Google Playギフトカードを現金にしたいオススメの換金方法3選と買取サイトTO3

GooglePlayギフトカードをお得に現金にする方法

換金率の高い電子ギフト券としては、amazonギフト券が有名です。

ですが最近では、グーグルプレイギフトカードやiTunesカードの流通量も増えて買取率も高くなってきています。

Google Playギフトカードは、Google Plyストアで販売されているゲームや音楽、映画、書籍などの電子コンテンツが購入できます。

ですが、景品でもらったりしたけど欲しいものがなくて現金に換金したい方もいると思います。

このページでは、Google Playギフトカードの換金方法について解説しています。

早く簡単に換金するなら買取サイト、時間に余裕があって5万円以上のGooglePlayギフトカードを換金するならオークションサイトかギフト券売買サイトの利用が適しています。

Google Playカードは、amazonでも購入できます。amazonのアカウントにある残金を現金に精算するのにも適した方法です。

Google Playギフトカードを換金する3つの方法

GooglePlayギフトカードを現金にするには、主に3種類の方法があります。

GooglePlayギフトカードを現金する方法3選

    1. amazonギフト券買取サイトで換金
    2. ギフト券売買サイトに出品
    3. オークションサイトに出品
    4. ※各換金方法をタップすると、ページ下部の詳細へジャンプします

どれかを試せば、問題なくGoogle Playギフトカードを現金にすることができます。とくにおすすめの換金方法は、買取率の高さ、換金までの時間の早さ、簡単な申し込みだけで現金化できる手軽さからamazonギフト券買取サイトの利用が便利ですね。

ギフト券買取サイト「買取ボブ」ならGoogle Playカードが買取率 81.0% で換金できます(24時間営業・手数料無料)
>>買取ボブの公式サイトを確認する

amazonギフト券買取サイトで換金する

買取サイト「買取ボブ」の公式ページ

ビール券や図書券、デパートの商品券など紙ベースの商品券の売買は、金券ショップで行われるのが一般的です。

ですが、Google Playギフトカードやamazonギフト券、iTunesカードなどインターネット上の買い物で利用する電子ギフト券は金券ショップでは買い取りしていません。

参考:「amazonギフト券は金券ショップ(店舗)で換金できる?買取サイトと徹底比較!

電子ギフト券の中でもamazonギフト券は人気が高く、換金率が高いのが特徴です。そのような背景から、インターネット上でamazonギフト券を買い取るサービスがあります。

amazonギフト券買取サイトは、金券ショップと違い店舗へ訪問する必要がありません。インターネット上で申し込めば、指定した口座に買取金額が振込まれます。

ほとんどの買取サイトでは、amazonギフト券の換金しかできません。

ですが、一部の大手のamazonギフト券買取サイトでは、GooglePlyaギフトカードの買取にも対応しています。

世界最大の通販サイトであるamazonで使えるamazonギフト券よりGoogle Playギフトカードは用途が限られます。そのため、amazonギフト券より少し買取率は下がりますが、GooglePlayギフトカードを簡単に換金できます。

>>Google Playギフトカードを換金できる買取サイトBEST3へ
(ページ下部のランキングへスクロールします)

電子ギフト券売買サイトに出品して現金化

ギフト券売買サイト「amaten(アマテン)」の公式ページ

Google Playギフトカードやamazonギフト券、iTunesカードなど様々な電子ギフト券を売買できるサービスがあります。

このような電子ギフト券売買サイトは、ギフト券を高く売りたい人と人と少しでも安く買いたい方をマッチングさせています。

メルカリやフリルのようなフリマアプリをイメージしていただければ分かりやすいと思います。
※ちなみにメルカリなどのフリマアプリでは、ギフト券の出品は禁止されています。

ギフト券売買サイトのメリットは、自分で売値を決められることです。デメリットは、出品に手間がかかる、売れるまで時間がかかる(即日~一週間)ことと手数料が発生することです。

GooglePlayカードの売買サイトでの相場は、額面金額の87%前後です。売れるかどうかは出品する価格次第です。高ければ買い手が現れず時間を無駄にしますし、安ければ損した気分になります。

