クレジットカード現金化の方法(業者or自分)を徹底比較!危険?大丈夫?違法性とリスクも検証!

クレジットカード-現金化-方法-業者-自分-違法

クレジットカードの現金化は、小規模な資金調達の手段として有名な存在です。このページでは、現金化業者と利用する方法と自分で現金化する方法を紹介しています。それぞれのメリットとデメリットも比較して解説していきます。

クレジットカードの現金化についてはメリットばかりではありません。キャッシング枠の利用など正規の方法と比べてデメリットもあります。さらに違法性や危険性についても気になる問題です。リスクについても紹介しているので、クレカの現金化を検討しているなら参考にしてもらえればと思います。

目次

クレジットカード現金化とは

クレジットカードの現金化は、カードのショッピング枠を現金に変える行為です。ショッピング枠を使うことで、クレカのポイントも貯まりますし、返済は一括払いと分割払いから選べます。

キャッシング枠でお金を借りると、返済時に利息や手数料が必要になります。ですがショッピング枠なら、一括か2回の分割払いなら利息は発生しません。短期返済ができて比較的に小額(数万円)な資金調達に適した方法として、古くから大勢の人が行っています。

参考:「クレジットカード現金化 – Wikipedia

クレジットカードの現金化の3つの方法(仕組み)

クレジットカードの現金化は、大きく3つの方法が存在します。それぞれ現金化できる点は変わりません。ですが現金化するまでの仕組みに違いがあります。それぞれの方法と仕組みを知っておくと、お得に現金化できますしリスクの軽減にも繋がります。

カード現金化の3つの手段

  • 商品買取方式
  • キャッシュバック方式
  • amazonギフト券の買取

商品買取方式とは

商品買取方式は、街で実店舗を構える現金化業者が行う現金化手法です。換金率の高い商品を購入させ、商品を業者が買い取ります。

換金率の高い商品の知識があって、売れる場所を知っているなら自分でもできます。

ただし業者へお願いしたほうが手間はかかりません。換金率の高い商品についての知識と経験もあるので確実性が高いというメリットもあります。

キャッシュバック方式とは

インターネット上で営業しているクレジットカードの現金化業者が行う方法です。

買取業者が指定する商品をクレジットカードで購入します。買取業者は商品の購入に対するキャッシュバックとして、価格の何割かを現金で振り込みます。届く商品はあまり価値のないものです。

キャッシュバック方式のメリットとして、商品自体に価値はなく、売却する手間が不要です。振込までの時間が早いので、素早い現金化に適しています。

さらに後述しますが、商品買取方式の業者と比較して、カードの利用停止・強制解約のリスクが少ないと考えられています。

amazonギフト券の買取とは

数千円~数万円単位の比較的少ない金額のクレジットカードの現金化に適した方法です。

クレジットカードで購入できる換金率の高い商品のひとつとして、amazonギフト券があります。購入したamazonギフト券を専門の買取業者へ申し込めば、即日中に現金を入手できます。

メリットとしては、しっかりとした買取業者ならカードの現金化業者より高額に現金化できる傾向にあります。

クレジットカードの現金化のメリット

クレジットカードのショッピング枠の現金化には、いくつかの利点が存在します。

カード現金化のメリット

  • 簡単で気軽
  • キャッシング枠を使うより、心理的な抵抗が少ない。

  • 審査が不要
  • 勤め先や自宅に連絡が来ない。

  • すぐに現金が手に入る
  • 申し込み後は、即日中に現金が手に入ります。

  • 信用情報に履歴が残らない
  • キャッシング枠の利用や消費者金融と違い情報が残りません。

  • 手数料や利息が不要
  • 返済方法を一括か2回までにすれば、手数料は無料です。

もちろん借金の一種であることは変わりません。返済の義務はあります。

手数料や利息の観点から、キャッシング枠を利用してお金を借りるより、短期の資金調達に向いた手法といえます。

急な金欠においては、利用価値があるのかもしれません。

クレジットカードの現金化で捕まる?違法なの?

クレジットカードの現金化にはメリットもありますが、デメリットも存在します。

最も気になるのは、違法性だと思います。軽い気持ちで現金化して、警察に捕まりたくないですからね。

結論から言うと、違法ではありませんがグレーゾーンと考えられています。

カードの現金化は、金融取引として考えると、利率の高さが問題になります。ですが現金化業者を利用した場合、指定の商品をクレジットカードで買ってもらうだけなので、商取引と考えられます。

