amazonギフト券は買取サイトで換金!金券ショップと徹底比較!

不要なamazonギフト券を換金したい、急に現金が必要になったなど状況でamazonギフト券の買取先を探しているなら、専門買取サイトの利用がおすすめです。

amazonは様々な商品が購入できるので、他の商品券と比較しても人気があります。ですが、ほとんどの金券ショップでは買取に対応していません。

アマゾンギフト券を高い買取率で換金するなら、優良買取サイトが最も良い選択になります。

店頭での買取りと買取サイトを比較し、「アマゾンギフト券を売りたい」あなたにとって最適な方法を提案します。

目次

買取サイトと金券ショップどちらでamazonギフト券を売るのがお得?

amazonギフト券は電子金券と言われ、ビール券や図書券と違い実際のチケットは不要です。

コンビニでamazonギフト券を購入すると、カードと現金を交換します。ですが、カード自体には価値はありません。スクラッチの中に記載された番号が大切です。

この番号をamazonのユーザーアカウントに登録することで、amazonで買い物が出来るようになります。

金額をチャージしたアマゾンギフト券の番号さえあれば、金券としての効力はあります。

ビール券や図書券、QUOカードなどの商品券の換金は、金券ショップの店頭にチケットを持参して現金にするのが一般的です。

ですがamazonギフト券は、購入から利用まで基本的にネット上で完結します。

その手軽さゆえに、amazonギフト券の現金化は専門の買取サイトで行うのが主流になっています。

amazonギフト券を金券ショップで換金したい

駅前や繁華街にある街の金券ショップではamazonギフト券の取扱をしていません。買取も販売もしていません。

東京では、大黒屋やアクセスチケットなど複数店舗を構える金券ショップでも同様です。

ですが、国内で数か所だけ店頭でのamazonギフト券の買取を行っている店舗があります。

金券ショップと買取サイトのそれぞれの利点と不便な点を紹介していきます。

金券ショップのメリット・安全性の高さ

買取サイトと比較した場合ですが、対面でアマゾンギフト券の買取を申し込めるので安心感があります。

買取サイトの中は、ネットで完結する手軽さから優良なサイトから悪質なサイトまで様々業者が乱立しています。その中で、買取サイトのホームページで良し悪しを判断するのは至難の技です。

店舗の一番のメリットはやはり、店員さんと会って直接取引できることですね。

買取サイトでは誰とも会わずに、申込みを行います。初めて使うサイトだと、不安を感じます。

その他にも、その場で現金が手に入るので振込手数料が発生しないのもメリットです。

金券ショップのデメリット1・買取価格(換金率)が低い

金券ショップを使用して換金する際に、大きなデメリットがふたつあります。

まずひとつ目のデメリットは換金率が低いことです。

安心感は大切ですが、現金化の利率が低ければ換金する気にもなりませんよね。amazonギフト券を店頭で換金する際の買取率は80%程度です。

amazonギフト券買取サイトでは、初回90〜93%での買取率で現金化が可能です。

金券ショップは買い取った金券を店頭で販売することによって利益を出します。売れにくい商品券は買い取っても儲からないので買取率は低くなります。

高額なギフト券だと購入者も減るため、額面金額1万円以上のamazonギフト券の買取率は低くなります。

amazonギフト券買取サイトだと、ギフト券が高額なほど買取率は高くなります。

デメリット2・対応している ギフト券の種類が少ない

amazonギフト券には8種類ありあます。どれも、amazonで利用可能なギフト券という点は変わりませんが、購入場所とギフト券の形状が違います。

amazonのサイトで購入するタイプ
・Eメールタイプ・・指定のアドレスにギフト券を送付。送信時にメッセージや画像を添付できる。金額は、15円〜50万円の範囲から1円単位で選択。

・印刷タイプ・・・プレゼント用。PDF形式のギフト券。PDFを印刷してプレゼント。金額は、15円〜50万円の範囲から1円単位で選択。

・グリーティングタイプ・・・プレゼント用。カード・台紙・専用封筒が付属してあります。金額は、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円、30,000円、50,000円から選択。

・ボックスタイプ・・・プレゼント用。プラスチック製のギフトカードにギフト用のボックスが付属。金額は、5,000円、10,000円、30,000円、50,000円から選択。

