ギフティッシュ(Giftissue)の評判は?安全性と手数料を調査!

amazonギフト券売買サイト「ギフティッシュ(giftissue)」

ギフティッシュは、amazonギフト券などの電子ギフト券の売買が行えるマッチングサイトです。

ギフト券売買サイトとしては、amaten、ベテルギフト、ギフティッシュの3つが大手として有名です。

この3つのギフト券売買サイトの中でも、ギフティッシュは急成長中していて抜きん出る存在になりつつあります。

理由は、豊富な出品数とエラーの少なさ、充実した返金保証にあります。

さらに、amazonギフト券以外のギフト券の取扱も充実していて、他の売買サイトでは購入できない商品券も取り扱っています。

このページでは、ギフティシュ(Giftissue)の手数料や返金保証などのサービス内容と評判について検証しています。

>>ギフティッシュの公式ページを確認する

▼▼最新のギフト券の出品状況はコチラ


ギフティッシュで販売されているamazonギフト券の相場は、額面金額(定価)の93%~95%です。そこから出品手数料(額面の2%)と出金手数料(270円)を差し引いた金額が換金額になります。
継続して出品する予定がない場合や、5万円以下のギフト券の出品ならamazonギフト券買取サイトを利用したほうが高額に換金できる可能性が高いです。

ギフト券買取サイトは、amazonギフト券だけでなくiTunesカードやGoogle Playギフトカード、楽天ポイントギフトカードなどの買取にも対応しています。

状況に合わせて、換金方法を検討すれば損せずに現金化できます。

換金率90%~93%、手数料無料、当日中に換金OK
>>amazonギフト券買取サイトランキングはこちら

Giftissue(ギフティッシュ)の会社情報

項目説明
運営会社株式会社DAYNEEDS
サイト名Giftissue(ギフティッシュ)
住所東京都新宿区西新宿1丁目3-13 ZenkenPlazaⅡ 10F
古物営業許可番号東京都公安委員会 第305491408223号
電話番号03-5338-2770
ホームページhttps://giftissue.com/

ギフティッシュの運営体制を調べました。運営元の株式会社DAYNEEDSのグループ会社である㈱金券買取EXは、amazonギフト券買取サイト金券買取EXも運営しています。

金券買取EXは、高い買取率でギフト券を換金できるギフト券買取サイトとして評判の良い業者です。amazonギフト券のほかに、iTuensカードとGoogle Playギフトカードの買取にも対応しています。申し込みだけで、手軽に換金できるのが魅力です。

ギフティッシュと金券買取EXのどちらも、古物商の営業許可をしっかりと取得しています。ギフティッシュは、安全性の高いギフト券売買サイトと言えます。

さらに注目するべき点は、電話番号をしっかりと記載しているところです。amatenアマオクも大手のギフト券売買サイトですが、電話番号をホームページのどこにも掲載していません。

通常の取引なら電話をかける必要はないでしょう。ですが、いざという時に電話ができると分かっていれば安心できます。

amazonギフト売買サイトは、非常に低確率ですが、トラブルの発生する可能性があります。トラブル発生時には、買い手と売り手への状況確認など調査をギフティッシュが行います。

ギフト券の出品に関しての手数料

ギフティッシュではamazonギフト券などのギフト券を出品する場合、2種類の手数料が発生します。

出品手数料ギフト券の額面金額の2%
出金手数料(引き出し手数料)金融機関問わず一律270円

購入に関して、手数料はかかりません。ですが購入後に余ったチャージ金額の出金には、引き出し手数料が発生します。

購入時は、使い切れるぶんだけチャージ(入金)して、出金しなくても済むようにギフト券を購入すると損しません。

出品した場合の換金額をシミュレーションしました

ギフティッシュに限らず、売買サイトで出品されているamazonギフト券の相場は、額面金額の93%~95%です。この金額に寄せて出品しないと売れないか、売れるまで時間がかかります。