金融取引か商取引化なのかは、物は言いような部分もあります。今後は違法になる可能性がゼロではありません。

これまで、悪徳な買取を行っている業者が逮捕されたことはあります。ですが現時点までに、クレカ現金化の利用者側が逮捕された事例はありません。

違法性や逮捕といった部分について、利用者が気にする必要はなさそうです。

ただし、重要なデメリットが存在します。クレジットカードを発行するカード会社は、ショッピング枠を利用した現金化を利用規約で禁止しています。

カード会社に現金化がバレると、クレジットカードが利用停止になる恐れがあります。

現金化はカード会社の利用規約では禁止されています

カード会社の定める利用規約では、ショッピング枠の現金化を禁止しています。

現金化の事実が発覚すると、クレジットカードの利用停止・強制解約の危険があります。

強制解約になると具体的に2つのデメリットがあります。

クレジットカードが強制解約になるリスク

  • 残債の一括支払い
  • 自己破産できないかも

残債の一括払い

クレジットカードが解約になると、これまで分割で支払っていた残債を一括で支払わなければなりません。

限界までキャッシング枠も利用しており、ショッピング枠も現金化に使っていて、残債が多額なら相当に苦しい状況に追い込まれてしまいます。

クレジットカードの現金化は、リスクをしっかりと考えて検討してください。

俺としては、手数料が無料になる2回以内の支払期間で完済できないなら、ショッピング枠の現金化を慎重に考えるべきだと思います。

自己破産ができなくなる可能性

クレカ現金化の2つめのリクスは、自己破産できなくなってしまう可能性があることです。

自己破産とは、債務(借金)の返済義務をなくせる制度のことです。自己破産には、裁判所の許可(免責)が必要になります。

誰でも自己破産できるわけではありません。免責を受けられない、免責不許可事由(借金の理由)に当てはまるケースもあります。

免責不許可事由に当てはまると、自己破産できなくなるかもしれません。クレジットカードの現金化は、免責不許可事由に該当する可能性があります。

ですが自己破産などの債務整理には、個人再生という方法も存在します。個人再生も裁判所を介しますが、借金の理由は不要です。クレジットカードの現金化が原因でも債務整理できます。さらに自己破産と違い、財産の保有が認められています。

ですが個人再生には、いくつかの条件があります。借金総額が5000万円以下、継続的な収入があることなどが当てはまります。

あくまで民事再生は、借金の減額です。減額された借金は返済しなければなりません。民事再生は、司法書士か弁護士に依頼できます。

何度もカードの現金化を繰り返して行わないといけない状況に追い込まれているなら、個人再生を検討したほうがいいかもしれません。

カード会社に現金化が発覚してしまう理由とは

カード会社は、個人の利用履歴から現金化しているのかどうかを判断しています。

なんの脈絡もなく、突然に換金率の高い商品を購入した場合や同じ商品を毎月の決まった時期に購入しているとリスクが高まります。

とくに新幹線の回数券は危険性の高い商品として有名です。個人で毎月数万円の回数券を買っていたら、だれでも不自然に感じますよね。個人の利用を超えた用途(現金化)を疑われてしまいます。

カード会社への発覚にリスクを下げるなら、疑われない換金率の高い商品を購入するかキャッシング方式を採用している現金化業者へ申し込みましょう。

換金率の高く、カード会社へ疑われにくい商品としては、amazonギフト券が最有力として考えられます。

実店舗より無店舗のwebで申し込むほうが安全性の高い理由とは

クレジットカードの現金化を行う業者は、駅前などに実店舗のあるタイプとweb上で営業しているタイプの2種類あります。

実店舗では換金性の高い商品を利用者に買わせて買い取る「商品買取方式」を採用しています。

web上で現金化できる業者は、商品を買わせるのは同じですが、買い取りません。購入金額に応じた金額をキャッシュバックで振り込む「キャッシュバック方式」を採用しています。

キャッシュバック方式を採用している業者からは、換金性の低い商品を購入します。さらにカードの決済は、決済代行会社を経由します。

キャッシュバック方式の現金化業者がカード決済をしたいとカード会社へ相談しても、許可は降りません。決済代行会社を使うことで、商品の決済を可能にしているのですね。

商品買取方式だと、カード会社へ換金性の高い商品を購入したと判断されやすくなる可能性があります。

ですがキャッシュバック方式なら、決済代行会社がカード会社との間に入ることで、利用者のカード利用の用途(現金化)が判断し難くなります。

クレジットカード現金化を専門業者に頼むの利点とは

キャッシュバック方式のクレカの現金化業者を利用するのには、クレジットカードの停止リスクの軽減以外にも、いくつかのメリットがあります。

現金化業者を利用するメリット

  • 審査不要
  • 来店不要
  • 即日振り込み

・審査不要で現金化できる
現金化業者へ依頼してショッピング枠を現金化するのに、審査はありません。ショッピング枠の限度額が残っている有効なクレジットカードで指定の商品を購入するだけで現金化できます。

・来店不要で自宅にいながら現金化できる
実店舗のある現金化業者と違い、ネット上で営業しているキャッシュバック方式の業者は、申込みだけで現金化できる手軽さが魅力です。

