チャージタイプのamazonギフト券のアカウント残高を現金化する4つの方法

amazonギフト券-チャージタイプを現金化する方法

amazonで買い物するとき、支払いの方法がいくつかあります。クレジットカードや代金引き換え、コンビニ払い、amazonギフト券など。

その中でも、amazonギフト券はクレジットカードと同じようにamazonで利用できる便利な決済方法です。

代引きのように手数料もかかりませんし、買い物のたびにコンビニへ支払いに行く必要もありません。

amazonギフト券には、amazonで販売されているEメールタイプやコンビニで購入できるカードタイプ、自分で利用するのに最適なチャージタイプなど複数の種類があります。

チャージタイプのamazonギフト券を購入すると、自動でアカウントの残高へ追加されます。amazonで買い物が終わった後、アカウントにある残高を換金したいときがあります。便利なamazonですが、欲しいものがないときもありますしね。

amazonのアカウントに登録していない未使用のamazonギフト券は現金化しやすいのが特徴です。

ですが、チャージタイプのamazonギフト券やamazonのアカウントにある残高は、そのままでは換金できません。amazonギフト券でアカウントにチャージしたお金では、amazonギフト券を買えません。

amazonの利用規約にも、返金や換金は受付ないと記載してあります。

このページでは、チャージタイプのamazonギフト券やamazonのアカウントの残金を現金に精算する方法を解説していきます。

どの方法を利用しても、確実に使いみちのない残高を現金化できます。あなたの、目的に応じて、換金方法を選んで貰えればと思います。

おすすめの方法は、換金率が高い、換金までの時間が早い、申し込みが簡単で手間のかからないという多くのメリットからギフト券買取サイトの利用です。

amazonで知人の代わりに購入

うまくいけば、もっとも手軽な方法です。まわりの家族や知人、友人にamazonで欲しい物があれば、代わりに購入します。

値付けは、amazonでの購入価格でも良いでしょうし、相手に納得してもらえるなら割高でいける場合もありますね。交渉しだいで、100%以上の換金率を狙えます。

amazonギフト券は、他の支払い方法とあわせて使えます。損しないなら、残高で足りない分は補填しても良いかもしれません。

amazonで商品券を購入して金券ショップへ持ち込み

金券ショップ

amazonでは、商品券が販売されています。販売されている商品券を購入すれば、金券ショップのような商品券を買取している店舗で換金できます。

金券ショップは、流通量の多い商品券なら高い買取率を提示しています。

注意点としては、amazonで販売されている商品券は定価より割高です。出品店舗の値付けにバラツキがあり、価格は一概には言えません。ですが、定価の10%~20%くらい高く売られています。

なぜ高額かというと、同じように残金を換金したい人がいるからです。需要と供給の関係ですね。

amazonで販売数が多く、金券ショップでの買取率が期待できる商品券は、ビール券です。ジェフグルメカードやJCBギフトカードも条件が良ければ、高額換金を期待できます。

amazonでの販売価格と金券ショップの買取レートを確認して、好条件の商品券を購入しましょう。目標の換金率は70%~80%です。

この方法のデメリットは、金券ショップが近くにないと使えないことと、金券ショップに行く手間がかかることです。

参考:「amazonギフト券を現金化する10個の方法と高額換金できる買取サイト5選

amazonでiTunesカードやGoogle Playカードを購入してギフト券買取サイトで換金

iTunesカードとGooglePlayカードはamazonで買える電子ギフトです

チャージタイプのamazonギフト券やamazonのアカウントにある残金を換金するのに、もっともおすすめの換金方法です。

amazonでは、商品券のようにiTunesカードやGoogle Playギフトカードといった電子ギフト券が売られています。このような電子ギフト券は、専門のギフト券買取サイトで換金できます。

ただし電子ギフト券は、街の金券ショップでは換金できません。買取と購入のどちらも対応していないのが実情です。

参考:「amazonギフト券は金券ショップ(店舗)で換金できる?買取サイトと徹底比較!