・チャージタイプ・・・購入すると自分のアカウントに自動でチャージされる。金額は、15円〜50万円の範囲から1円単位で選択。

携帯電話のキャリア決済で購入できるamazonギフト券
・コードタイプ・・・携帯電話の料金と一緒に支払います。ドコモとauで購入可能。「WebMoney PINCOM」のサイトから購入します。auとdocomoの携帯なら支払い可能。softbankは非対応。通称PINCOMタイプとも呼ばれています。

コンビニで購入できるamazonギフト券
・カードタイプ・・・お店にある金額ごとのカードをレジで購入。金額は、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、25,000円から選択。

・シートタイプ・・・お店にある端末で購入手続きして、レジで支払い。金額は、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、バリアブルカードから選択。

※バリアブルカード:1,500円〜50,000円の範囲で1円単位で金額を指定して購入できるカード。

金券ショップで店頭買取が可能なのは、7種類のうちカードタイプが主流です。ほとんどの店舗では、その他の種類の買取には対応していません。

カードタイプ以外だと、しっかりとした現物がないため店頭販売しにくいからです。

実物がないとお店で販売できないですからね。買いに来たお客さんにギフト券の番号を書いたメモを売るわけにもいきませんしね。

お店によりますが、裏面のスクラッチを削ってしまうと買取してもらえないことがあります。

デメリット3・ほとんどの店舗で紙の商品券の買取しか対応していない

金券ショップのお店は、首都圏や各都市の駅前や繁華街に行けば見つかります。ですが、amazonギフト券を取り扱っている店舗はほとんどありません。

数が少ない理由としては、amazonギフト券は図書券やQUOカードなどと違い現物がありません。

そのギフト券が有効かどうかは、amazonのユーザーアカウントにギフト券の番号を入力しなければなりません。そして、入力すると登録ユーザー以外に使用することはできません。

そういった取り扱いの難しさから、店舗では買取を敬遠しがちです。

スクラッチを削っていないカードタイプの買取を行っているのは、有効な確率がほぼ100%だからです。

もし有効でなければ、そのカードは盗品ですからね。金券ショップでは買取時に、本人確認のため身分証の提示が求められます。身分証を提示して、盗品の買取依頼をする人はなかなかいませんよね。

amazonギフト券の買取に対応している金券ショップはどこ?

路面店での取扱実績がある金券ショップは、まだまだ少ないのが現状です。

以下に、店頭でamazonギフト券の買取を行っている店舗のリストを掲載します。

買取率などの買取条件は日々変動しています。店舗への販売を検討しているなら、事前に問い合わせを行った方が確実です。

  • アマゾンギフト新宿西口店(東京・新宿)
  • ギフトザウルス(神奈川・横浜)
  • アイギフト(大阪・梅田)
  • 大阪買取コム なんば店(大阪)
  • 買取の殿堂プレミアム生駒本店(奈良)

どこの金券ショップでも売れ筋ではないのか、amazonギフト券の買取に力を入れていない様子でした。

あなたの街の金券ショップでも告知していないだけで、amazonギフト券の買取を行っているかもしれません。

どうしても店頭での換金が希望なら、掲載の店舗に行くか近所の金券ショップに問い合わせてみましょう。

また、アマゾンで購入できるビール券やJCBギフトカードなどの商品券を購入して金券ショップで換金する方法もあります。

ですが、みんな考えることは同じでアマゾンで購入価格は、商品券の額面金額より割高になります。好条件での現金化が難しいです。

amazonギフト券を買取サイトで換金したい

アマゾンギフト券の買取を店頭で行っている金券ショップは非常に少ないです。

金券ショップは、全国に1000店舗以上もあります。ですが、アマゾンギフト券を扱っている店舗は数10件でしょう。

現在、アマゾンギフト券の換金は、店舗ではなく専門のamazonギフト券買取サイトで行うのが一般的です。

買取サイトのメリット1・買取価格(換金率)が高い

アマゾンギフト券買取サイトは、金券ショップより高い買取率で現金化できます。
金券ショップでの買取率が80%程度なのに対し、買取サイトでは85%が平均的な買取率です。

さらに当サイトで紹介している買取サイトでは、90%以上での換金が可能です。

優良サイトの選び方を後で説明しますが、高すぎる買取率(95%以上)は疑って下さい。なにか問題がある可能性が高いです。

買取サイトのメリット2・どこでもamazonギフト券を現金化できる

金券ショップにチケットを売る場合には、直接お店に訪問する必要があります。amazonギフト券を買い取りできる店舗は少ないので、遠方に住んでいれば大変な手間です。

買取サイトなら、ネット上で手続きが終了します。自宅で換金できる手軽さがあります。

買取サイトのデメリット・安全性が低い?