近くに実店舗の現金化業者がなかったり、仕事などで日中にお店へいけなかったりする方でも、自宅にいながらクレジットカードを現金化できます。

・即日振り込みなので、すぐに現金が手に入る
web上での申込みは、24時間いつでも可能です。平日や土日・祝日に関係なく利用できます。

現金化した金額は、申込時に指定しておいた銀行口座へ振り込まれます。業者によっては、24時間365日の即日振込に対応しています。

その他の現金化業者も営業時間内なら、当日中に現金が振り込まれます。

優良なクレカ現金化の業者を選ぶ注意点

クレジットカードの現金化を行う業者は、非常に多いです。どこの業者を選んだらいいのか分かりにくいのが現状です。

間違った業者へ頼んでしまうと、悪徳な現金化を行う詐欺業者に引っかかる危険もあります。

健全に営業しているクレジットカードの現金化業者を利用しましょう。

下記に悪徳な業者の特徴と優良な現金化業者の選び方を解説します。

悪徳業者が詐欺の現金化を行う危険もあります

誤って悪徳な現金化業者へ申し込んでしまうと、利用者は大幅な損害を被ってしまいます。

悪徳業者の被害例
・商品を買わせるだけで、キャッシュバックしない
・記載の手数料より著しく高額な手数料を請求された。
・公式サイトで案内されている換金率より大幅に低い金額が振り込まれた。
・顧客情報が漏れてしまって、知らない電話番号からの着信が増えた

悪質な現金化業者を使うと、上記のようなトラブルが発生する危険性があります。Yahoo!知恵袋などでも同様の被害にあった方の相談の書き込みを見ることができます。

万が一、トラブルが起きたら、「国民生活センター(国民消費者センター)」へ相談してください。的確なアドバイスと解決まで手助けしてもらえます。

参考:「全国の消費生活センター等_国民生活センター

安全なクレジットカード現金化の業者の選び方

優良なクレジットカードの現金化業者を探すためには、いくつかのポイントに注意してみてください。

それぞれの現金化業者の公式サイトと見ていくと、信頼できる業者なのかが分かります。

現金化業者のチェックポイント

  • 換金率(還元率)
  • 連絡先の電話番号

・換金率(還元率)が相場より著しく高くないか
クレジットカードの現金化において、換金率(還元率)は非常に重要な要素です。いくら健全に運営されている業者だとしても、換金率が低ければ利用したいと思えません。

ですが高すぎる利率を提示している業者には注意が必要です。どの現金化業者もライバルの同業他社を確認しながら、利率を決定しています。

他の現金化業者と比較して、還元率が10%も高い場合などは怪しいです。後から高額な手数料を請求されてしまったりする危険があります。各社の買取率を比較して、相場より高すぎる場合には警戒していきましょう。

・連絡先の電話番号をしっかりと掲載しているか
実際の申込みはwebの専用フォームから行います。ですが不明点があった場合、電話ですぐに連絡がとれると助かります。

公式サイトを確認して、連絡先の電話番号をしっかりと掲載しているかを確認しておきましょう。

口コミで評判の良い大手のカード現金化業者を選ぶ

利用を検討する現金化業者をある程度絞り込んだら、口コミを確認すると良いですね。

どうしても公式サイトの情報だけでは、実際の使用感が分かりません。利用者の体験談などの書き込みが見つかれば参考になります。2ch(2ちゃんねる)や5chでは、クレジットカード現金化の専用スレッドがあります。掲示板には業者を使った感想が書き込まれていることもあります。

このページの下記に口コミの評価が高かった現金化業者をランキング形式で紹介しています。検討する際には、参考にしてもらえればと思います。

>>クレジットカードを現金化できる最新の優良業者3選を確認する

クレジットカード現金化の業者の還元率(換金率)の目安とは

還元率は、市場の環境や同業他社の動向で決定します。

それぞれの現金化業者は、申込み金額ごとに換金率を設定しています。換金率は「1万~10万」「11万~30万」「31万~50万」というように金額帯ごとに提示されています。

さらに公式サイトで記載されている換金率は最高時のレートです。「1万~10万」で90%の場合、1万円の現金化が90%とは限りません。正確な還元率は、事前に業者へ確認しておきましょう。