1万円、5万円、10万円でamazonギフト券の額面金額の94%で出品した際の買取価格を試算しました。

換金率例①
1万円のamazonギフト券を94%の価格で出品
9,400円(10,000円 ✕ 94%) – 200円(出品手数料) – 270円(出金手数料)
= 8,930円(実質買取率89%)
換金率例②
5万円のamazonギフト券を94%の価格で出品
47,000円(50,000円 ✕ 94%) – 1,000円(出品手数料) – 270円(出金手数料)
= 45,730円(実質買取率91%)
換金率例③
10万円のamazonギフト券を94%の価格で出品
94,000円(100,000円 ✕ 94%) – 2,000円(出品手数料) – 270円(出金手数料)
= 91,730円(実質買取率91.7%)

出品するギフト券の金額が大きいほど、換金額に対して出金手数料の占める割合が減ります。実質の換金率は、上がっていきます。

できるだけ、多額の金券を出品して一度に引き出せば、高く換金できますね。

もし5万円未満のamazonギフト券を換金するなら、買取ボブなどのamazonギフト券買取サイトを利用するのもいい方法です。

優良なギフト券買取サイトなら、手数料が無料で当日中に90%~93%の換金率で現金化できます。

>>amazonギフト券おすすめ買取サイトの買取率一覧を見てみる

ギフティッシュの危険とトラブルへの安全性を検証

ギフティッシュに限らず、amazonギフト券売買サイトでは、購入時に使えないギフト券を買ってしまうリスクが発生することがあります。

ギフト券売買サイトの2つのトラブル

  • 無効・エラー:購入したギフト券がアカウントに登録できない
  • 不正ギフト(後日キャンセル):アカウントに登録したギフト券の残高が消滅

非常に低い確率ですが、このようなトラブルが起こる危険性があります。

原因としては、出品者がギフト券番号を間違えていたり、出品者が不正に入手したギフト券を知らずに購入してしまったりと様々です。

アカウントに登録できないギフト券は無効申請で返金

購入したギフト券は、該当のサービスのアカウントへすぐに登録しましょう。Amazonギフト券ならAmazonのアカウントへiTunesカードならアップルのアカウントにギフト券のコード番号を登録して、額面通りの金額がアカウントの残高へ反映されるか確認してみましょう。

購入したギフト券がamazonアカウントにチャージできなければ、「無効申請」を行ってください。30分以内に申請すれば、購入金額が返ってきます。

他のギフト券売買サイトでは、登録できないギフト券の返金に関するやり取りは、出品者との直接交渉になります。売買サイトの運営会社は、出品者へ購入代金の支払いを止めるだけです。

レスポンスの悪い出品者との交渉だと、返金まで時間がかかります。長いと1週間くらいかかることもあります。

ですがギフティッシュは、無効申請が行われたギフト券の調査をギフティッシュが行い返金対応してくれます。最長で3日くらい調査に時間がかかりますが、直接交渉しないのは楽ですね。

不正ギフトへの対応:アカウント登録後に利用できなくなっても返金保証があるから安心

ギフティッシュ(giftissue)の利用規約
出典:ギフティッシュ公式ページ | 利用規約. https://giftissue.com/ja/term/

やっかいなのが、購入時にはアカウントに登録できても、後から利用できなくなるギフト券(不正ギフト)があることです。

出品者が不正を行って入手したギフト券を誤って購入してしまうと、数日後に登録したギフト券の残高がamazonアカウントから消えてしまうのです。不正ギフトの購入を未然に完璧に防ぐ方法はありません。

ギフティッシュ以外の売買サイトでも、アカウントに登録できないギフト券については出品者への支払い差し止めを行っています。

ですが、後日キャンセルになった不正ギフト券に対しての保証はありません。それぞれのギフト券売買サイトの利用規約にも明言されているので、交渉しても無駄でしょう。

ですがギフティッシュなら、アカウント登録後に利用できなくなったギフト券に関しても30日間なら返金保証があります。

ギフティッシュ(giftissue)の返金保証

ギフト券売買サイトを利用して、安くギフト券を購入したいと思っていても、安全性に不安を感じる方は多いと思います。

ギフティッシュは、保証のしっかりした良い選択肢と言えます。

>>ギフティッシュの公式ページを確認する

ギフティッシュの2ch(5ch)やYahoo!知恵袋での口コミ評判・評価は?

