Google Playギフトカードの買取サイトTOP3と換金する5つの方法

Google Play (グーグルプレイ)ギフトカードをお得に現金にする方法

Google Playギフトカードは、Google Playストアで販売されているandroidのゲームの購入や課金、音楽、映画、書籍などの電子コンテンツが購入できます。

ですが景品でもらったけど、欲しいものがなくて現金に換金したい人もいるとか思います。

このページでは、Google Playギフトカードを高く換金する方法について解説しています。

換金率の高い電子ギフト券としては、amazonギフト券が有名です。ですが最近は、グーグルプレイギフトカードやiTunesカードの流通量が増え、買取率も高くなっています。

高い換金率で素早く簡単に現金化するなら、ギフト券買取サイト。時間に余裕があって5万円以上のGoogle Playギフトカードを換金するなら、ギフト券売買サイトで高く換金できる場合もあります。

Google Playカードは、amazonでも購入できます。amazonのアカウントにある残金を現金へ精算するのにも適した方法です。

目次

Google Playギフトカードを換金する3つの方法

GooglePlayギフトカードを現金にするには、主に5種類の方法があります。

GooglePlayギフトカードを現金する方法5選

上記の方法のいずれかを試せば、問題なくGoogle Playギフトカードを現金にできます。

とくにおすすめの換金方法は、ギフト券買取サイトの利用です。買取率の高さ、現金化までの時間の早さ、簡単な申し込みだけで現金化できる手軽さという他の換金手段にはない多数のメリットが魅力です。

ギフト券買取サイト「買取ボブ」は、24時間営業・手数料無料で高額買取!
>>買取ボブの公式サイトを確認する

ギフト券買取サイトで換金する

買取ボブ-amazonギフト券-iTunesカード-Google Playギフトカード-楽天ポイントギフトカード-買取-年中無休24時間営業-手数料無料-高額換金

ビール券や図書券、デパートの商品券など紙ベースの商品券の売買は、金券ショップで行われるのが一般的です。

ですが、Google Playギフトカードやamazonギフト券、iTunesカードなどインターネット上の買い物で利用する電子ギフト券は、ほとんどの金券ショップで買い取りしていません。

参考:「amazonギフト券は金券ショップ(店舗)で換金できる?買取サイトと徹底比較!

電子ギフト券の中でもamazonギフト券は、人気があり高額に換金できるのが特徴です。需要の高さから、インターネット上でamazonギフト券を専門に買い取るサービスとして、ギフト券買取サイトがあります。

ギフト券買取サイトは、金券ショップと違い店舗へ訪問する必要がありません。web上で申し込めば、指定した口座に買取金額が振込まれます。ただし、ほとんどのギフト券買取サイトは、amazonギフト券の換金しか対応していません。

ですが、一部の大手のギフト券買取サイトでは、Google Playギフトカードの買取にも対応しています。世界最大の通販サイトであるamazonで使える、amazonギフト券と比較すると、Google Playギフトカードは用途が限られます。

そのため、amazonギフト券よりほんの少し買取率が下がります。ただし他の換金方法と比較すると、買取サイトで最も高く換金できることがほとんどです。さらにGoogle Playギフトカードの買取率は、需要の拡大とともに高まり続けています。

ギフト券買取サイトを利用すると、GooglePlayギフトカードを高いレートで簡単に素早く即日中に換金できます。

>>Google Playギフトカードを換金できる買取サイトBEST3を確認する
(ページ下部のランキングへスクロールします)

電子ギフト券売買サイトに出品して現金化

ギフト券売買サイト「amaten(アマテン)」の公式ページ

Google Playギフトカードやamazonギフト券、iTunesカードなど様々な電子ギフト券を売買できるサービスがあります。このような電子ギフト券売買サイトは、ギフト券を高く売りたい人と少しでも安く買いたいユーザーをマッチングさせています。

メルカリやラクマのようなフリマアプリのギフト券版とイメージしていただければ分かりやすいと思います。
※ちなみにメルカリなどのフリマアプリでは、ギフト券の出品は禁止されています。

ギフト券売買サイトのメリットとデメリット

売買サイトのメリットとデメリット

メリット
・販売価格を自分で設定できるので、高く換金できることがある

デメリット
・出品して換金できるまで時間と手間がかかかる
・換金するには手数料が必要
・高い価格で出品すると売れない

ギフト券売買サイトのメリットは、自分で売値を決められることです。定価より高い金額を設定することはできませんが、ほとんど額面の金額と同じ価格で出品している人もいます。

デメリットは、出品して換金するのに手間と時間(当日~1週間)がかかります。さらに、手数料が高額なのも悪い点です。

GooglePlayカードの売買サイトでの相場は、額面金額の85%前後です。売れるかどうかは出品する価格次第です。高く出品すれば、買い手が現れず時間を無駄にします。低価格で出品すれば、売れるまで早くなる可能性は高まります。ですが、損した気分になります。

