楽天ポイントギフトカードが換金できる買取サイトと現金化する4つの方法

楽天ポイントギフトカード-換金-買取

楽天ポイントギフトカードは、楽天市場など楽天のサービスで利用できる便利なギフト券です。

楽天は、amazonと並んで最大手の通販サイトのひとつです。楽天ポイントギフトカードと同じようにamazonで使えるamazonギフト券という商品券があります。

amazonギフト券は、換金率が高いことで有名なギフト券です。楽天ポイントギフトカードを現金化したい場合、どのような方法があるのか。

このページでは、楽天ポイントギフトカードを換金する方法を解説していきます。現金にしたい楽天ポイントギフトカードを持っているなら、参考にしてください。

結論としては、ギフト券買取サイトを利用するのが、買取率の高さ、現金化までの手間の少なさ、換金できるまでの早さの3つのメリットからおすすめです。

楽天ポイントギフトカードの換金におすすめのギフト券買取サイト
24時間営業で振込手数料が無料、いつでも高額買取しています。
>>ギフトグレースの公式サイトを確認する

目次

楽天ポイントギフトカードを現金化するには?換金する4つの方法

楽天ポイントギフトカードを換金するには、おもに4つの手段があります。

楽天ポイントギフトカードを現金する方法4選

どの方法でも、不要な楽天ポイントギフトカードを現金できます。おすすめの方法は、申込みだけで当日中に高額に換金できる専門のギフト券買取サイトを利用することです。

楽天ポイントギフトカードを換金する方法のそれぞれの手段のメリットとデメリットを解説していきます。

ギフト券買取サイトで楽天ポイントギフトカードを換金

ギフトグレース-楽天ポイントギフトカード-換金-買取

商品券の売買といえば、街の金券ショップで行うのが一般的です。図書券やビール券、デパートの商品券など様々な種類の金券の買取や販売に対応しています。

ですが楽天ポイントギフトカードは、金券ショップでは買取を行っていません。金券ショップの店舗では販売してもいません。楽天ポイントギフトカード自体の取り扱いがありません。

楽天ポイントギフトカードだけでなく、amazonギフト券やiTunesカード、Google Playギフトカードなど、コンビニで購入できる電子ギフト券全般の買取りに対応していません。

参考:「amazonギフト券は金券ショップ(店舗)で換金できる?買取サイトと徹底比較!

金券ショップで買取をしていない電子ギフト券ですが、専門のギフト券買取サイトで換金できます。

電子ギフト券のなかでも、amazonギフト券は流通量が多く、非常に人気があります。主にギフト券買取サイトは、amazonギフト券の買取を専門に行なっています。

ですが一部の優良なamazonギフト券買取サイトは、楽天ポイントギフトカードの買取に対応しています。

ギフト券買取サイトは、金券ショップと違っって訪問する必要がありません。Web上の申込みだけで楽天ポイントギフトカードを換金できます。申し込むと、即日中に買取金額が、振込先に指定した口座へ振り込まれます。

楽天ポイントギフトカードは、amazonと双璧をなす通販サイトの楽天市場で買い物ができる商品券です。ギフト券買取サイトでの買取率も高めに設定されています。

>>楽天ポイントギフトカードを換金できる買取サイトの詳細へ

(ページ下部の該当箇所へスクロールします↓↓)

ギフト券買取サイト「ギフトグレース」は、24時間営業・手数料無料で高額買取中!
>>ギフトグレースの公式サイトを確認する

ギフト券売買サイトに出品して販売

ギフト券売買サイト「amaten(アマテン)」の公式ページ

ギフト券売買サイトは、楽天ポイントギフトカードやamazonギフト券、iTunesカードなど多くの電子ギフト券の販売や購入がインターネット上でできるサービスです。

割安でギフト券を購入したいユーザーと少しでも高く売りたいユーザーをマッチングさせています。

メルカリやラクマなどフリマサイト(アプリ)の電子ギフト券の売買に特化したサービスと考えておけば問題ありません。
※メルカリなどのフリマアプリは、規約でギフト券の出品を禁止しています。