確認はメールで行うのがおすすめです。メールの返信は、トラブル発生時の証拠にもなります。

現在の相場を考えると、1万円で90%の還元率なら、優良な現金化業者といえます。

いろいろな現金化業者を比較して、換金率を確認してみてください。

現金化業者の手数料の内訳

還元率が90%で1万円の現金化を依頼すると、9千円が振り込まれます。通常は、残りの千円が現金化業者の手数料となります。

ですが利用する現金化業者によっては、下記の手数料が還元額から差し引かれることがあります。

手数料の内訳

  • 決済手数料
  • 通常はクレジットカードで買い物すると、決済手数料はお店側が払います。ですが利用者が負担する現金化業者もあります。

  • 振込手数料(送金手数料)
  • 現金化の金額を振り込む際に発生した振込手数料

  • 商品送料
  • キャッシュバック目的で購入した商品の送料の負担

  • 商品の消費税
  • 購入した商品の消費税、内税だったり外税だったりするので事前に確認が確実

  • 上記以外の審査費用など
  • 現金化業者は審査不要で使えるのがメリットです。不明な手数料があれば、申し込み前に確認しておきましょう

不明な手数料を請求する現金化業者は減少している傾向にあります。現金化業者が乱立するなか、悪徳な現金化を行う業者は生き残れませんからね。

大抵の場合、手数料は還元率に含まれています。別途手数料が発生することはありません。不安があれば、申込みまでに確認しておきましょう。

現金化業者の利用手順の流れ

クレジットカードの現金化業者は簡単に利用できます。どの業者を利用しても、利用方法は変わりません。

現金化までの流れ

  1. 現金化業者の選定
  2. 申し込みと本人確認
  3. 指定商品をカード決済で購入
  4. 振り込みを確認
  5. 商品の受け取り

振り込みまでの時間は、業者の忙しさによって変わります。最短5分などと公式サイトで案内されていても、あくまで最短の時間です。実際の時間が異なることもあります。急いでいるなら、申し込み前に問い合わせておきましょう。

現金化業者の利用に必要なもの

クレジットカードの現金化業者を利用するなら、事前に準備しておきたいものがあります。

カード現金化に必要なもの

  • インターネットに接続できるスマホやパソコン
  • 連絡のとれる電話とメールアドレス
  • 本人名義のクレジットカード(本人名義)
  • 本人名義の銀行口座(本人名義)
  • 身分証(本人確認に必要)

申込みはwebから行います。スマホであれば、問題ありません。クレジットカードと現金の振り込まれる口座も必要です。どちらも申込者本人の名義のものを準備しておきましょう。

初回の利用時には本人確認が必須です

クレジットカードの現金化業者は、初回の申込時のカード決済前に本人確認を行います。

盗品などの本人名義でないクレジットカードを現金化といった不正利用に対する防止策となります。不正に入手されたカードの現金化を取り扱ってしまうと、業者も犯罪に巻き込まれるリスクがあるためです。

初回に、運転免許証などの身分証の確認と電話での本人確認が行われます。同じ業者を2回目以降の利用なら、本人確認は不要です。

本人確認に必要な身分証明書

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 学生証(20歳以上に限る)
  • 年金手帳

学生でも利用できますが、20歳以上の成人に限られます。未成年は利用できません。

優良なクレジットカード現金化業者を3つ紹介

様々な掲示板サイトや現金化関連のメディアサイトでの口コミや体験レビューの評判を元に比較し、優良なクレジットカードの現金化業者を厳選しました。

さらに評価の高い厳選された業者の公式サイトを徹底的にチェックして、最新のおすすめの業者を3社紹介します。

クレジットカードの現金化業者を検討していて、優良な業者から選びたいなら参考にしてください。ですがクレジットカードの現金化は、カードの利用停止などのリスクがあります。当サイトでも特に推奨はしません。申し込みは自己責任でお願いいたします。

スタークレジット

スタークレジット-クレジットカード現金化-top-image

営業時間 AM9時~PM19時
定休日 土日・祝祭日
最大換金率(還元率) 98%
振込時間 最短3分

->>スタークレジットの公式サイトを確認する

換金クレジット

換金クレジット-クレジットカード現金化-top-image

営業時間 AM8時~PM21時
定休日 年中無休
最大換金率(還元率) 98%
振込時間 最短5分

->>換金クレジットの公式サイトを確認する

ゼロスタイル

ゼロスタイル-クレジットカード現金化-top-image

営業時間 AM8時~PM20時
定休日 年中無休
最大換金率(還元率) 99.2%
振込時間 最短5分

->>ゼロスタイルの公式サイトを確認する

業者を使わないで自分でクレジットカードを現金化する流れ

クレジットカードの現金化は、専門の現金化業者を利用しなくても行えます。自分でカードを現金化するのは、実店舗を持つ現金化業者の行う商品買取方式に近い方法です。

自力で現金化する手順

  1. 換金率の高い商品を購入
  2. 商品の買取に対応した店舗へ売却
  3. 買取金額を入手(現金化が完了)