利用時に注意することがあります。出品して販売できたとしても、販売金額がそのまま貰えるわけではないことです。

ギフト券売買サイトで換金するには、出品手数料(※1)と出金手数料(※2)という2種類の手数料が発生します。

実際の換金額は、GooglePlayギフトカードが売れた金額から2つの手数料を差し引いた金額です。

売買サイト利用時にかかる手数料について
出品手数料とは(※1)・・・出品するギフト券の額面金額に対して一定料率でかかる手数料です。どこの売買サイトでも2%ほど発生します。出品手数料が、安い売買サイトもあります。ですが、利用者が少なく過疎化している売買サイトの可能性が高いです。出品者がいないと成立しないので、手数料を抑えて利用者を増やす必要があるのですね。出品しても全く売れない可能性があるため、利用はオススメしません。
出金手数料とは(※2)・・・ギフト券売買サイトは決済を仲介しており、売却金額を預かっています。販売金額の引き出しには手数料が発生します。売買サイトによって、手数料は変わります。ですが、300円前後であることが相場です。

ギフト券売買サイトの換金額のシミュレーション

Google Playギフトカードをギフト券売買サイトで出品して販売した場合、いくらで換金できるのか試算しました。

Google Playギフトカードの平均相場は、85%前後です。この価格帯の出品が多く、よく売れています。

シミュレーションは、85%で5千円・1万円・5万円・10万円のGoogle Playギフトカードを出品したときの換金額を計算しています。

5千円分のGoogle Playギフトカードを85%で出品した場合の換金額の例
4,250円(5,000円 ✕ 85%) -100円(出品手数料:2%) – 300円(出金手数料) = 3,850円(実質買取率77%)
1万円分のGoogle Playギフトカードを85%で出品した場合の換金額の例
8,500円(10,000円 ✕ 85%) -200円(出品手数料:2%) – 300円(出金手数料) = 8,000円(実質買取率82%)
5万円分のGoogle Playギフトカードを85%で出品した場合の換金額の例
42,500円(50,000円 ✕ 85%) -1,000円(出品手数料:2%) – 300円(出金手数料) = 8,000円(実質買取率82.4%)
10万円分のGoogle Playギフトカードを85%で出品した場合の換金額の例
85,000円(10万円 ✕ 85%) -2,000円(出品手数料:2%) – 300円(出金手数料) = 82,700円(実質買取率82.7%)

優良な買取サイトの買取率の相場は、82%前後です。5万円未満のGoogle Playギフトカードなら買取率や手間・時間を考えると買取サイトの利用が適しています。

Google Playギフトカードの額面が5万円以上で時間に余裕があるなら、売買サイトを利用することで買取サイトより少しだけ高く換金できます。

ギフト券の購入者数が多く売れやすい、人気の電子ギフト券売買サイトをまとめました。利用を検討しているなら、参考にしてもらえればと思います。

Google Playギフトカードを換金できるギフト券売買サイトを確認する

Google Playギフトカードが売れるギフト券売買サイト3選

ギフト券売買サイトには、GooglePlayギフトカード以外にも多くの種類の電子ギフト券が売買されています。

amazonギフト券が、最も活発に取引されています。Google Playギフトカードは、iTunesカードと並んで2番目に取引量の多いギフト券です。

売買サイトでは、出品者が自由に売値を決定できます。ただし、ギフト券は売値しか購入要因がありません。出品されている相場より高く値付けしても売れないです。

ギフト券売買サイトのメリットは、価格設定によってはGooglePlayギフトカードを高く換金できる可能性があることです。

デメリットは、手数料が高額なことと売れるまで時間と手間がかかることです。

少額なギフト券だと手数料が換金額をかなり圧迫します。目安としては、5万円以上のギフト券を現金化するならおすすめの換金方法です。

amaten(アマテン)

ギフト券売買サイト「amaten(アマテン)」の公式ページ

ギフト券の売買サイトといえば、アマテンというくらい大手のマッチングサイトです。

利用者数が多く、ギフト券の取引量は日本最多です。

アマテンのメリットは、利用者数が多く、他の売買サイトより出品してから売れるまでの時間が早いこと。

デメリットは、出金手数料(他の売買サイトは約300円)が他の売買サイトと比較して、499円とやや高額なことです。

ギフト券売買サイトで早く換金したい方におすすめです。
参考:「amaten(アマテン)の詳細について

ベテルギフト

ギフト券売買サイト「ベテルギフト」の公式ページ

ベテルギフトは、最近急成長しているギフト券売買サイトです。

ベテルギフトは、後述するギフティッシュと同様にギフト券買取サイト「ギフトグレース」が運営しています。ギフトグレースは買取率が非常に高く、運営体制もしっかりしています。おすすめのギフト券買取サイトです。