ギフト券売買サイトで換金するメリットは、出品時の販売価格を自分で決められることです。好きな値段をつけられるので、ほとんど定価で換金できる場合もありえます。

デメリットは、出品に手間がかかること、売れるまで時間がかかる(当日~1週間くらい)こと、出品には手数料がかかることです。

楽天ポイントギフトカードの売買サイトでの相場は約90%です。ギフト券の売買では、販売価格が主な購入基準。同じ商品なら安いほうが良いですからね。他のユーザーもギフト券を出品しています。他のギフト券より高い価格に設定すると、売れません。

売買サイトに出品して、楽天ポイントギフトカードを販売できたとしても、販売金額がそのまま換金額にはなりません。売れた金額から手数料が差し引かれます。

ギフト券売買サイトには2種類の手数料が発生します。出品手数料(※1)と出金手数料(※2)です。

ギフト券売買サイトで必要な2つの手数料
※1)出品手数料
出品したギフト券の額面金額に対して、数%を手数料として支払います。出品しても売れなければ、出品手数料は発生しません。優良なギフト券売買サイトで約2%が平均値です。出品手数料が無料や2%より低いなら要注意です。手数料を抑えて、利用者を増やそうとしています。そのような売買サイトは、過疎化しているはずです。出品しても、さっぱり売れません。
※2)出金手数料
ギフト券売買サイトで販売できたギフト券の代金の引き出しにかかる手数料です。売買サイトによって金額は変わりますが、300円前後が相場になっています。

ギフト券売買サイトでの換金額を見積もりました

楽天ポイントギフトカードをギフト券売買サイトで出品して換金すると、いくらになるのかシミュレーションしました。

ギフト券売買サイトでの楽天ポイントギフトカードの平均的な相場は、額面金額の90%前後です。この価格帯の出品が多く、これい以上の値段で出品しても売れにくくなります。

90%の利率で5千円・1万円・5万円の楽天ポイントギフトカードを出品した場合の換金額を計算しました。

5千円分の楽天ポイントギフトカードを90%で出品した場合の換金額の例
4,500円(5,000円 ✕ 90%) -100円(出品手数料:2%) – 300円(出金手数料) = 4,100円(実質買取率82%)
1万円分の楽天ポイントギフトカードを90%で出品した場合の換金額の例
9,000円(5,000円 ✕ 90%) -200円(出品手数料:2%) – 300円(出金手数料) = 8,500円(実質買取率85%)
5万円分の楽天ポイントギフトカードを90%で出品した場合の換金額の例
45,000円(5,000円 ✕ 90%) -1,000円(出品手数料:2%) – 300円(出金手数料) = 43,700円(実質買取率87%)

優良なギフト券買取サイトの買取率の相場は約85%です。5万円までの楽天ポイントギフトカードの換金なら、買取率の高さや手間の少なさ、現金化までの時間の短さから買取サイトの利用が最適です。

楽天ポイントギフトカードは便利なギフト券なのですが、amazonギフト券と比較して流通量は少し劣ります。それでも、利用者が多く売れやすい人気のギフト券売買サイトをまとめました。

>>楽天ポイントギフトカードを出品できる売買サイトBEST3へ
(ページ下部のランキングへスクロールします↓↓)

オークションサイトに出品して現金化

ヤフオクやモバオクといったオークションサイトに出品して換金する方法です。ヤフオクなどでは、楽天ポイントギフトカードを出品して販売できます。

出品される価格は、最低落札価格を定価(額面価格)から10%前後の値引きをしているケースが目立ちます。過去の落札履歴を見ても、1割引なら入札があり落札されています。

ただしオークションサイトで楽天ポイントギフトカードを販売できても、落札価格の約10%の手数料が別途発生してしまいます。

額面の90%で楽天ポイントギフトカードが売れても、手数料の10%を差し引くと実質約80%の換金率です。1万円分の楽天ポイントギフトカードが9千円(換金率90%)で売れても、約10%の手数料によって手元に残るのは8千円(実質換金率80%)になります。