買取サイトの利用を迷っているあなたの心配は、安全性が確認できないことにあるのではないでしょうか?

金券ショップでは、店員さんと直接会って申込むので安心感があります。さらに、取引後にはすぐに現金を受け取れます。

ですが、amazonギフト券買取サイトでは、誰とも会わずに手続きが進んでいきます。さらに、ギフト券の番号を買取サイトに送ってから買取金額の入金までタイムラグがあるので不安になります。

実際に、振込まれない、買取額がサイト内の表示より低い、というような事例はたくさんあります。

ただし、正しい業者選定の方法を知れば騙される心配はありません。

金券ショップと比較して買取サイトがおすすめな理由

amazonギフト券を換金するなら

  • 買取率が90%以上
  • ネットで取引だから、どこでも申し込みできる
  • カードの種類によらず買取できる

すべて、金券ショップでは対応していない買取サイト独自の強みです。

買取サイトのデメリットとして考えられる、ネット上での取引に対する不安さえなければ使わない理由はありません。

優良買取サイトを選ぶ3つのポイント

お得なこと嫌がる人はいません。損することを好む人もいません。
人間は、得することより損をしない方を好む傾向のある生き物だそうです。リスクを嫌うのですね。

もちろん、amazonギフト券買取サイトも同様に、しっかりしたサイトを選ばないと損をします。

、高価買取を行う優良サイトもあります。正しい買取サイトを見極めるチェックポイントを3つ紹介します。

1.安全性が高い・安心して取引できる

詐欺
amazonギフト券買取サイトは100以上あると言われています。その中には悪質なサイトもあります。

詐欺サイトは、悪評が立つとサイトを閉鎖して名前を変えて営業を再開します。店舗を持たないが故に、悪い意味で軽快なフットワークです。

さらに悪質サイトは、複数の買取サイトを同時運営することでリスクヘッジしています。どれかがだめでも良いやの考えですね。

安全性が高いサイトを探すためには、買取サイトの運営者情報か会社案内を確認します。

  • 法人が運営している
  • 古物商の許可番号を表記している
  • 正しい所在地の住所を掲載している

この3点があれば、安全に取引出来るamazonギフト券買取サイトとして考えて大丈夫です。

1-1.法人が運営している

運営者情報のページにしっかりと会社名が表記されているか確認します。多くの買取サイトでは、サイト名をそのまま運営会社名としています。

実店舗のある金券ショップなら問題ないのですが、ネット上でやり取りをするだと不安が残ります。

サイト名なんて、数分の手間で変更できますからね。

1-2.古物商の許可番号を表記している

アマゾンギフト券のような商品券は金券と呼ばれ、買取には公正取引委員会の許可が必要です。

各都道府県の許可を受けると、認可を表す許可番号が発行されます。優良サイトでは、古物商の許可番号を必ず掲示しています。

サイトに古物商許可番号を掲載していない買取サイトは無許可営業の恐れがあります。

1-3.正しい所在地の住所を掲載している

住所も重要です。amazonギフト券買取サイトはネット上で完結するため訪問する必要はありません。

ネット取引特有の事情から、住所の表記をいい加減に行っている買取サイトがたくさんあります。

住所が空き地や駅、役所のような公共施設、実在しない地名を表記しているなど様々です。

非常に無責任な表記です。こういったサイトは、いい加減な対応をしてくる可能性が高いです。失敗したら逃げればいいですからね。所在地が分からなければ、追いかけるのも難しいですからね。

2.買取率が高い・90%以上

安全面をクリアしたら、買取率を確認しましょう。安全に利用できても買取金額が少なかったら無意味ですからね。

買取率の平均は、約85%です。初回キャンペーンを行っている買取サイトだと90%を超えるサイトもいくつかあります。

毎日買取率は変動しますが、初回利用で90%〜93%であれば申込みしても損ではありません。初回で90%を下回っていれば他の買取サイトも検討してみましょう。

継続して利用を考えているならば、買取率85%〜89%の業者を選びましょう。

amazonギフト券の額面金額や申込み日時によって、買取率は変動します。申込み前に最新の買取率を確認するようにするのが賢い方法です。

買取率を見る場合の注意点としては、95%や96%の買取率を表記しているサイトは疑いましょう。

この買取率だと買取サイトも儲からないのでやる意味がないです。不当な手数料の発生や条件付き(100万円以上の申込み)の買取率など、裏がある可能性が高いです。

安全面を確認して大丈夫だった買取サイトは、怪しい買取率の表記をしていません。

3.手数料が明瞭な料金体系

amazonギフト券の買取りが成立した後、お金は申込時に指定した口座に振込まれます。

一般的に違う銀行同士の振込み手続きだと、振込手数料が発生します。買取サイトが負担してくれるのが最高なのですが、振込手数料が無料な買取サイトだと、買取率が低い傾向があります。