換金率の高い商品を購入して、売却するだけです。商品によって換金率は異なります。高く売れる商品のほうが良いのですが、そのぶんカード停止のリスクが高まります。

自力でクレカ現金化を行うメリットとデメリット

自分でクレジットカードのショッピング枠を現金化する場合、メリットとデメリットが存在します。

メリット

  • 現金化業者の利用に抵抗があるかたでもカードの現金化ができる
  • 1万円未満の現金化もできる
  • 現金化業者より高く現金化できることもある
デメリット

  • 商品選定や購入、売却と手間と時間が必要
  • 商品によってはカード停止のリスクが高まる

いくら安全な現金化業者だといっても、利用に不安を感じる方もいるはずです。すべて自分で現金化を行うのは、面倒ではあります。ですが心理的な抵抗は少なくなりそうです。

クレジットカードの現金化業者に現金化を依頼する場合、申し込める最小金額は1万円以上であることが大半です。1万円を下回る現金化は受け付けていません。

自分でカードの現金化を行えば、小額な商品を購入して現金化することもできます。少しだけ現金が必要な状況で有効な方法といえます。

後述しますが、転売目的で購入する商品によっては、現金化業者へ頼むより高く現金化できる場合もあります。ただし換金率の高い商品ほど、カード会社にバレやすく、カードが停止されてしまうリスクが高まります。

リスクとリターンを考えて、方法を検討するようにしてください。

自分で現金化するための換金率の高い5種類の商品

自分でクレジットカードを現金化するなら、商品の選定が最も重要になります。

売りやすくでも換金率が低ければ、現金化目的としての価値は下がります。換金率が高くても売る場所がなければ、持ち腐れになってしまいます。

いくつか流動性が高く(売りやすく)、換金率の高い商品があります。

換金率が高く売りやすい商品

  • 新幹線の回数券
  • 商品券
  • ブランド・貴金属
  • ゲームソフト・本体
  • amazonギフト券

新幹線の回数券や商品券は、街の金券ショップで売買できます。ブランド品や貴金属も質屋だけでなく、専門の買取店も多くあるので売り先に困ることはないはずです。ゲームソフトやゲーム機は、ゲオやブックオフで買取を行っています。

amazonギフト券は、ここ数年で人気を集めている換金率の高い商品券です。amazonでお金のように使えるamazonギフト券は、人気が高く売りやすいのが特徴です。

下記にそれぞれの商品について解説していきます。

金券ショップ(大黒屋など)で換金できる換金率の高い商品券を現金化

古くからあるカード現金化の手法です。金券ショップで高額に買取している商品券や金券を購入して、売却します。

金券ショップでの買取率の高い金券として有名なのは、新幹線の回数券やJCBギフトやUCギフトといったカード会社で発行している商品券、全国百貨店共通商品券や大手デパートの商品券です。

ただし換金目的の購入が非常に多いのが、金券のデメリットです。カード会社の監視が厳しいため、カードの利用停止のリスクが高まると考えられています。頻繁には使えない伝家の宝刀や必殺技といえます。

参考:「商品券・ギフト券の検索結果一覧|金券・チケット買取の大黒屋

新幹線回数券の現金化はハイリスク

クレジットカードの現金化で金券ショップを利用する場合、新幹線の回数券の転売は非常に有名な手法です。ですが換金率の高い他の商品と比較して、ハイリスクなのが新幹線の回数券です。

毎月、数万円の新幹線のチケットを購入していたら、個人では使いきれませんよね。自分で消費するには、明らかに過分です。

カード会社のデータには、不自然な決済履歴として残ってしまいます。他の商品より現金化目的での決済を疑われやすくなります。

基本的には新幹線の回数券も含め、金券ショップでクレジットカードの現金化を行うことは、リスクが高いと考えて間違いありません。

換金率が高く現金化しやすい商品券以外の商品

金券ショップを活用するだけでなく、自分でカードを現金化する方法もあります。

ブランド品や貴金属、ゲーム関連の商品は、中古市場が活発です、売り先に困ることもありません。

換金率の高い商品が分かれば、高額換金も十分に狙えます。

ブランド品・貴金属を買取店で売却

高級腕時計やブランドバッグ、ジュエリーなどは、買取市場が盛り上がっているジャンルです。ロレックスやルイヴィトンなどのブランド品は中古でも高い値がつきます。

ブランドや貴金属の買取専門店や質屋、リサイクルショップなどで現金化できます。

高額買取している商品が分かれば、高い換金率での現金化が可能です。ですが目利きが難しいのが難点です。自信がなければ、他の方法を検討するか買取店で買取価格を調べておきましょう。

ただし新幹線の回数券と同様、ブランド品を頻繁に購入するのは、カード会社に不自然な印象を与えます。ブランド品は、一個あたりの単価が高額になります。慎重に検討してください。

ゲームを購入してショップで売却

自分でできる、かなり手軽なカード現金化の方法といえます。新作のゲームソフトやプレイステーションやニンテンドースイッチといったゲーム機本体をクレジットカードで購入します。

購入したソフトや本体は、ゲオやブックオフなどのゲームの買取を行っている店舗で換金できます。大抵の場所には店舗があるので、売り方に困ることはありません。

高額価格の商品もネットや店舗で簡単に分かります。カジュアルなカード現金化の手段と言えます。

ただし注意点が2つあります。

ゲームの換金の注意点

  • 新作ゲームは値崩れしやすい
  • ゲーム機を頻繁に購入するのは不自然

1つめの注意点は、ゲームソフトは値段の変動が早いことです。新作のゲームソフトは高額買取を行う傾向にあるのですが、時期を過ぎると急激に買取価格が下がることがあります。購入したら、早く売り払わないと損してしまいます。