さらに、商品の写真撮影や掲載する紹介文の作成、初めてなら利用者登録も必要です。

普段からオークションへ出品しているならいいのかもしれません。ですが、初めてオークションへ出品するなら、面倒で割に合わないです。他の換金手段を検討したほうが損しません。

メルカリやラクマなどのフリマサイト(アプリ)では、楽天ポイントギフトカードは出品できません

フリマアプリでは、自分で価格を決めて好きな商品を出品・販売できる便利なサービスです。メルカリを見ると、本当に様々な商品が出品されています。

フリマアプリでも楽天ポイントギフトカードを出品できればいいのですが。残念ながら、メルカリやラクマといったフリマアプリでの金券類の出品は利用規約で禁止されています。

楽天ポイントギフトカードだけでなく、amazonギフト券やiTunesカード、Google Playギフトカードなど電子金券の出品と購入はできません。

過去の履歴を確認すると、出品されていたこともあったようです。ですが現在は、全面的に禁止されています。

大黒屋など金券ショップの店舗では、楽天ポイントギフトカードの取り扱っていません

金券ショップ

やはり商品券を売るといえば、金券ショップが真っ先に思い浮かびます。

残念ながら金券ショップの店舗では、楽天ポイントギフトカードの買取を行っていません。買取と販売のどちらにも対応していません。

東京や神奈川などに複数の店舗がある大黒屋やアクセスチケットといった大手の金券ショップでも楽天ポイントギフトカードを取り扱っていません。

金券ショップでは、実物の紙券がある商品券やチケットしか売買できません。

楽天ポイントギフトカードは、コンビニやドラックストアなどの店舗で購入できます。店舗では、プラスティックのカードを購入します。ただし、大切なのはプラスティックのカードではなく、スクラッチを削ると記載のあるコード番号です。

このコード番号は、購入時にレジで代金を払って、有効にする処理(アクティベイト)をしないと使えるようになりません。

使えるカードなのか判断するには、楽天のアカウントにチャージしなければなりません。チャージしてしまうと、そのカードは再利用できません。盗品を買い取ってしまう可能性もあるため、ギフト券が有効かどうかの確認は絶対に必要です。

楽天ポイントギフトカードは、買取時に有効かどうか判断する必要があります。確認には、アカウントへのチャージが必要です。チャージした楽天ポイントギフトカードは使えなくなります。

このような事情で、楽天ポイントギフトカードは金券ショップの店舗で取り扱っていません。同じように、amazonギフト券やiTunesカードなどの電子ギフト券も金券ショップで売買できません。

参考:「amazonギフト券は金券ショップ(店舗)で換金できる?買取サイトと徹底比較!

楽天のアカウントにチャージした楽天ポイントギフトカードを換金するには?

楽天ポイントギフトカードは楽天のアカウントに登録すると、現金にはできません。ですが、楽天のアカウントにある残金を現金に精算する方法があります。

楽天市場で購入できる商品の中には、換金率の高い商品があります。アカウントにチャージされた残金で商品を購入して転売しましょう。

おすすめの商品は、iTunesカードです。ビール券やゲーム機も換金率が高いです。金額にあわせて商品を購入しましょう。

iTunesカードなど電子ギフト券を購入してギフト券買取サイトや売買サイトで換金

取り扱いしている種類はすくないですが、楽天ではiTunesカードなどの電子ギフト券を購入できます。

購入したiTunesカードは、ギフト券買取サイトや売買サイトで換金できます。メリットは、自宅にいながらインターネット上で換金できる手軽さです。買取率も高く簡単なのでおすすめの方法です。

参考:「iTunesカードを換金する3つの方法とおすすめの買取サイトBEST3

ビール券など商品券を購入して金券ショップで換金

ビール券

楽天には、ビール券が販売されています。ビール券は、金券ショップで売買されています。

楽天ポイントギフトカードは、金券ショップで扱っていませんが、ビール券の買取には対応しています。

デメリットは、商品券の販売価格が定価より約2割も高くなり、別途送料も発生することです。楽天でのビール券の販売価格と金券ショップでの買取率を考えると、70%〜80%の換金率になります。