利用時に注意することは、出品して販売できたとしても販売金額がそのまま貰えるわけではないことです。

出品手数料(1)と出金手数料(2)が発生します。

実際の換金額は、GooglePlayギフトカードが売れた金額から2つの手数料を差し引いた金額です。

売買サイト利用時にかかる手数料について
出品手数料とは(*1)・・・出品するギフト券の額面金額に対して一定料率でかかる手数料です。どこの売買サイトでも2%ほど発生します。出品手数料が安い売買サイトもありますが、利用者が少ない過疎化している売買サイトです。出品者がいないと成立しないので、手数料を抑えることで利用者の囲い込みに躍起になっています。出品しても全く売れない可能性があるのでオススメしません。

出金手数料とは(*2)・・・売買サイトは決済を仲介しており、売却金額を預かっています。販売金額の引き出しには手数料が発生します。売買サイトによって、手数料は変わりますが、300円前後であることが多いです。

1万円分のiTunesギフトカードを87%で出品した場合の換金額の例
(10,000円 ✕ 87%=8,700円) -200円(出品手数料:2%) – 300円(出金手数料) = 8,200円(実質買取率82%)

ギフト券の購入者数が多い人気の電子ギフト券売買サイトをまとめました。利用を検討しているなら参考にしてください。

>>Google Playギフトカードを出品できる売買サイトBEST3へ
(ページ下部のランキングへスクロールします)

オークションサイトに出品して換金する

ヤフオクやモバオクなどのオークションサイトでも、Google Playギフトカードを出品して売ることができます。

幅がありますが相場として、定価から0%~10%の割引を即決価格として設定している出品者が多いです。

落札の履歴を確認すると5%くらいの値引きだと入札者が現れているようです。

ただし、オークションに出品する場合、落札価格の約10%が手数料としてかかります。

商品の写真とを撮ったり、紹介文を作成したり、利用者登録をしたりと手間もかかります。出品に慣れている方やオークションに興味がある方でなければ、他の換金手段と比較して特に面倒という印象です。

>>ヤフオクでのGoogle Playギフトカードの出品状況を確認

>>モバオクのGoogle Playギフトカードの出品状況を確認

注意点1:メルカリなどフリマアプリはギフト券の出品ができません

フリマアプリの大手であるメルカリや楽天が運営するフリルでは、Google PlayギフトカードやiTunesカード、amazonギフト券などのギフト券の出品が禁止されています。

商品券は利用規約の中で、出品できない商品の一覧に含まれていあます。

過去の履歴を見ると、取引されていたこともあるようです。ですが今は無理になっています。

注意点2:大黒屋など金券ショップではGoogle Playギフトカードの買取に対応していない

金券ショップ

商品券の売買といえば金券ショップを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

残念ながら、街の金券ショップではGoogle Playギフトカードを換金することができません。金券ショップでは、買取も販売も行っていません。

東京近郊で多く見かける、大黒屋やアクセスチケットなどチェーン展開の大手の金券ショップでも対応していません。

金券ショップでは、取扱のあるのは実体のある紙券の商品券です。

店舗でGoogle Playギフトカードを購入してもプラスティック製のカードは手に入ります。ですが重要なのは、カードではなくスクラッチを剥がしたら現れるコード番号です。

このコード番号は、店舗で購入した時にレジで有効にする処理(アクティベイト)しないと使用できません。

仮に、盗品を金券ショップに持ち込んだとしても、お店では有効なギフト券なのか判断できないのです。

さらに、Google Playギフトカードが有効かどうかは、アカウントに登録しないと判断できません。もちろん登録後のギフト券は役目を終えて、使用できなくなります。

Google Playギフトカードは、店舗では有効かどうかすぐに判断できません。アカウントに登録すると、お店で売れなくなります。したがって、金券ショップでは取り扱いをしていません。

参考:「amazonギフト券は金券ショップ(店舗)で換金できる?買取サイトと徹底比較!

