい持っておくと良いのかもしれません。お金の引き出しもコンビニのATMできるので、普通の銀行口座と大差がありません。

入金された金額に間違いなければOKです。

amazonギフト券の買取で現金化する場合の3つの注意点

クレジットカードのショッピング枠の現金化には、複数の方法があります。amazonギフト券の買取も現金化の手法の1つです。

amazonギフト券の現金化を他の方法と比較すると、カード会社にバレにくいとされている、換金率が高いといったメリットがあります。

リスクは低いですが、カード会社にバレる可能性はゼロではありません。現金化はカード会社の規約で禁止されています。最悪の場合、クレジットカードの強制解約と一括支払いもありえます。

少しでも良い条件で現金化するため、3つの注意点があります。

1.買取率は変動します

amazonギフト券を現金化するなら、専門の買取業者(買取サイト)の利用が適しています。

買取サイトの買取率は日時によって変動しています。あらかじめ必要な金額が決まっているなら、事前に最新の買取率を確認しておきましょう。

2.高額ギフト券の一括購入は避ける

高額なamazonギフト券を購入するのは2つの意味で控えてください。一回の決済で高い支払いをすると、カード会社に現金化を疑われる可能性が高まります。

さらに高額なアマギフは、買取業者でも持て余しがちです。通常より振込までに時間がかかる傾向にあります。例えば5万円ぶんの現金化をする場合、5万円を1枚より1万円と5枚のほうが振込までの時間が早くなります。

3.新しいクレジットカードは利用しない

加入したばかりのクレジットカードも危険性が高まります。カードが手元に届いた最初の月から、高額な買い物をしているのは不自然かもしれません。数ヶ月は様子をみたほうが安全です。

どうしても現金化をする必要があるなら、携帯決済やバンドルカードといったクレカ以外の現金化を検討してみてください。

参考記事:「携帯決済でamazonギフト券を購入する方法と携帯決済を利用したamazonでの換金手段
キャリア決済の文字を入れる

注意喚起!amazonギフト券を利用した詐欺事件とは

振り込め詐欺に変わる詐欺の手法として、amazonギフト券を利用した詐欺があります。amazonギフト券はコード番号を入手するだけで良いので、銀行振込より詐欺師の捕まるリスクが減ると考えられているようです。

税金の滞納や会員費の未払いなどの名目で無作為にメールやSNSを送信しています。文面には、支払わないと裁判になるなどの脅し文句もあります。怖くなって連絡すると、amazonギフト券をコンビニで購入して送るように言われます。

詐欺師の換金先に買取業者やオークションサイトが使われることがありました。現在は、買取業者がコンビニで購入できるカードタイプの買取を中止したことから、amazonギフト券を利用した詐欺の件数は減っています。

ですが、詐欺がゼロになったわけではありません。知らないアドレスから督促のメールを受信しても、無視してください。

amazonギフト券の買取は便利ですが、現金化での使いすぎには注意してください

余ったギフト券の換金だけでなく、クレジットカードの現金化の方法としても、amazonギフト券の買取の需要は拡大しています。

簡単な申込みだけで現金化できる手軽さと約90%の換金率の高さが魅力です。

不要なアマギフの換金なら問題ありません。ですが現金化の場合、使いすぎに注意してください。一時的な資金不足で利用することもあると思います。緊急時には、クレカの現金化は非常に助かります。

ですが何度も続くと、現金化が常態化してしまいます。amazonギフト券に限らず、現金化は絶対に損をする仕組みです。生活の一部に現金化が組み込まれると、本来の収入の一部を毎月、捨てているのと変わりません。

利用するなら計画的にしてもらえればと、切に願います。

→優良なamazonギフト券の買取業者の買取率と最新ランキングを確認する