アマオクでamazonギフト券の売却と購入のリスクは?評判と手数料、割引率を検証!

amazonギフト券売買サイト「アマオク」

アマオクは、最大規模のamazonギフト券の売買サイトです。

他に大手のマッチングサイトとして、amatenやギフティッシュがありますが、アマオクは出金手数料が無料(10万円以上の場合)なのが特徴です。

取引されるamazonギフト券も多く、購入も売却もしやすい売買サイトです。

ですが売却に関して、amatenやギフティッシュと比較して出品手数料が割高になります。

このページでは、アマオクの割引率や手数料などの詳細や口コミでの評判を紹介しています。利用を検討しているなら参考にしてください。

アマオクのamazonギフト券の販売価格は、額面の93%~95%です。出品時には、ギフト券の額面金額の2.5%が出品手数料として発生します。

買取ボブなど専門のamazonギフト券買取サイトでは、90%~93%で買取を行っています。手間もかからず申し込みを済ませれば、待つだけです。時間は、数分から遅くとも当日中には換金できます。

アマオクだと10万円以下の出金だと250円の手数料が発生します。10万円以下なら買取サイトを利用したほうが高額換金できる可能性が高いでしょう。

換金率90%~93%、手数料無料、当日中に換金OK
>>amazonギフト券買取サイトランキングはこちら
安心して取引できるサイトのみ紹介しています。

アマオクの会社情報

項目説明
運営会社株式会社アマオク
サイト名アマオク
住所広島県東広島市黒瀬町楢原東2丁目21-25 ガーデンヒルズ2F
古物営業許可番号広島県 公安委員会 第731121400046号
電話番号記載なし
問合せメール公式サイト内の問い合わせフォームから
ホームページhttps://amaoku.jp/

アマオクの運営体制です。法人運営をしており、古物商の営業許可も取得しています。所在地もしっかりと表記してあり、しっかりとした運営体制で営業しています。

ですが、1点だけ気になるとことがあります。アマオクの公式サイト内のどこにも電話番号が記載されていません。

アマオクのようなamazonギフト券の売買サイトは、ギフト券を安く買いたいユーザーと不要なギフト券を売りたいユーザーをサイト内で仲介しています。基本的にトラブルがあれば、買い手と売り手、当事者同士の交渉で問題解決していきます。