ベテルギフトは、ギフト券買取業者が運営しているだけあって、ギフト券の売買をしやすいのが特徴です。

売買サイトのデメリットである出品手数料が低額なので、換金率が高くなります。

デメリットは、amatenよりは利用者数が少ないので、売れるまで時間がかかるおそれがあることです。

ベテルギフトは、換金金額を重視する方には、特におすすめのギフト券売買サイトです。
参考:「ベテルギフトの詳細について

ギフティッシュ(Giftissue)

ギフト券売買サイト「ギフティッシュ(giftissue)」の公式ページ

ギフティッシュも急成長しているギフト券売買サイトです。特徴は、他のギフト券売買サイトと比べるとバランスが良いことでしょうか。

利用者数は、amatenより少なく、ベテルギフトより多いです。出品や出金の手数料は、ベテルギフトよりは高額で、amatenよりは安いです。

バランスが良いので、売買サイト選びに迷ったら検討する価値は十分あります。デメリットは、売れるまではamatenより遅く、手数料はベテルギフトより高いことです。メリットは、ベテルギフトより早く売れる確率が高く、amatenより手数料が安いことです。バランス型ですね。

ベテルギフトと同様に、ギフティッシュもamazonギフト券買取サイトの金券買取EXを運営しています。金券買取EXは、GooglePlayギフトカードとiTunesカードも買取しています。手数料が発生しますが、1000円の額面のギフト券から申し込めます。少額なGoogle Playギフトカードを手軽に換金したいならおすすめです。
参考:「ギフティッシュの詳細について

オークションサイトに出品して換金する

ヤフオクやモバオクなどのオークションサイトでも、Google Playギフトカードを出品して売ることができます。

普段からオークションサイトで出品している方なら、Google Playギフトカードを高く現金化できるかもしれません。

オークションのメリットとデメリット

オークションのメリットとデメリット

メリット
・タイミングによっては、高く換金できることがある

デメリット
・出品時にかかる手数料が高額
・出品時の手間と売れるまでに時間が必要
・価格設定によっては売れない恐れがある

オークションサイトのメリットとデメリットは、ギフト券売買サイトと似ています。ただし、オークションサイトのほうが出品の手間が多いです。

出品価格に幅がありますが、定価から約10%割引した価格を、開始金額や即決価格に設定している出品者が多いです。

落札の履歴を確認すると、10%前後の値引きをしていると、入札者が現れているようです。

ただし、オークションに出品する場合、落札価格の約10%が手数料として発生します。

額面金額の90%の価格でGoogle Playギフトカードが売れても、さらに10%の手数料が引かれてしまいます。実質の換金率は、約80%になってしまいます。

商品の写真を撮ったり、紹介文を作成したり、利用者登録をしたりと手間もかかります。

出品に慣れている方やオークションに興味がある方でなければ、他の換金手段と比較すると、特に面倒という印象です。

ヤフオクで出品した場合の換金額の試算

日本最大のオークションサイトである「ヤフオク!」にGoogle Playギフトカードを出品して換金した場合の金額をシミュレーションしました。

オークションなので、落札される価格は毎回違います。ですが平均すると、額面金額の約90%くらいで落札されています。

ヤフオクは手数料として、落札価格の10%が「落札システム利用料」の名目で発生します。10%の落札システム料は、Yahoo!プレミアム会員(月額498円)だと8.64%になります。

シミュレーションは、Google Playギフトカードが額面金額の90%で落札された場合を想定して計算しています。落札システム料は、非会員の10%で試算しました。

5千円分のGoogle Playギフトカードが90%で落札された場合の換金額の例
4,500円(落札価格:5,000円 ✕ 90%) – 450円(落札手数料:4,500円 ✕ 10%) = 4,050円(実質買取率81%)
1万円分のGoogle Playギフトカードが90%で落札された場合の換金額の例
9,000円(落札価格:10,000円 ✕ 90%) – 900円(落札手数料:9,000円 ✕ 10%) = 8,100円(実質買取率81%)
5万円分のGoogle Playギフトカードが90%で落札された場合の換金額の例
45,000円(落札価格:50,000円 ✕ 90%) – 4,500円(落札手数料:45,000円 ✕ 10%) = 40,500円(実質買取率81%)
10万円分のGoogle Playギフトカードが90%で落札された場合の換金額の例
90,000円(落札価格:100,000円 ✕ 90%) – 9,000円(落札手数料:90,000円 ✕ 10%) = 81,000円(実質買取率81%)