ギフティッシュの評判が知りたくて、2ch(2ちゃんねる)とYahoo!知恵袋を調べてみました。

2chと知恵袋の共通の話題として、ギフト券売買サイトでの購入に不安を感じるという声が多かったです。

ギフティッシュではありませんが、売買サイトで購入したamazonギフト券をamazonのアカウントへ登録した数日後にamazonの残高がキャンセルになって使えなくなったとの口コミがありました。

ギフト券の出品者が、クレジットカードでamazonギフト券を買ったが、カード会社への未払いで引き落としできなかったことが原因だったようです。

後日キャンセルになる不正ギフト券の件数データは、ギフティッシュとベテルギフトの2つの売買サイトを除いて、公表していません。

2chでは、ギフト券売買サイトでamazonギフト券などを安く購入したいなら、返金保証のあるギフティッシュか不正ギフトの出品が少なく返金保証も手厚いベテルギフトを利用するべきという意見が多かったですね。

ただし出品に限れば、amaten(アマテン)もおすすめです。最近は、ギフティッシュに出品されるギフト券の件数が急増しており、勢いを感じます。ですがamatenは、国内最大の流通量があるギフト券売買サイトです。出品してから売れるまでの時間は最速です。

参考:「amaten(アマテン)でamazonギフト券を購入?出品?本当にお得か検証!

ギフティッシュでは、iTunesカードやGoogle Playギフトカードなど多くの電子ギフト券の購入や売却ができる

ギフティッシュ(Giftissue)-電子ギフト券-種類一覧
ギフティッシュは、アマゾンギフト券以外にも多くの電子金券の売買に対応しています。

ギフティッシュなら、他の売買サイトで取り扱いっていないような種類のギフト券も売買できる可能性があります。

実物の紙券が必要な電子タイプ以外の商品券は、郵送(送料は、164円のクリックポストか510円のレターパックプラスから選択)で届きます。 →郵送対応の商品券の取扱は、終了しました。

購入や出品ができる電子ギフト券
Amazonギフト券、iTunesギフトカード、WebMoneyギフトカード、GooglePlayギフトカード、LINEプリペイドカード・ギフトコード、GREEプリペイドカード、Mobageモバコインカード、Amebaプリペイドカード、プレイステーションネットワークカード、ニンテンドープリペイドカード、楽天ポイントギフトカード、DMMプリペイドカード、DMMポイントコード、honto電子書籍クーポン、Windowsストア/XBOXプリペイドカード、Skypeプリペイドカード、バナコインプリペイドカード、レコチョクプリペイドカード、BITCASH、ANA株主優待券、JAL株主優待券、、nanacoギフト、AppleStoreギフトカード、NIKEギフトカード
過去に取扱のあった商品券
ピーチポイント、図書カードネクスト、全国百貨店共通商品券、JTB旅行券、近畿日本ツーリスト商品券、ジェフグルメカード、JCBギフト券、VJAギフトカード、UCギフトカード、三菱UFJニコスギフトカード、三越商品券、高島屋商品券、ルミネ商品券、パルコ商品券、こども商品券、セブン&アイ商品、びゅう商品券、ダイエーグループ商品券、QUOカード、ユニー商品券、花とみどりの商品券、JTBナイスギフト

取り扱い量が少なく、品切れ中の商品券もあります。ですが出品されていれば、定価より安く買えます。気になる商品券があれば、チェックしてみてください。

もしくは、上記のギフト券のなかで、所有しているが使う予定のない不要なギフト券がるなら出品を検討してみてもいいですね。不要なギフト券を持ち続けるより、換金して現金にしたほうがお得ですからね。

amatenやベテルギフトも複数種のギフト券を取り扱っています。出品状況を比較してみると良いと思います。

>>Giftissue(ギフティッシュ)の公式ページを確認

ギフティッシュは入金(チャージ)してから、ギフト券を購入します

ギフティッシュに出品されているギフト券を購入するには、事前に購入に必要な費用をアカウントへチャージ(入金)しておく必要があります。

ギフティッシュを利用には、最初に会員登録が必要です。会員登録が完了すると、個別にアカウントが発行されます。

アカウントを取得したら、公式サイトからログインしてください。ログイン後のマイページのメニューに残高追加があります。「アカウント残高を追加する」を選択すると、入金申請の手続きに進みます。