PS4などゲーム機を購入して中古ショップで換金

ゲームソフト、ゲーム機本体は高価買取

楽天では、ゲーム関連の商品も販売されています。PS4(プレイステーション4)やNintendo Switchといったゲーム機本体は、換金率が高めです。

ゲオやブックオフ、ツタヤなど買取に対応して店舗も多く換金しやすいというメリットがあります。デメリットは、ゲーム機1台あたりの単価が高く、多額のポイントや残金が必要な点です。

ゲーム機の買取率は、店舗によりますが約70%となります。

楽天ポイントギフトカードを高額買取しています。
>>公式サイトでギフトグレースの買取率を確認する

楽天ポイントギフトカードの買取に対応しているおすすめの買取サイト

インターネット上でギフト券の買取を行う業者は数多く存在します。ほとんどの業者は、amazonギフト券の買取しかしていません。

一部のamazonギフト券買取サイトは、amazonギフト券以外にiTunesカードやGoogle Playギフトカード、楽天ポイントギフトカードの買取に対応しています。

楽天ポイントギフトカードの買取に対応したギフト券買取サイトで、買取率が高く、振込時間の早いという条件で探すと「ギフトグレース」がベストな選択肢になります。

ギフトグレース

ギフトグレース-楽天ポイントギフトカード-換金-買取

ギフトグレースは、買取率が非常に高く振込時間も早いと評判の良いギフト券買取サイトです。

楽天ポイントギフトカードだけでなく、amazonギフト券とiTunesカード、Google Playギフトカードの買取にも対応しています。

日曜日が定休日で、土曜日や平日、祝祭日も日曜日でなければ24時間営業でいつでも楽天ポイントギフトカードを換金できます。

「1,500円 / 3,000円 / 5,000円 / 1万円 / 1万5千円 / 2万円」の6種類の楽天ポイントギフトカードの買取に対応しています。

手数料は基本的に無料です。ですが、買取を申込むギフト券の額面総額が合計で1万円未満だと、216円の振込手数料が発生します。

ギフトグレースは、初回の買取率を特に高く設定しています。2回目以降は、振込までの時間によるプランの選択とギフト券の額面金額によって買取率が変わります。初回も2回目以降も他の換金手段と比較して、高い換金率で楽天ポイントギフトカードを換金できます。

参考:「ギフトグレースの詳細について

>>ギフトグレースの公式サイトを確認する

楽天ポイントギフトカードの換金に買取サイトがおすすめな理由3選

楽天ポイントギフトカードに買取サイトを利用すると、ギフト券売買サイトやオークションサイトなどの手段と比較して多くのメリットがあります。

買取サイトを利用する3つの利点
    • 即日の買取
    • 安心と安全性
    • 高換金率

ただし、買取業者をしっかり選ばないと、メリットを活かせません。紹介したギフトグレースは、楽天ポイントギフトカードの買取に対応した唯一の優良なギフト券買取サイトです。

簡単な申込みだけで、楽天ポイントギフトカードを即日換金できる

ヤフオクやギフト券売買サイトを使って楽天ポイントギフトカードを換金しようとすると、利用登録、価格設定、出品、購入者が現れるのと待つ・・・など多くの手間がかかります。ギフト券が売れて手元に現金が手に入るまで時間もかかります。

ギフト券買取サイトなら、申込みだけで楽天ポイントギフトカードを換金できます。申し込みは、ネットショッピングのように名前などの必要事項を入力していくだけで完了します。

楽天ポイントギフトカードのコード番号を送信したら、換金額の入金を待つだけです。数分から数時間で、楽天ポイントギフトカードが換金できます。

安全性が高く安心して利用できる

ヤフオクなどのオークションサイトやギフト券売買サイトで出品されているギフト券は、一般のユーザーが購入します。

一部に不正なギフト券が出品されており、購入者が被害を受けることがあります。ですが、出品者も悪質な購入者によって被害を受けることがあります。悪質な購入者は、有効なはずのギフト券なのに、使えないとクレームをつけて評価を下げたり、支払いを行わなかったりします。

