amazonギフト券のEメールタイプの再送可と再送不可の違いとは?

amazonギフト券Eメールタイプの再送可と再送不可の違い

amazonギフト券買取サイトでは、ギフト券の種類によって買取率を分けている業者があります。

流通量が多いamazonギフト券は、Eメールタイプ、カードタイプ、印刷タイプの3種類です。

この3種類のamazonギフト券でも、とくに換金の需要が高いのはEメールタイプです。

amazonギフト券買取サイトのEメールタイプの買取率を確認すると、「再送可」「再送不可」と区別している場合があります。

買取サイトによっては、再送の可否によって買取率が変わります。

このページでは、amazonギフト券Eメールタイプの再送可と再送不可に関して解説していきます。

amazonギフト券Eメールタイプの再送とは

Eメールタイプのamazonギフト券を購入してプレゼントする場合、相手にEメールで送るはずです。

ですが、うまくメールが相手に届かなかったり、ギフト券情報を紛失してしまったりすることもありえます。

そんなときに、Eメールタイプのamazonギフト券なら、再びギフト券番号を再発行して送り直すことができます。

これを「再送」と呼んでいます。

再送可のamazonギフト券とは

再送可は、手持ちのamazonギフト券が再送できるギフト券のことです。

再送は、該当のamazonギフト券を購入したamazonアカウントの所有者(購入者本人)しかできません。

自分で購入したamazonギフト券は、再送できるので再送可のギフト券になります。

再送不可のamazonギフト券とは

手持ちのamazonギフト券Eメールタイプが、再送できなければ再送不可にあてはまります。

再送不可のamazonギフト券は、プレゼントとして貰ったギフト券やamazon以外のオークションやギフト券売買サイトなどで購入したEメールタイプのギフト券です。

自分でamazonから購入していなければ、再送不可のamazonギフト券になります。

Eメールタイプの再送の注意点

ただし自分で購入したamazonギフト券でも、以下の場合には再送できません。

・Eメールタイプ以外の種類
カードタイプなど他の種類のamazonギフト券は再送できません。
・アカウントへ登録済み
自分や第三者がamazonのアカウントへ登録したギフト券は再送できません。
・使用済み
再送は未使用のギフト券だけです。使用したギフト券は再送不可です。
・有効期限切れ
使用期限の過ぎたamazonギフト券は再送できません。

amazonギフト券を再送すると、もちろん再送前のギフト券のコード番号は無効になります。

再送できるamazonギフト券は、有効期限内、アカウントへ未登録、未使用のEメールタイプのギフト券に限ります。

再送の条件にあてはまるamazonギフト券は、何度でも再送できます。

Eメールタイプのamazonギフト券を再送する方法

amazonギフト券-Eメールタイプ-再送-方法

再送は、amazonへログインして行います。

再送できるamazonギフト券を購入したアカウントでamazonへログインして、「注文履歴」を選択します。

注文履歴から、再送したいAmazonギフト券の「注文の詳細」選びます。

注文の詳細にある「ステータス」から、「再送」をクリックします。

再送先のアドレスの入力欄へ進むので、amazonギフト券を送りたい先のEメールアドレスを入力してください。

「ギフト券を再送信」のボタンを押して再送すると、指定したメールアドレスあてに新しいamazonギフト券のコード番号が送信されます。

「amazonギフト券のEメールタイプの再送可と再送不可の違いとは?」まとめ

買取サイトによっては、再送可と再送不可の買取率が違うことがあります。

買取率を分けている業者では、再送不可のほうが買取率は下がる傾向にあります。

買取サイトへの申込者以外が購入したamazonギフト券は、不正ギフトの恐れがあり、業者側も警戒していると予想されます。

もし再送不可のギフト券を持っていて、amazonギフト券買取サイトの利用を検討しているのなら、再送可と再送不可の買取率が同じ業者を選ぶと損しません。

優良なamazonギフト券の買取業者は、ほとんど再送可と再送不可で換金率を変えていません。

90%以上の買取率、振込手数料無料、当日換金
>>amazonギフト券買取サイトの最新ランキングを確認する