入金申請では、支払い方法とアカウントに追加する金額を決定してください。

銀行振込だけでなく、コンビニでも支払いできます

ギフティッシュは、アカウントへの残高の追加を銀行振込かコンビニ入金から選択できます。以前は、クレジットカードでの支払いにも対応していました。ですが現在は、クレジットカードの取り扱いを中止しています。

ギフティッシュに限らず、ギフト券売買サイトでギフト券を買うには、事前にアカウントへ購入費用を入金しておく必要があります。ギフティッシュ以外の売買サイトの支払い方法は、銀行振り込みにしか対応していません。

ギフティッシュなら、銀行振込だけでなくコンビニ支払いも選べます。入金申請を行った後、ギフティッシュが契約している決済サービスからメールが届きます。

メールの内容を確認したら、支払いに対応しているコンビニエンスストアで手続きを行ってください。コンビニ入金に対応しているのは、ローソンとファミリーマート、ミニストップです。近くにこれらの店舗があれば、便利ですね。

入金の反映までの時間は支払い方法によって変わります

入金が完了したら、アカウントへ残高が追加されます。アカウントへ入金額が反映されるまでの時間は、支払い方法によって変わります。

銀行振込を選択した場合、通常で60分以内に反映されます。遅くとも24時間以内には、アカウントへの入金が確認できます。

コンビニ支払いの場合、アカウントの残高に入金額が反映されるのは、数分から最大で約2時間です。

ただしどちらの場合でも、遅れてしまうこともあります。銀行振込だと、土日・祝祭日や平日の15時以降などの銀行の営業時間外は、即時の入金に対応していないこともあります。

ギフティッシュで振込先に指定できる金融機関は、ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行です。これらの金融機関の口座を持っているなら、同じ銀行同士の振り込みだと、振込時間の延長されたり手数料が安くなったり無料になったりとメリットがあります。

その他の金融機関でも、24時間365日の入金に対応していることもあります。時間に不安があれば、振込に使用する予定の金融機関の公式サイトを確認してみてください。詳細な時間が掲載されています。

アカウントにある残高の有効期限と引出手数料に注意しましょう

ギフティッシュのアカウントへ入金(チャージ)してある残高には、有効期限があります。アカウントにある残高に1円でも増減があった時点から、3年間が有効期限です。

しばらく購入する予定がなければ、残高にあるお金の全額を出金しておきましょう。ただし残高の出金には、270円の引出手数料が発生します。あらかじめ、使い切る分だけ入金するようにしておくと損しませんね。

「ギフティッシュ(Giftissue)の評判は?安全性と手数料を調査!」まとめ

やはりギフト券売買サイトは、出品手数料が発生するので、10万円以上の高額出品をしないと専門のギフト券買取サイトより換金率は下がります。

もちろん、高く値付けをして出品すれば良いのですが、高いと売れないのが悩ましいです。

ギフティッシュは、ギフト券を安く購入したい方にとって、返金保証があるので安心して利用できる優良サービスですね。

出品を検討しているなら、取引量の多いamatenかギフティッシュを利用すれば、ギフト券売買サイトの中では素早く現金化できます。

ただし数万円の出品なら、amazonギフト券買取サイトを利用したほうが、換金率も高く現金になるまでの時間も短いのでメリットが多い印象です。

amazonギフト券の金額や自身の手間を考えて、運用方法を決定してください。

>>ギフティッシュの公式ページを見てみる

↓↓補足

買取率90%以上&手数料無料
申し込みだけで、即日換金できます。
>>amazonギフト券買取サイトランキングを見てみる

一部のamazonギフト券買取サイトは、iTunesカードやGoogle Playギフトカード、楽天ポイントギフトカードの買取を行っています。

ギフティッシュなどのギフト券売買サイトを利用するより、買取率は少し下がります。ですがギフト券買取サイトを利用すれば、出品や値付けの手間がなく、申し込みだけで即日中に換金できます。

忙しいかたや急いでいる方には、おすすめできるサービスです。

参考:「iTunesカードを換金する3つの方法とおすすめの買取サイトBEST3

参考:「Google Playギフトカードを現金にしたいオススメの換金方法3選と買取サイトTO3

参考:「楽天ポイントギフトカードが換金できる買取サイトと現金化する4つの方法