運営体制がしっかりとしたギフト券買取サイトは、トラブルなく円滑に楽天ポイントギフトカードを換金できます。電子ギフト券の取り扱い知識を十分に持つ専門家が、買取業務にあたっています。

参考:「amazonギフト券買取サイトを徹底比較!安全&高額換金ランキング

参考:「安全なamazonギフト券買取サイトを選ぶポイント

高額買取を行っており、手数料無料で高い換金率で楽天ポイントギフトカードを現金にできる

ギフト券買取サイトは、買取率が高く設定されており、手数料も無料か低額です。

他の換金手段だと、手数料が発生します。売買サイトやオークションサイトは、数パーセントから約10%の手数料が差し引かれてしまいます。

ギフト券買取サイトは、手数料無料か発生しても100~200円と非常に少額です。楽天ポイントギフトカードの額面金額に買取率をかけた金額が、そのまま振り込まれます。

他の換金手段より高い換金率で楽天ポイントギフトカードを現金化できます。

楽天ポイントギフトカードの換金におすすめなギフト券売買サイトは?

ギフト券売買サイトには、楽天ポイントギフトカードだけでなく豊富な種類の電子ギフト券が出品されています。

楽天ポイントギフトカードの出品数は、amazonギフト券、iTunesカード、Google Playギフトカードに次ぐ4番目くらいの位置づけです。

もしかしたら、出品しても注目されずに売れないかもしれません。ですが、出品量が少ないからチャンスでもあります。売れるかどうかは、売買サイトの選び方と価格設定、タイミングによって左右されます。

手数料が発生しますが、5万円以上の楽天ポイントギフトカードなら高い換金率で現金化できる可能性が高まります。どうしても売れるまで時間がかかるので、時間に余裕があるならおすすめです。

amaten(アマテン)

ギフト券売買サイト「amaten(アマテン)」の公式ページ

最大手のギフト券売買サイトです。利用者が最も多く、ギフト券の取扱量は国内最大です。

amaten(アマテン)のメリットは、利用者が多いので売れやすい点です。他のギフト券売買サイトと比べて、出品してから売れるまでの時間が早いです。

デメリットは、出金手数料が他の売買サイトと比較して高額な点です。出金手数料は300円が相場ですが、アマテンは499円と若干高めです。

ギフト券売買サイトを使って、早く換金したいならおすすめです。

参考:「amaten(アマテン)の詳細について

>>amaten(アマテン)の公式サイトを確認する

ベテルギフト

ギフト券売買サイト「ベテルギフト」-top

ベテルギフトは、急激に利用者数と伸ばしている注目のギフト券売買サイトです。

ベテルギフトは、ギフト券買取サイト「ギフトグレース」と同じ会社が運営しています。ギフトグレースは買取率が高い買取サイトですが、ベテルギフトも手数料を低く設定しており、高額に換金しやすいというメリットがあります。

デメリットは、アマテンと比較して利用者が少なく売れるまで時間がかかる可能性がある点です。ギフト券売買サイトで少しでも高く売りたいならおすすめです。

参考:「ベテルギフトの詳細について

>>ベテルギフトの公式サイトを確認する

ギフティッシュ(Giftissue)