買取サイトを選ぶ際には、買取率と手数料を確認して実際の振込金額を計算してみてください。

最も確実なのは、買取時に振込み金額を申込み前に問い合わせることです。買取率でなく振込金額を質問して下さい。

真面目なサイトだと、手数料をしっかりと表記しています。

一方、悪質なサイトは、手数料が未表記や表記が目立たないように隠しています。

未表記は詐欺なので論外ですが、サイト内の片隅に手数料を小さい文字で目立たない文字色で隅の方に掲載しているずるいサイトもあります。

やれ消費税だの手間賃だの円高など色々な理由があるようですが、サイトに表記しておけば済む話なので出来ていない所は利用しないようにしましょう。

不当な手数料がかかるサイトかどうかは利用してみないと分かりません。ですが、運営者情報に不明点がある、買取率が95%以上なら利用を控えれば詐欺サイトには引っかかりません。

おすすめのamazonギフト券買取サイトBEST3を紹介

数あるamazonギフト券買取サイトの中で、当サイトで特におすすめしているサイトを紹介します。

どのサイトも、優良サイトの選定基準をすべてクリアしています。この中からあなたの用途に応じてサイトを選べば、安心して高額な換金を行えます。

amazonギフト券買取サイトおすすめ第1位 買取ボブ

おすすめ度:

  • 3,000円〜買取OK
  • 初回買取率90%以上
  • 振込手数料無料
  • 24時間営業

まず、amazonギフト券を換金したいなら選んで間違いのない買取サイトです。実店舗もある法人が運営しており、実績と安心感があります。
振込までの時間をリアルタイムで表示している唯一の買取サイトです。高換金率で時間も読みやすく非常に使いやすい業者です。

詳細はこちら

公式サイトはこちら


amazonギフト券買取サイトおすすめ第2位 アマテラ(amatera.co.jp)

おすすめ度:

  • 初回買取率90%以上
  • 振込手数料無料
  • 24時時間年中無休

老舗のamazonギフト券買取サイトです。初回の買取率が高額なのが特徴です。さらに、振込手数料が無料なのもポイントが高いです。24時間年中無休なので、急な換金にも対応しています。

詳細はこちら

公式サイトはこちら


amazonギフト券買取サイトおすすめ第3位 ギフト券買取ウィング

おすすめ度:

  • 身分証の提示は不要
  • 2回目以降も高買取率
  • 3万円以上振込手数料無料

ギフト券買取ウィングは携帯電話のSNS認証で本人確認を行うため、身分証の提示は不要です。2回目以降も買取率が高いのが特徴です。特に3万円以上の申込みなら、手数料は無料です。高換金率での現金化できます。

詳細はこちら

公式サイトはこちら


第4位 金券買取EX

おすすめ度:



  • 初回買取率90%以上
  • 1,000円〜買取OK
  • 24時まで即日振り込み

初回、2回目以降ともに高買取率のサイトです。急ぎや深夜帯では振込手数料が発生しますが、丁寧・親切な対応で安心して利用できます。

詳細はこちら

公式サイトはこちら

※どのamazonギフト券買取サイトでも、買取率は毎日変動しています。数10%の大きな変動はありませんが、1〜3%程度は変動します。各サイトの買取率をチェックしてから申し込むと損しません。

基本的なamazonギフト券買取サイトの利用方法

買取サイトでamazonギフト券を売るなら申し込み手続きが必要です。基本的には申込みから振込まで同じ流れで進行します。

買取り成立までの4ステップ
1. サイト内で申込み
2. 身分証の提示
3. amazonギフト券情報の送信
4. 入金確認

amazonギフト券をはじめて売るなら、注意点を解説しているので参考にして下さい。

1.買取サイト内の申込みフォームに記載して送信

各サイトには申込みフォームがあります。必要事項を明記して送信してください。

ゆうちょ銀行やネットバンク(楽天銀行・住信SBIネット銀行・ジャパンネット銀行)を振り込み先に指定していると、振込手数料安くなったり振込時時間が早くなる買取サイトが多いです。