チャージタイプのamazonギフト券やamazonアカウントの残高を換金する方法

チャージタイプのamazonギフト券を購入したが、残高が余ってしまった。

amazonギフト券を誤ってamazonのアカウントに登録してしまった。

amazonのアカウントにある残高は、amazonに問い合わせても恐らく精算できません。

ですが、アカウントにある不要な残高を換金する手段がいくつかあります。

参考:「amazonギフト券の現金化10個の方法

いらないamazonにチャージされた残高を換金するのに最も簡単な方法は、Google PlayギフトカードかiTuesカードを購入して換金することです。

参考:「iTunesカードを換金する3つの方法とおすすめの買取サイトBEST3

Google Playギフトカードはamazonで購入できます

amazonで「GooglePlayギフトカード」と検索すると、様々な額面のグーグルプレイカードが出品されています。

換金したいアカウントの残高に最も近い金額のGooglePlayギフトカードを購入してください。

ただし、正規の価格より約5%〜10%割高になります。マーケットプレイスでは、出品している店舗によって同じ額面のGooglePlayギフトカードでも販売金額が違います。調べてから購入してください。

amazonでGooglePlayギフトカードを買う時に気をつけてほしいこと

amazonでGoogle Playギフトカードを購入するなら注意してほしいことがあります。

商品の中には、Google Playギフトカードの番号のみを販売している業者がいます。不正ギフト券の可能性があります。購入しても使えない恐れがあるので、購入しないでください。

ギフト券売買サイトから購入したGooglePlayギフトカードを転売している可能性があります。売買サイトで購入したギフト券には、一定の確率で使えないギフト券が混じっています。

amazonの出品ポリシーでも、番号のみをメール送信する簡易販売は禁止されています。

届くまで時間がかかりますが、カード本体を送ってくれる出品店舗から購入した方が安全です。

amazonで購入したGooglePlayギフトカードを現金に換金する方法

入手したGoogle Playカードは、このページで紹介している換金方法で現金化できます。

便利な換金方法は、web上での申し込みだけで換金できて、買取率もそこそこ高い買取サイトを利用することです。

ギフト券買取サイトでは、グーグルプレイカードとiTunesカードのどちらも同程度の買取率で換金できます。ですがたまに、買取率に差がある場合もあります。まだ手元にGooglePlayカードがないなら、ギフト券買取サイトの最新の買い取り率を確認してから購入しましょう。

例:おすすめのギフト券買取サイト「買取ボブ」の初回利用時における買取率

  • iTunesカード 80.0%
  • GooglePlayカード 81.0%

>>買取ボブの公式サイトを確認してみる

Google Playギフトカードの買取に対応している買取サイトTOP3

ネット上で電子ギフト券の買取を行う業者は数多くあります。ですがほとんどの業者は、amazonギフト券の買取しか対応していません。

数は少ないですが、高い換金率でGoogle Playギフトカードの買取を行っている業者もあります。

電子商品券の中では、amazonギフト券の次に需要が多いのがiTunesカードとGoogle Playギフトカードです。買取に対応している業者も増えてきています。

紹介している買取サイトは、私も使用して間違いの無かった優良な買取業者です。安心して申し込めます。

買取ボブ

買取サイト「買取ボブ」の公式ページ

最も大手のamzonギフト券買取サイトです。amazonギフト券だけでなく、Google PlayギフトカードとiTunesカードの買取も行っています。

紹介している買取サイトの中では、最も買取率が高く振込手数料は無料です。また、24時間営業でいつでも利用できるので助かります。

迷ったら選んで間違いのない買取サイトです。申し込みできるギフト券の最小金額が3000円です。3000円以上のGoogle Playギフトカードを持っていたら、検討の第一候補ですね。

初回の買取率が最もお得です。2回目以降は、時間に応じて買取率が変わる即日プランとゆっくりプランから選択します。振込まで時間がかかりますが、ゆっくりプランなら買取率が少し高くなります。

>>買取ボブの詳細を確認する

いまなら買取ボブでGoogle Playカードが買取率 81.0% で換金できます(24時間営業・手数料無料)
>>公式サイトを確認する

金券買取EX

買取サイト「金券買取EX」の公式ページ

金券買取EXも大手のamazonギフト券買取サイトのひとつです。amazonギフト券以外に、Google PlayギフトカードとiTunesカードを換金できます。