ギフト券売買サイト「ギフティッシュ(giftissue)」の公式ページ

ギフティッシュ(Giftissue)もベテルギフトと同様に利用者数が増えているギフト券売買サイトです。

運営は、ギフト券買取サイトの金券買取EXと同じ会社が行っています。

ギフティッシュは、売れるまでの時間はアマテンより遅いが、ベテルギフトよりは早い傾向があります。手数料はアマテンより安く、ベテルギフトよりは高額です。

ギフト券売買サイトの中では、サービスのバランスを重視しています。電子ギフト券以外にも、航空会社の株主優待券も購入できます。

参考:「ギフティッシュの詳細について

>>ギフティッシュ(giftissue)の公式サイトを確認する

「楽天ポイントギフトカードが換金できるベストな買取サイトと現金化する4つの方法」まとめ

楽天ポイントギフトカードを換金する方法について紹介していきました。

ギフト券買取サイトは、簡単な申込みだけで当日中に楽天ポイントギフトカードを換金できます。買取率は日によって変動しますが、85%前後で推移しています。

ギフト券売買サイトは、値段を自由に決められるというメリットがあります。ですが、手数料が発生しますし、高い価格で出品しても売れません。特に少額なギフト券だと、手数料が換金額をかなり圧迫します。額面が5万円以上なら、ギフト券売買サイトを検討する価値があるといった印象です。

どの換金手段にもメリットとデメリットがあります。ご自身の状況や楽天ポイントギフトカードの額面金額、緊急度に応じて最適な方法を検討してください。

年中無休・24時間営業・高額買取
>>ギフトグレースの公式サイトを確認する

▼▼▼最新の買取率はこちらで確認

補足

楽天ポイントギフトカードと楽天ポイントカードは違います

楽天ポイントギフトカードと楽天ポイントカードは、別物です。楽天ポイントカードは、ギフト券買取サイトやギフト券売買サイトでは換金できません。

楽天ポイントギフトカード
ポイントを追加でチャージするためのカードです。欲しいポイント分を購入できます。楽天のアカウントにチャージすれば、一気にアカウント内のポイントが加算されます。ポイントを使えば、楽天で買い物ができます。
楽天ポイントギフトカードの換金にはギフト券買取サイトの利用が便利です。
>>楽天ポイントギフトカードを換金できる買取サイトの詳細へ
(ページ上部の該当箇所へスクロールします↑↑)

楽天ポイントカード
ポイントを貯めるためのカードです。買い物などでポイントカードを提示すると、ポイントが加算されます。貯まったポイントは、楽天市場など楽天のサービスで利用できます。
楽天ポイントを現金化するなら、ポイントで換金率の高い商品を購入しましょう。
>>楽天ポイントギフトカードで購入できる換金率の高い商品について
(ページ上部の該当箇所へスクロールします↑↑)

追記

楽天ポイントギフトカードを安く購入する方法

楽天ポイントギフトカードは、コンビニなどの店舗で販売されています。ですが、購入は1ポイント1円の定価でしかできません。まれにキャンペーンでポイントが加算されることがありますが、決まった時期に行わるわけではありません。

ですが、楽天ポイントギフトカードを安く購入する方法があります。ギフト券売買サイトを利用すれば、定価より約1割引きの価格で購入できます。

楽天ポイントギフトカードの割引購入におすすめなギフト券売買サイトBEST3

楽天ポイントギフトカードを出品して換金する場合には、アマテン→ベテルギフトベテルギフト→ギフティッシュの順でおすすめです。

ですが、楽天ポイントギフトカードを安く購入するなら順位が変わります。ギフト券の価格はどこも大差がありません。売買サイトによって変わるというより、購入するタイミングによって変動する傾向が強いです。

購入時に気をつけるのは、保証の部分です。売買サイトで購入したギフト券は、非常に1%以下の確率ですが、使用できないギフト券が紛れています。万が一、使えないギフト券を購入してしまった際、しっかりと返金や返品してくれる売買サイトで購入しましょう。

購入に適したギフト券売買サイトは、ベテルギフトかギフティッシュのどちらかがおすすめです。どちらも購入後、30日以内なら使えない不正ギフト券に対して返金保証があります。

とくにベテルギフトは、使えないギフト券の出品される確率が最も低いです。出品されているギフト券の数は、ギフティッシュと比べて少ないかもしれません。ですが、売れ筋のギフト券はしっかりと出品されています。安く安全に購入したいなら、一度ベテルギフトの公式サイトを確認してみてください。

>>ベテルギフトの詳細を確認する
(クリックすると、ページ上部の該当箇所へスクロールします↑↑)

>>ギフティッシュの詳細を確認する
(クリックすると、ページ上部の該当箇所へスクロールします↑↑)