2つめの注意点は、ゲーム機本体の購入についてです。本体はゲームソフトより高額です。数万円分を現金化する場合、ソフトの転売より手間が減ります。たまに買うぶんには問題がないはずですが、頻繁にゲーム機を購入するのは不自然です。毎月、プレイステーションを買っていたら、カード会社に疑われてしまう危険があります。

参考:「ゲームの買取価格の検索結果|ゲオ宅配買取

amazonギフト券をクレジットカードで購入して現金化

amazonギフト券は、amazonでのショッピングに使える商品券です。Amazonギフト券は、amazonでクレジットカード決済で購入できます。

購入できる額面金額も幅広く、15円から数十万円まで一円単位で金額を指定できます。

amazonギフト券は非常に人気が高く、高い換金率がメリットです。換金方法は、専門のギフト券買取サイトの利用やオークション、ギフト券売買サイトなど多岐に渡ります。

ですが金券ショップではamazonギフト券を取り扱っていません。販売もしていませんし、買取も行っていません。

関連記事:「amazonギフト券は金券ショップ(店舗)で換金できる?買取サイトと徹底比較!

amazonギフト券の換金には、いくつかの点から専門のギフト券買取サイトの利用が適しています。ギフト券買取サイトはweb上の簡単な申込みだけで、即日で高額にamazonギフト券を換金できます。

->>amazonギフト券の換金方法の比較を確認する
このページの該当箇所へスクロール↓↓

クレジットカード現金化と比較したamazonギフト券現金化のメリット

クレジットカードの現金化業者とamazonギフト券での現金化を比較した場合、それぞれにメリットとデメリットがあります。

・amazonギフト券は小額でも現金化しやすい
クレカ現金化業者は、1万円以上の現金化からしか対応していません。ですがamazonギフト券なら、数千円単位の小額な現金化も可能です。

・換金率の高さは現金化する金額次第
換金率に関しては、状況次第といえます。10万円未満なら、amazonギフト券のほうが高く現金化できるケースが多いです。10万円を超える現金化は、クレジットカード現金化業者のほうが高い換金率を提示しています。

状況に応じて、クレカを現金化する方法を選択すると損しません。

ブランド品やゲームソフトと違い、amazonギフト券は金額を指定して購入できます。換金率も事前に把握できるので、事前に予定を立てやすいのもメリットです。

ゲームソフトを1万円ちょうどで買うのは難しいです。ですがamazonギフト券なら、1万円分だけ買って90%で換金すれば、9000円の現金が手に入るというように計算が分かりやすいです。

カード会社にバレる?安全性の高いamazonギフト券の買い方とは

amazonギフト券は、クレジットカードの現金化をする上でバレにくいと考えられています。カード会社の明細には、amazonでamazonギフト券を購入しても品名は残りません。カード会社にはamazonで買い物したことしか分からないようです。

クレジットカードを使ってamazonで買い物するのは、自然な行為です。ですがamazonギフト券の購入にも、若干の注意は必要です。

高額すぎる額面金額のamazonギフト券の購入は、できるだけ控えましょう。10万円のアマギフを1回で買うのでなく、1万円を小分けにして購入するなどしたほうが安全性は高まります。

毎日など頻繁に同じ額面のamazonギフト券を購入するのは、できるだけ控えましょう。頻繁に同じような金額の商品を購入していると、カード会社に不審に思われてしまうかもしれません。

どちらもあまり気にする必要はないのかもしれません。ですがカード停止が心配なら、気にしておいたほうが安心感は高まります。

amazonギフト券の換金に買取サイトが適している理由とは

amazonギフト券はいくつかの換金方法があります。

アマギフの3つの換金方法

  • 買取サイト
  • オークションサイト
  • 売買サイト

・買取サイト
amazonギフト券の買取をネット上で行う専門の買取業者があります。ギフト券買取サイトとも呼ばれており、amazonギフト券やiTunesカードなどの電子ギフト券の買取を行っています。ちなみに金券ショップでは、電子ギフト券の買取に対応していません。

・オークションサイト
ヤフオクやモバオクといったオークションサイトへ出品してもamazonギフト券を現金化できます。それなりに出品数もあります。最低落札価格を決めておけば、安く買い叩かれることもありません。複数の希望者がいれば落札価格は高騰していきます。

・売買サイト
amazonギフト券など、ネット上のサービスで使用できる電子ギフト券の売買を行えるサービスもあります。ギフト券売買サイトとも呼ばれており、少しでもギフト券を高く売りたいユーザーと安く買いたいユーザーをマッチングさせています。オークションサイトのように出品価格を自分で決められますが、複数の希望者が現れて値段が釣り上がることはありません。最初の落札希望者が購入していきます。