事前にサービス内容を確認しておきましょう。

2.本人確認のため身分証の写真を添付してメール送信

申込みフォームから基本情報を送信後、買取サイト側から身分証の提示を求められます。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳
  • パスポート
  • マイナンバーカード

いずれかの身分証を写真に撮影し、買取サイトに送信します。

もし、該当する身分証がなければ買取サイトに確認しましょう。各サイト対応は違いますが、他の書類で代用できるケースが多いです。

ですが、問い合わせが面倒ならギフト券買取ウィングでは携帯電話でSNS認証によって本人確認を行います。身分証の提示が不要なので楽に申し込みできます。

3.アマゾンギフト券番号を送信

身分証での本人確認が終了したら、amazonギフト券の情報を送信していきます。

  • ギフト券番号・・○○○○-○○○○○○-○○○○(アルファベットと数字の羅列)
  • 額面金額・・・○○円(購入したギフト券の金額)

間違えないように送りましょう。Eメールタイプのようなメールで受信するギフト券なら、そのまま番号をコピーして送ると確実ですね。

注意:ギフト券情報を送ると基本的にキャンセルできません。振り込み金額など不明点があれば、必ずギフト券情報の送信前に確認しましょう。

※安全基準を満たしたサイトなら、ホームページ内で告知している換金額と実際の振込金額に違いはありません。実際に試したので間違いないです。

4.指定口座へ買取金額の入金

amazonギフト券情報の送信後、ギフト券に問題がなければ買取金額が指定口座へ入金されます。

振り込みまでの時間は買取サイトや申込み日時によって変動します。振込金額とあわせて時間も事前に確認しておくと良いでしょう。

※当サイトでおすすめしている買取ボブでは、最新の振込時間をサイト内に掲載しています。確認が面倒なら便利ですね。

アマゾンギフト券買取サイトのよくある質問

amazonギフト券の買取りに関してよくある疑問とその答えをまとめました。

amazonギフト券のメールタイプってなんですか?

amazonのサイト内で購入できるギフト券です。amazon内で購入してギフト券をメールで送信します。別のアドレスを持っていれば自分に送ることも可能です。

対応しているamazonギフト券の種類が知りたい

買取サイトでは、すべての種類に対応しています。しかし振込詐欺の手口が、銀行振込からコンビニ購入のカードタイプのamazonギフト券のやり取り変わっています。
その影響で、カードタイプの買取に対応していないサイトが増えてきています。

チャージタイプは換金できないの?

できる場合もあります。
購入と同時にアカウントにチャージされてしまうので、買取りサイトでの換金は難しいです。一部の買取サイトでは、アカウントの買取りにも対応しています。ですが買取金額は、通常より確実に下がります。
アカウントごと売るならアカウント内のクレジットカード情報などの個人情報は削除しましょう。

アマギフってなんですか?

アマギフト券を省略して「アマギフ」と呼びます。業界用語?でしょうか。

どうしても近くの金券ショップで換金したい

買取サイトより換金率は下がりますが、方法はあります。
アマゾンギフト券を金券ショップの店頭買取に対応している店舗はかなり少ないです。
もし近所の金券ショップで買取対応していなければ、amazonで換金率の高い商品券を購入するのが近道です。JCBギフトカードやビール券はアマゾンで購入し、金券ショップで換金しましょう。
ですがアマゾン内での商品券の販売価格は、額面金額より20〜30%高額になります。買取サイトの利用と比較して換金率は確実に落ちます。

買取サイト以外の換金方法を知りたい

換金率は下がりますが、方法はあります。
金券ショップと買取サイトを利用しないなら、amazonで換金率の高い商品を購入する方法があります。プレイステーション本体や新作ゲームソフトなどのゲーム関連の商品は換金率が高いことで有名です。amazonで購入後に近くのゲームショップに売りに行くかゲーム買取サイトで換金します。事前に高価買取の商品をチェックしてから購入しましょう。
他には、電子ギフトのマッチングサイトやオークションサイトを利用する方法もあります。どちらも、買取サイトより入金までに時間がかかりますが換金は可能です。換金率は状況しだいですが、買取サイトと同等か少し落ちるでしょう。

amzonギフト券の現金化は違法なの?