アマオクは、仲介しますが仲裁には動きません。それでも電話番号が分からないと、いざという時に困りますね。

同業他社のギフティッシュやベテルギフトでは、電話番号が掲載されています。この2社はどちらもamazonギフト券の買取サイトも運営しています。

運営体制もしっかりしており、安心して高額換金できる優良なamazonギフト券買取サイトです。

  • ギフティッシュが運営するamazonギフト券買取サイト:金券買取EX
  • ベテルギフトが運営するamazonギフト券買取サイト:ギフトグレース

アマオクもそうですが、同じくamatenも電話番号を掲載していません。amazonギフト券買取サイトは、ギフト券を買い取る客商売です。

売買サイトだけ運営している会社より、買取サイトも運営している会社のほうが、顧客に親切な印象を受けます。

アマオクの手数料

アマオクでは、出品時に出品手数料が、出金時に出金手数料が発生します。

アマオクの手数料詳細

  • 出品手数料:ギフト券の額面金額の2.5%
  • 出金手数料:250円

出品手数料は、出品したギフト券が売れたら発生します。取引が完了しなければ、発生しません。

出金手数料は、売れたギフト券の代金の出金、購入用にチャージしていた金額の出金のどちらでも250円が発生します。

ただし、10万円以上の出金は手数料が無料になります。

アマオクでギフト券の販売を検討しているなら、10万円以上まとめて出金したほうがお得ですね。

現在、出品されているamazonギフト券の平均的な価格は、額面の5~7%引きの93%~95%が相場です。それより高額にして出品できますが、売れないでしょう。

1万円、5万円、10万円、20万円でamazonギフト券の額面金額の94%で出品した際の買取価格を試算しました。

換金率例①:1万円のamazonギフト券を95%の価格で出品
10,000円 ✕ 94% – 250円(出品手数料) – 250円(出金手数料) = 8,900円(実質買取率89%)
換金率例②:5万円のamazonギフト券を95%の価格で出品
50,000円 ✕ 94% – 1,250円(出品手数料) – 250円(出金手数料) = 45,500円(実質買取率91%)
換金率例③:10万円のamazonギフト券を95%の価格で出品
100,000円 ✕ 94% – 2,500円(出品手数料) – 250円(出金手数料) = 91,250円(実質買取率91.3%)
換金率例③:10万円のamazonギフト券を95%の価格で出品
200,000円 ✕ 94% – 5,000円(出品手数料) – 0円(出金手数料) = 183,000円(実質買取率91.5%)

このように、出品する総額が高いほど実質の換金率は高くなります。

アマオクは、amazonギフト券売買サイトのなかでも、出品手数料が2.5%と割高です。さらに10万円以上の販売(額面額でなく販売金額)をしないと出金にも250円の手数料が発生します。

アマオクの出品状況を確認すると、数千~数万件の出品履歴のある出品者がほとんどです。アマオクプロの転売業者の販売先として定着しているようですね。その道のプロは、ある程度の金額になるまで出金しないので利益を得やすいのです。

出品手数料が発生しない金額まで出金を我慢できないと、換金率が下がってしまいます。

amazonギフト券買取サイトは、90%~93%の買取率での現金化が可能です。ゆうちょ銀行やネットバンクを振込先に指定すれば振込手数料もタダです。

アマオクで10万円以上のギフト券を出品する予定がなければ、専門の買取サイトを利用したほうが、手間がかからず、より高額な換金ができます。

>>amazonギフト券おすすめ買取サイトの買取率一覧を見てみる

アマオクの安全性とリスク:購入時の2種類のトラブル

アマオクでは、ギフト券を安く買いたいユーザーとギフト券を売りたいユーザーを仲介しています。

アマオクは、決済と売買の間に入ることで得る手数料で、売上を上げています。

ユーザーに売買仲介システムを提供しているというスタンスなので、基本的にトラブル時の仲裁はしていません。

売却は有効なギフト券を出品すれば問題ありません。ですが、購入には注意が必要です。

購入後のトラブル

  1. 購入したギフト券が、アカウントに登録できない
  2. アカウントに登録したギフト券が、後日キャンセルになり凍結

低確率ですが、これらのトラブルが発生します。購入したギフト券が登録できなければ、エラー報告をすると購入代金が返金されます。

ですが、登録後にアカウントにチャージした残高が利用できなくなると返金されないので注意が必要です。

エラー:アカウントに登録できない

アマオクの公式ページを見ると、amazonギフト券の出品状況が掲載されています。

実績という項目があるのですが、分数の数字で「エラー数/出品件数」となります。

分子の数が、これまでのエラーの件数です。

エラーとは、購入者がギフト券を買ってamazonのアカウントに登録したが、なんらかの理由でチャージできなかった状況をさします。

ギフト券の番号が間違っていた、不正に取得されたギフト券、元からいい加減な番号など理由は様々です。

購入後は30分以内にamazonギフト券をアカウントに登録してください。30分以内なら、アカウントに登録できないギフト券は返金対応になりチャージした金額が戻ってきます。

ただし、自動で返金されません。出品者に指定のメッセージボードで連絡し、問題解決をする必要があります。レスポンスが悪い出品者だと返金まで時間がかかります。

できるだけエラー実績が「0」の出品者か、出品数に対してエラー件数が少ない(1%)出品者から購入しましょう。

さらに悪質な出品者だと、30分後に出品者自身がアカウントに登録してしまう場合もあります。必ず、購入後はすぐに手持ちのamazonのアカウントにギフト券をチャージしましょう。

アカウント登録後、利用できなくなると返金されない

アマオクはamazonギフト券購入時のトラブルに対しての保証はしない

出典:アマオク公式ページ「利用規約」

アマオクで、amazonギフト券を購入して無事にアカウントに登録できたが、ある日に突然アカウントの残高が消えていた。このような事態も起こりえます。

アマオクの利用規約では、ギフト券の登録後の残高消失には責任を負わないと明記されています。15日内なら証拠となる書類があれば調査はしてくれそうなのですが、返金対応はしていません。そもそも証拠となる書類を準備するのが難しいでしょう。

amazonも対応はしません。amazonも公式ページでアマオクなど、売買サイトでの購入を推奨しないと明言しています。

参考: Amazonギフト券のご購入に関する注意(amazon公式サイト)