iTunesカードやGoogle Playギフトカードなどの電子ギフト券は、amazonギフト券買取サイトで換金するかギフト券売買サイトで換金するのが一般的です。

amazonギフト券は流通量が多く、換金率の高いギフト券です。多くの買取業者が、インターネット上で営業しています。amazonギフト券だけでなく、iTunesカードやGoogle Playギフトカードの買取にも対応している業者があります。複数の種類のギフト券の買取に対応した業者なら、amazonで販売されているギフト券も現金化できます。

amazonで購入する電子ギフト券は、iTunesカードかGoogle Playギフトカードを中心に検討しましょう。最近では、楽天ポイントギフトカードを買い取れる買取サイトも増えてきました。

iTunesカードとGoogle Playギフトカード、楽天ポイントギフトカードの3種類のなかでギフト券の額面金額に対して、販売金額が安い種類を購入しましょう。他の電子ギフト券も販売されていますが、換金率が低く換金方法も限られます。

この買取サイトを利用する方法のメリットは、換金率が高いこと、少額な額面のギフト券の買取にも対応している、申し込みしたら当日中に現金化できるスピードです。買取サイトへの申し込みは、ネットショップで買い物するような手軽さです。目標の換金率は80%です。

amazonギフト券買取サイトでのiTunesカードとグーグルプレイカードの換金率が、非常に高くなってきています。買取サイトは、簡単な手続きで高い換金率が実現できるオススメの現金化の方法です。

おすすめのギフト券買取サイトBEST3へ進む

参考:「iTunesカード(コード)の買取サイト12選と換金する5つの方法

参考:「Google Playギフトカードの買取サイト10選と換金する5つの方法

参考:「楽天ポイントギフトカードが換金できる買取サイトと現金化する4つの方法

amazonで購入した電子ギフト券をギフト券売買サイトに出品

ギフト券売買サイト「amaten(アマテン)」の公式ページ

ギフト券買取サイトと並んで、電子ギフト券の換金手段として一般的な方法です。

amazonギフト券などの電子ギフト券を安く買いたい人と少しでも高く売りたい人をマッチングさせるのが、電子ギフト券売買サイトです。

ギフト券売買サイトなら、amazonで購入したiTunesカードやGoogle Playギフトカードを出品すれば換金できます。

メリットは、出品するギフト券の価格を自分で設定できるので、高換金率での現金化が狙える点です。

出品は、国内で最もギフト券の取引量が多いamaten(アマテン)がオススメです。

ただしギフト券売買サイトでは、amazonギフト券以外のギフト券は売れにくいのが現状です。出品したら、気長に待つ必要があります。価格を自分で設定できるのですが、相場より高い値段をつけると待っても全く売れません。

また、2種類の手数料が発生します。出品手数料(ギフト券の額面の約2%)と出金手数料(販売金額の出金に必要、500円前後)です。少額なギフト券の換金だと、手数料が換金額を圧迫します。

ギフト券売買サイトの利用にオススメなのは、時間に余裕があり、出品の手間がかかってもOKで高額(5万円以上)なギフト券を持っている方です。この条件なら目標買取率80%です。

売買サイトへの出品は、取引量の多いamatenがオススメ
公式サイトで出品価格を確認する

参考:「amaten(アマテン)でamazonギフト券を購入?出品?本当にお得か検証!

amazonで電子ギフト券を買う場合の注意点!番号のみの購入は危険性が上がります

amazonでiTunesカードやGoogle Playギフトカードを買う場合には、注意してほしいことがあります。

まれに、ギフト券のコード番号のみで販売している店舗が出店・出品しています。

ですが、不正に取得されたギフト券の可能性があります。さらにamazonの出品規約で番号のみの販売は、amazonの利用規約で禁止されています。規約無視の悪質な店舗の恐れがあります。

商品受け取りの手間はかかりますが、できるだけギフト券の現物が手に入る商品を選択してください。

換金におすすめのギフト券買取サイト

チャージタイプのamazonギフト券やamazonのアカウントにある残金は、直接に現金化できません。amazonで換金率の高い商品を購入して転売する必要があります。