違法ではありません。もちろんバレても逮捕されません。ですが、転売目的でのamazonギフト券の購入はamazonの規約に反しています。違反がバレるとアカウントの停止措置があるようです。
ですが、アカウントが停止になったという話は聞いたことがありません。amazon側では転売について何も対応していないでしょう。さらに、転売されたギフト券かどうかを判別するのは不可能です。
全世界でamazonギフト券は販売されています。換金している人数も世界規模で見れば莫大です。気にしてもしょうがないでしょう。

amazonギフト券買取サイトの営業時間が知りたい

申込みは年中無休24時間としているサイトが多いです。ですが、電話対応などの問い合わせに対応している時間は夕方までにしているサイトがほとんどです。

本当に24時間営業なの?

申込みはweb上からなので、送るだけならいつでもできます。ですが振り込みと電話対応に24時間対応している買取サイトは少ないです。買取ボブなど少数ですね。

土曜日や日曜日、祝日、祭日の買取には対応しているの?

申込みはweb上からなので、対応可能です。ですが即時振込まれるかは買取サイトのサービス内容によります。現在、24時間365日対応しているサイトは買取ボブと他数サイトです。

体験者の口コミを知りたい

当サイトでは、実際に利用したレビューを元に優良サイトを紹介しています。ですが、その他にも買取サイトを紹介しているサイトはあるので、複合的に見て判断するのが良いのではないでしょうか。

2chやYahoo!知恵袋の評判は本当なの?

ケースバイケースです。リアルな口コミもありますが、広告目的の書き込みもあります。高評価だからヤラセということでなく、低評価でも実際は優良業者というケースもあります。本当に調べるのでしたら、様々な口コミサイトを確認して総合的に判断するしかないでしょう。当サイトは、安全に利用できることを第一に買取サイトを紹介しています。検討の参考になれば嬉しいです。

詐欺サイトってあるの?

はい。確実に存在しています。amazonギフト券買取サイトは、店舗を持たないので少ない固定費でサービスの立ち上げが可能です。店舗の代わりとして機能するホームページも簡単に作ることが出来ます。詐欺サイトは、悪評が立つとホームページを閉鎖します。その後すぐに名前を変えて新しい買取サイトを立ち上げます。いたちごっこできりがないですね。
悪質な詐欺サイトに騙されないためには、当サイトの優良買取ササイトを見極める安全基準を参考にして検討してもらうのが確実です。

95%や96%の利率は本当ですか?

ありえません。買取サイト側の儲けがなくなります。95%以上の買取率を提示していて「お客様のために赤字覚悟で」などとサイト内で言っていたら利用しないようにしましょう。買取率以外の手数料が発生するはずです。悪質な買取サイトだと買取率95%で、手数料が50%別途発生、実質換金率が45%になる買取サイトもあります。業者選びは、見かけの買取率に惑わされないように慎重に行いましょう。

振込手数料はかかるの?

申し込むamazonギフト券買取サイト次第です。
ただし、振込手数料が無料だから優良買取サイトというわけではありません。重要なのは、買取成立時に振込まれる金額です。買取サイトを検討する場合、買取率と手数料から実質の換金率を計算して申込みましょう。

例:1万円のギフト券を現金化
業者①・・・買取率90%、振込手数料300円
10,000円 ✕ 90% – 300円 = 8,700円(実質買取率87%
業者②・・・買取率89%、振込手数料無料
10,000円 ✕ 89% – 0円 = 8,900円(実質買取率89%

振込先の銀行口座について知りたい

国内の銀行口座ならどこでも対応しています。
ですが、ゆうちょ銀行かネットバンク(楽天銀行・住信SBIネット銀行・ジャパンネット銀行)のどれかを指定しているとメリットがある買取サイトが多いです。
メリットは、買取サイトによって違いますが、

  • 15時以降も即時振込
  • 早朝・深夜の振込対応
  • 土日・祝祭日の振込対応
  • 振込手数料無料

などがあります。
amazonギフト券買取サイトを確認すると振込先金融機関についての説明があるはずです。申込み前に確認しておきましょう。

まとめamazonギフト券の買取について

amazonギフト券を、金券ショップで換金するのは様々な条件があり、難易度が高い割にメリットが少ないです。

もし、余ったギフト券があれば買取サイトがおすすめです。悪質な買取サイトもあります。ですが、安心して使える高換金率な優良amazonギフト券買取サイトもあります。

紹介した優良買取サイトの基準を参考にするか、当サイトでおすすめしている「買取ボブ」などを利用すれば初めてでも安全に高額買取を実現出来ます。