後から使用できなくなるのは、不正に取得されたギフト券が対象になります。

  • クレジットカード決済でamazonギフト券を購入したが、支払いをしなかったギフト券
  • 詐欺などの犯罪行為に使用されたギフト券
  • 不正に作成された、一時的に有効になる番号のamazonギフト券

これらのギフト券を購入してしまったケースが考えられます。

エラーと違って、どのくらいの頻度で発生するのかデータがありません。

確実に防ぐ方法はありませんが、リスクを減らす方法としては、

  • エラー件数の少ない出品者から購入
  • 1万円以下のギフト券を購入
  • アカウントに登録したら、アカウントに貯めないですぐ使い切る

エラー件数が多ければ、アカウントに登録できても使えなくなるギフト券を出品している可能性も高まります。

1万円以上のギフト券は、不要になったギフト券ではなく、現金化目的などの理由で出品された可能性があります。高額なamazonギフト券の購入は慎重に判断したほうがいいですね。

使い切れる金額のギフト券を購入して、すぐに利用してしましましょう。

アマオクの2chでの口コミ評判・評価は?情報収集は2chがオススメ

アマオクの評判を調べるなら、2chがおすすめです。利用頻度の高いユーザーの方が頻繁に情報交換をしています。ですがトラブルが多いようで、安く購入したいユーザーにアマオクは人気がないみたいですね。

アマオクにギフト券を出品しているのは、プロの転売業者が多い印象です。転売業者はamazonギフト券を買い取って、アマオクに出品しています。プロでも不正なギフト券を完璧には見破れません。どうしても出品数に応じてエラー数も増えてしまいます。

amazonギフト券を安く購入したいなら、ベテルギフトかギフティッシュのどちらかの利用をおすすめします。どちらも優良なamazonギフト券買取サイトを運営しています。しっかりとしたamazonギフト券の売買ノウハウがあり、運営体制もしっかりしています。不正なギフト券の出品を防止しているので、確率は限りなくゼロに近いでしょう。

アマオクで売買できるギフト券

アマオクでは、amazonギフト券以外に「iTunesカード」と「楽天ポイントギフト」の売買が行えます。

対応しているギフト券の種類は少なめです。他の種類のギフト券はamatenやベテルギフト絵、ギフティッシュで売買できます。それぞれ微妙に対応しているギフト券が違います。

アマオクで取扱のないギフト券を購入もしくは売却したければ、確認してみてください。

「アマオクでamazonギフト券の売却と購入のリスクは?評判と手数料、割引率を検証!」まとめ

アマオクでのアマゾンギフト券購入には、リスクもあります。慎重に判断したほうが良いですね。

購入後のリスクを減らす方法として

  • エラー件数の少ないギフト券を購入
  • 1万円以上の高額なギフト券の購入は避ける
  • 購入後は、すぐにamazonで買い物して使い切る

気をつけて購入すれば、エラーや後日キャンセルを防げる確率は下がります。ですが、完璧ではありません。

1万円分以上のギフト券が欲しいなら、まとまった額面のギフト券を1回で買わずに、少額なギフト券を複数回購入したほうが、危険なギフト券に当たる確率が上がります。

どうしても気になるなら、不正ギフト券の出品がないベテルギフト、購入後30日間の返金保証がある「ギフティッシュ」を利用しましょう。

出品して、amazonギフト券を現金化したいなら、手数料と出品されている相場を確認して判断してください。

アマオクは、amatenやギフティッシュと同様に大手売買サイトのひとつです。適正な値付けをすれば、売れないということはないでしょう。

>>アマオクの公式ページを確認

売買サイトより手軽にamazonギフト券を換金できる!
買取率90%以上&手数料無料
>>amazonギフト券買取サイトランキング