転売する商品でおすすめなのは、iTunesカードやGoogle Playギフトカード、楽天ポイントギフトカードのいずれかです。これらのギフト券の換金手段として、ギフト券買取サイトが最適です。

ギフト券買取サイトは、換金率の高さや換金までの手間の少なさスピード感で他の換金手段より優れています。

ただし買取サイトには、悪質な業者も多く騙されてしまう不安もあります。ですが正しい業者は、しっかりと運営しており好条件での買取を行っています。

ここでは、私がいつも利用しているギフト券買取サイトを2つ紹介します。とくに買取ボブは、買取率も高く年中無休・24時間営業でいつでも利用できます。

買取ボブ

買取ボブ-ギフト券買取サイト-amazonギフト券-iTunesカード-Google Playギフトカード-高額換金-24時間365日-手数料無料
ギフト券買取サイトでNo.1の業者です。メインはamazonギフト券の買取ですが、iTunesカードとGoogleプレイカード、楽天ポイントギフトカードの買取も行っています。

3,000円以上のギフト券なら、振込手数料が無料です。買取率も買取サイトではNo.1なので、高く売りたければ買取ボブを中心に検討するべきです。

24時間営業なので、いつでも不要なギフト券を換金できます。

運営歴も長く、運営体制もしっかりとしています。買取サイト選びに迷ったら、選んで間違いのない買取サイトです。

公式サイトで買取率を確認してみる

参考:「買取ボブでamazonギフト券を換金してみた!買取率と振込時間を徹底検証!

ギフトグレース

amazonギフト券買取サイト「ギフトグレース」

ギフトグレースは買取ボブと双璧をなす、優良なギフト券買取サイトです。amazonギフト券のほかにiTunesカードとGoogle playギフトカード、楽天ポイントギフトカードなどの買取に対応しています。

最小で額面500円以上のギフト券の買取に対応しています。小額なギフト券でも換金できるので使い勝手がよいです。

24時間営業(日曜除く)なので、時間の融通がきくのも助かります。

買取率も高いので、買取ボブとあわせて検討しておきたい買取業者です。

公式サイトで買取率を確認してみる

参考:「ギフトグレースの評判を調査!買取率は高いが、振込時間が遅いはホント?

金券買取EX

金券買取EX-ギフト券買取サイト-amazonギフト券-iTunesカード-Google Playギフトカード-高額換金

金券買取EXも大手のギフト券買取サイトのひとつです。金券買取EXもamazonギフト券を中心に買取業務を行っています。

1,000円以上のギフト券なら、振込手数料216円で換金できます。

年中無休なのですが、19時までの営業です。買取率は、買取ボブと同程度の高水準です。買取ボブやギフトグレースと比較するのに確認しても良いかもしれません。

公式サイトで買取率を確認してみる

参考:「金券買取EXでのアマゾンギフト券の買取率と安全性は?試して検証!

チャージタイプのamazonギフト券やアカウントに登録した残高を換金したい!現金化する4つの方法

amazonは、色々な物が購入できる便利な通販サイトです。アカウントにお金をチャージしておけば、もっと便利にamazonで買い物できます。

ですがamazoのアカウントの残金は、携帯電話や公共料金、家賃の支払いに使えないなど、現金より流動性で劣ります。やはり使い勝手は、現金には負けますね。

アカウントにある残高やチャージタイプのamazonギフト券を換金するなら、紹介した方法を試してください。

その換金方法でも、残金を現金化できますが、おすすめはギフト券買取サイトの利用です。amazonで購入したiTunesカードやGoogle Playギフトカードを買取サイトで換金しましょう。自宅にいながら、簡単に現金化できますよ。

申し込むかどうかは別として、興味があれば買取ボブのホームページを見てみてください。雰囲気がつかめるはずです。

買取ボブの公式サイトを確認してみる