上記の換金方法のなかで最も現金化に最適なのは、ギフト券買取サイトの利用です。

関連記事:「amazonギフト券を換金する10個の方法と高く現金化できる買取サイト5選

買取サイトのメリット

  • 簡単な申し込みだけ換金
  • 24時間365日の即日振り込み
  • 手数料が無料
  • 約90%の高い換金率

・簡単な申込みで現金化できる
買取サイトは、web上での簡単な申し込みだけでamazonギフト券を換金できます。初めての方でも20~30分くらいで本人確認まで完了します。申し込みが終われば、換金額が振り込まれるのを待つだけです。買取サイトが振込を完了すると、メールで教えてくれます。

オークションや売買サイトだと、会員登録・出品作業・落札・出品作業・入金確認など多くの工程を経ないと現金化できません。買取サイトと比較して、面倒で手間がかかります。

・24時間365日の即日振込
24時間365日の年中無休で営業している買取サイトもあります。web上でいつでも申し込めるだけでなく、振込も24時間対応を行っています。深夜や夜間にクレジットカードの現金化がしたい場合でも、amazonギフト券があれば当日中に換金できます。

年中無休の買取サイトなら、土曜日や日曜日、祝祭日も申し込めば、当日中に現金化できます。

ただしamazonギフト券の換金額の振込先に指定する銀行口座いは注意してください。口座によっては、平日の15時以降や土日の振込に対応できません。多くの金融機関で24時間365日の即時の入金反映へ対応しています。ですがすべて銀行ではありません。不安があれば、事前に確認しておきましょう。

関連記事:「土日・夜間OK!いつでも換金できるamazonギフト券買取サイトTOP3

・手数料が無料
手数料が無料になる買取サイトを利用すれば、amazonギフト券の額面金額に買取率をかけた金額が振り込まれます。計算しやすく、資金調達の予定も立てやすくなります。

オークションやギフト券売買サイトは、amazonギフト券が売れると、手数料が発生します。ヤフオクだと落札システム利用料として約10%の手数料が落札価格から差し引かれます。

売買サイトは利用するサービスによって変わりますが、相場として約3%の出品手数料(出品するギフト券にかかる手数料)と約200円の出金手数料(売れたギフト券の代金を引き出す手数料)が差し引かれます。ただし出品しても売れなければ、ヤフオクと売買サイトのどちらも手数料は不要です。

・約90%の高い換金率
買取サイトのamazonギフト券の買取率は申し込む日時によって変動します。ですが初回の利用なら、約90%の換金率で現金化できます。10万円未満のカードの現金化なら現金化業者より高くなる傾向にあります。

オークションや売買サイトと比較しても、買取サイトのほうが高く換金できることが多いです。オークションや売買サイトは、自分で価格を設定できるのが強みです。ですが同じ商品を出品しているライバルも数多く存在します。ギフト券に品質は関係ありません。値段でしか判断されません。

他の出品者より高くしてしまうと売れなくなります。さらに相場で出品しても、落札まで数日~1週間は時間がかかると想定しておきましょう。

売れやすい相場で出品して手数料も差し引かれるとなると、80%~90%くらいの換金率に落ち着くことが多いです。現金化まで、手間と時間もかかります。申し込むだけで約90%のレートでamazonギフト券を現金化できる、買取サイトのほうが便利に感じます。

amazonギフト券の現金化に最適な買取サイトTOP2

便利な現金化の方法である買取サイトですが、業者選びは非常に重要です。

業者選びを間違えると、満足感の高い現金化ができません。特に運営体制の信頼性や安全面と買取率などの条件面の両面がしっかりとした2つの買取サイトを紹介します。

関連記事:「安全なamazonギフト券買取サイトを選ぶポイントと厳選買取サイト5選

関連記事:「amazonギフト券の買取業者50社を徹底比較!安心&高額換金ランキング

買取ボブなら24時間365日年中無休でいつでも高額買取

買取ボブ-amazonギフト券-iTunesカード-Google Playギフトカード-楽天ポイントギフトカード-買取-年中無休24時間営業-手数料無料-高額換金-現金化

営業時間 24時間営業
定休日 年中無休
買取率の目安 約90%
最小の額面 3000円
振込時間 最短10分

->>買取ボブのレビューを確認する

ギフトグレースは500円以上のamazonギフト券なら高額買取

amazonギフト券買取サイト「ギフトグレース」

営業時間 24時間営業
買取率の目安 約90%
最小の額面 500円
振込時間 最短5分~10分

->>ギフトグレースのレビューを確認する

その他のクレジットカード以外の後払いOKな現金化の方法2選

クレジットカードの現金化に抵抗のある方やクレジットカードを持っていない場合でも、後払いで現金化する方法もあります。

後払いできる現金化の2つの方法

  • キャリア決済
  • バンドルカード

キャリア決済(携帯決済)を現金化

キャリア決済(携帯決済)は、購入した商品の代金を携帯料金と合算して支払う決済方法です。

キャリア決済で購入できる商品で換金率の高いのは、iTunesカードやGoogle Playギフトカードです。どちらもiPhoneやandroidのスマホのアプリを購入したり、課金したりするのに使えます。NTTドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリア会社の公式オンラインショップで販売されています。

iTunesカードとGoogle Playギフトカードは、ギフト券買取サイトで現金化できます。amazonギフト券より少しだけ買取率は下がりますが、80%~85%の買取率で換金できます。