金券買取EXの運営元は、ギフト券売買サイトのギフティッシュも運営しています。ギフト券の取り扱いに慣れた買取業者です。

営業時間は19時までと短いですが、高い買取率でGooglePlayギフトカードを現金化できます。買取に対応しているGooglePlayギフトカードの最小額面金額は1,000円からです。ただし、1万円未満のGoogle Playギフトカードの換金は、216円の振込手数料が発生します。

>>金券買取EXの詳細を確認する

>>公式サイトで買取率を確認する

買取本舗

買取サイト「買取本舗」の公式ページ

ギフト券買取サイトでは、早くからGoogle Playギフトカードの買取を行っている買取業者です。

買取本舗は、公式サイトで買取率の詳細が確認できません。当日の詳細な買取率は問い合わせをしないと分かりません。買取ボブや金券買取EXと比較すると、すこし買取率は低くなる傾向があります。

とくに、1万円未満の買取率は70%以下と他の買取サイトより下がります。1万円以上のギフト券なら問い合わせをしてみるのもありだと思います。

24時間営業で年中無休で振込手数料が無料です。

>>買取本舗の詳細を確認する

>>公式サイトで買取率を確認する

Google Playギフトカードが売れるギフト券売買サイト3選

ギフト券売買サイトには、GooglePlayギフトカード以外にも多くの種類の電子ギフト券が売買されています。

amazonギフト券が最も活発に取引されています。Google Playギフトカードは、iTunesカードと並んで2番目に取引量の多きギフト券です。

売買サイトでは、出品者が自由に売値を決定できます。ただし、ギフト券は売値しか購入要因がありません。出品されている相場より高く値付けしても売れないです。

ギフト券売買サイトのメリットは、GooglePlayギフトカードを高く換金できる可能性があることです。

デメリットは、手数料が高額なことと売れるまで時間と手間がかかることです。

少額なギフト券がと手数料が換金額をかなり圧迫します。目安としては、5万円以上のギフト券を現金化するならおすすめの換金方法です。

amaten(アマテン)

ギフト券売買サイト「amaten(アマテン)」の公式ページ

ギフト券の売買サイトといえば、アマテンというくらい大手のマッチングサイトです。

利用者数が多く、ギフト券の取引量は日本最多です。

アマテンのメリットは、利用者すうが多いので他の売買サイトより出品してから売れるまでの時間が速いことです。

デメリットは、出金手数料(他の売買サイトは約300円)が他の売買サイトと比較して499円とやや高額なことです。

>>amaten(アマテン)の詳細を見てみる

>>公式サイトで出品状況を確認する

ベテルギフト

ギフト券売買サイト「ベテルギフト」の公式ページ

ベテルギフトは、最近急成長している売買サイトです。

ベテルギフトは、後述するギフティッシュと同様にamazonギフト券買取サイト「ギフトグレース」が運営しています。ギフトグレースは買取率が非常に高くおすすめのamazonギフト券買取サイトです。ですが、amazonギフト券以外のギフト券の買取を行っていません。

ベテルギフトは、ギフト券買取業者が運営してあるだけあり、ギフト券の売買がしやすいのが特徴です。売買サイトのデメリットである出品手数料が低額なので、換金率が高くなります。

デメリットは、amatenよりは利用者数が少ないので、売れるまで時間がかかるおそれがあることです。

ベテルギフトは、換金金額重視の方には特におすすめのギフト券売買サイトです。

>>ベテルギフトの詳細を見てみる

>>公式サイトで出品状況を確認する

ギフティッシュ(Giftissue)