関連記事:「iTunesカード(コード)の買取サイト12選と換金する5つの方法

関連記事:「Google Playギフトカードの買取サイト10選と換金する5つの方法

以前は携帯決済でamazonギフト券も買えました。ですが現在は、直接の購入ができなくなっています。ただしドコモ・au・ソフトバンクの各社が提供するプリペイドカードを利用すれば、アマギフも購入できます。プリペイドカードは、クレジットカードのように買い物の支払いに使えます。請求は携帯料金と合算されます。プリペイドカードは申し込みから発行まで1週間くらいの時間が必要です。

関連記事:「携帯決済でamazonギフト券を購入する方法と携帯決済を利用したamazonでの換金手段

バンドルカードなら後払いでOK

後払いで支払うなら、バンドルカードも有効です。バンドルカードは専用アプリをダウンロードして利用するプリペイドカードです。金額をチャージすれば、クレジットカードのようにショッピングに使えます。

チャージ金額の支払いは、翌月末までの余裕があります。支払い方法が、コンビニ払いや銀行振込、ドコモ払いなど豊富に準備されています。

バンドルカードでamazonギフト券などの換金率の高い商品を購入して現金化すれば、急な金欠の際の補填に使えるかもしれません。

ただし、チャージには手数料が必要です。通常のクレジットカードでの買い物より、実質の支払い料金は高くなります。しっかりと検討してから、利用してください。

補足:クレジットカード現金化の裏技!飲み会(食事会)は最強の換金率の現金化手段!?

仲間や知人などと居酒屋やレストランで飲み会(食事会)をするなら、率先してクレジットカードで支払っていくと良いかもしれません。

「しまった!財布に現金がないや。クレジットカードで払っていい?」「クレジットカードのポイント貯めているんだよね~、クレカで払っていい?」などと言ってクレジットカードを使う理由を説明します。

割り勘で受け取ったお金は、最も自然な現金化の方法といえます。カード会社にバレて突っ込まれても、言い訳しやすいですね。さらにクレジットカードのポイントも貯まります。

ただし自分が行きたい飲み会や食事会でないと、大損だという考え方もあります。現金化のため、自分も含めて4人で飲みに行ったします。合計で1万円の支払いだと、割り勘で1人あたり2500円の支払いです。他の3人から7500円を受け取って、あなたのクレジットカードで支払うと、換金率75%になります。75%の換金率は、決して良いレートとはいえません。

自分も楽しければ最高です。ですが、現金化目的で割り勘するために飲み会や食事会を開催するなら、大人数が参加できる会を企画しましょう。10人以上なら、90%を超える換金率になります。

「クレジットカード現金化の方法(業者or自分)を徹底比較!危険?大丈夫?違法性とリスクも検証!」まとめ

クレジットカードの現金化の方法とリスクについて解説してきました。リスクとして最も問題になるのは、カードの停止・解約の可能性です。

解約になると、残債の一括請求などのピンチを招いてしまいます。さらに債務整理をする場合にも、自己破産を選択できなくなる可能性もあります。借金で苦しんでいる状況なら、現金化より弁護士などの専門家に相談したほうがいいかもしれません。

クレジットカードのショッピング枠の現金化は、ショッピング枠を使うので心理的な抵抗が少なく、カジュアルに利用しやすいという側面があります。一括や2回以内で支払えるなら、手数料も不要です。ですが業者へ申し込むにせよ、自分で現金化するにせよ、換金率は100%ではありません。高くても90%くらいの還元率なので、10%は損してしまいます。

急な金欠のピンチを乗り切るため、1回だけ使ってみるという状況もあるかもしれません。ですが何度もカードの現金化を行うと、カード会社にバレてしまうリスクは高くなります。

10万円未満の現金化なら、amazonギフト券は換金率とスピードの面でメリットがあります。
->>amazonギフト券の買取サイトを確認する
(このページ内の該当箇所までスクロールします↑↑)

10万円以上の現金化なら、専門の現金化業者のほうが還元率が高くなる可能性があります。
->>クレジットカードの現金化業者を確認する
(このページ内の該当箇所までスクロールします↑↑)

クレジットカードの現金化を検討しているなら、リスクとリターンをじっくりと検討してみてください。