ギフト券売買サイト「ギフティッシュ(giftissue)」の公式ページ

ギフティッシュも急成長しているギフト券売買サイトです。特徴は、他のギフト券売買サイトと比べるとバランスが良いことでしょうか。

利用者数は、amatenより少なくベテルギフトより多いです。出品や出金の手数料は、ベテルギフトよりは高額で、amatenよりは安いです。

バランスが良いので、売買サイト選びに迷ったら検討してください。デメリットは、売れるまではamatenより遅く、手数料はベテルギフトより高いことです。

ベテルギフト同じように、ギフティッシュも金券買取EXというamazonギフト券買取サイトを運営しています。金券買取EXは、GooglePlayギフトカードも買取しています。1000円の額面のギフト券から申し込めます。少額なGoogle Playギフトカードを手軽に換金したいならおすすめです。

>>ギフティッシュの詳細を見てみる

>>公式サイトで出品状況を確認する

「Google Playギフトカードを現金にしたいオススメの換金方法3選と買取サイトTO3」まとめ

Google Playギフトカードを換金する方法について紹介していきました。

ギフト券買取サイトは、簡単な申し込みで手軽に現金化できます。少額(1,000円)なGoogle Playギフトカードでも初回なら80%くらいで換金できます。

売買サイトは、手間はかかりますが値付けが自分でできるので、換金率が高くなる傾向があります。ただし、手数料がかかるので低額なギフト券だと換金率が下がります。

それぞれメリットとデメリットがあるので、状況にあわせて検討して下さい。

補足

Google Playギフトカードを安く買う方法とは?

今回は、Google Playギフトカードの現金化について解説しましたが、安く購入する方法もあります。

Google Playギフトカードを安く購入したいなら、ギフト券売買サイトの利用をおすすめします。

ですが、ギフト券売買サイトの利用にあたって注意点があります。

それは、利用する売買サイトの選び方です。ギフト券マッチングサイトでのGoogle Playギフトカードの販売価格は、どこのサイトでも大差はありません。タイミングが良ければ、どの売買サイトでも安く買えます。

気をつけたいのは、購入したGoogle Playギフトカードがちゃんと使用できるかどうかの安全性です。

ギフト券売買サイトで出品されているギフト券には、使用できない不正ギフト券が紛れている可能性があります。

Google Playギフトカードの出品料は、amaten(アマテン)が最も多いです。売れやすいのも間違いないでしょう。購入後、30分以内ならギフト券が使えなければ、エラー報告するとお金を払わなくて済みます。ですが、30分過ぎると返金は不可能です。泣き寝入りするしかありません。amatenでは保証をしていませんし、どのくらいの頻度で起きるか公表していません。

このような事情から、購入はベテルギフトかギフティッシュでしたほうが良いです。どちらも安全にGooglePlayギフトカードを購入できます。

どちらもギフト券売買サイトも、運営元の会社がamazonギフト券買取サイトを運営しているためです。

不正ギフト券が多いギフト券売買サイトを運営していたら、いい加減な会社だと思われて不正ギフト券の買取依頼が増えちゃいますからね。

アマテンと比較して、不正ギフトカードの出品が少ないです。万が一、不正ギフトが出品されたら公式サイトで公表しています。取り組みの力の入れ方が全然違いますね。

特にベテルギフトは、ギフティッシュと比較して出品の手数料が低く設定されています。手数料が低いということは、出品者の方がギフト券を早く売るため売価を下げやすくなるのですね。

ベテルギフトは、不正ギフトの出品件数も公表しいます。万が一、不正ギフト券を購入してしまった場合でも30日以内なら返金保証があるので安心です。返金保証がしっかりとしたギフト券売買サイトはベテルギフトだけです。

Google Playギフトカードに限らず、amazonギフト券やiTunesカードなどの他の電子ギフト券も同様に安く安全に購入できます。

興味を持たれた方はチェックしてみてください。

>>ベテルギフトの公式サイトでGooglePlayギフトカードの出品状況を見てみる

追記

amazonやギフト券売買サイト以外にでGoogle Playギフトカード(コード)を購入できる場所

amazonの他にもコンビニやドラッグストア、家電量販店など各店舗でグーグルプレイギフトカードは購入できます。

Google Play ギフトカード: 店舗を探す。

実店舗以外にもオンライン上で購入できる店舗がいくつかあります。web上で購入する場合には、3Dセキュア認証サービスに対応したクレジットカードが必要になります。