シミュレーションの落札価格は、あくまで平均的な金額です。実際には、もっと高く売れることもありますし、安くなることもあります。

ですが、Google Playギフトカードの価格を自分で設定して出品したいなら、ギフト券売買サイトを利用したほうが高額に換金できます。

ギフト売買サイトは、オークションと比べて売れるまでの時間も早いですし、出品時も手間が少なく済みます。オークションへの出品に必要な商品画像の準備や商品説明の文章も不要です。

ただし、ギフト券売買サイトとオークションサイトよりギフト券買取サイトのほうが高額に換金できます。簡単な申し込みだけで、当日中に現金化できるのも利点です。

>>Google Playギフトカードを高額換金できる買取サイトBEST3を確認する

メルカリなどフリマアプリはギフト券の出品ができません

フリマアプリの大手であるメルカリや楽天が運営するラクマでは、Google PlayギフトカードやiTunesカード、amazonギフト券などギフト券全般の出品が禁止されています。

商品券は利用規約の中で、出品できない商品の一覧に含まれています。過去の履歴を見ると、取引されていたこともあるようです。ですが今は、無理になってしまいました。

換金するのは違法ではありません

メルカリなどのフリマアプリでは、規約によりギフト券の出品が禁止されています。ですが、違法ではありません。あくまで利用規約は、サービスの提供元が定めるルールです。法律ではありません。

Google Playギフトカードの利用規約にも有償での転売は禁止されています。ですが、法律ではありません。ギフトカードなので、プレゼントでの利用も多くあります。第三者にギフトカードを渡しても、そこに金銭の授受があったかどうかは、Googleには判断できません。

不要なGoogle Playギフトカードを換金しても、違法ではありません。

買取に対応した金券ショップへ持ち込んで換金

金券ショップ
商品券の売買といえば、金券ショップを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。金券ショップの店舗(店頭)でGoogle Playギフトカードの買取を申し込んで換金した場合のメリットとデメリットをまとめました。

金券ショップのメリットとデメリット

メリット
・対面で換金できる安心感
・申し込が終われば、すぐに現金化できる

デメリット
・買取に対応している金券ショップが少なすぎる
・お店へ行くのに手間と時間がかかる
・カードタイプのみしか買取に対応していない
・申込時にレシートが必要

金券ショップの店頭で換金するメリットとしては、やはり店員と直接対面で買取手続きが行える安心感です。買取が成立すれば、その場で現金が手に入る早さ早さもメリットです。ですが、デメリットも多くあります。

デメリットのもっとも大きなポイントは、そもそもGoogle Playギフトカードの買取に対応している金券ショップがない点です。全国に数百店も金券ショップはありますが、数店舗しか買取に対応していません。理由は後述しますが、Google Playギフトカードだけでなくamazonギフト券やiTunesカードなど電子ギフト券全般の取扱をしていません。

店舗へ行くのに手間がかかるのも欠点です。何かのついでで金券ショップに寄れればいいのですが、そうでなければ交通費もかかりますし面倒でもあります。さらに金券ショップでGoogle Playギフトカードの買取を申し込む場合、コード番号のみの買取を行っていません。買い取るのは、カードタイプのGoogle Playギフトカードのみです。さらに、購入したことを証明するレシートの提出も必要です。

大黒屋などほとんどの金券ショップ(店舗)では、Google Playギフトカードの買取に対応していない

残念ながら、街の金券ショップではGoogle Playギフトカードを換金することができません。金券ショップは、買取も販売も行っていません。

東京近郊で多く見かける、大黒屋やアクセスチケットなどチェーン展開の大手の金券ショップでも、Google Playギフトカードの取り扱いはありません。金券ショップで取り扱っているのは、チケットなどの実物のある紙券の商品券です。

コンビニなどの店舗でGoogle Playギフトカードを購入すると、プラスティック製のカードは手に入ります。ですが重要なのは、カードではありません。スクラッチを剥がすと現れる、コード番号です。

このコード番号は、店舗で購入したときレジで有効にする処理(アクティベイト)をしないと使用できません。有効かどうかの判断は、コード番号をGoogleのアカウントに登録しなければなりません。登録したGoogle Playギフトカードは、役目を終えて使用できなくなってしまいます。

仮に、盗品を金券ショップに持ち込んだとしても、お店では有効なギフト券なのか判断できないのです。Google Playギフトカードは、店舗では有効かどうかすぐに判断できません。アカウントに登録すると、お店で販売できなくなります。

このような事情で、金券ショップはGoogle Playギフトカードを取り扱っていないのです。

参考:「amazonギフト券は金券ショップ(店舗)で換金できる?買取サイトと徹底比較!
(↑リンク先のページで数少ない電子ギフト券の買取に対応した店舗を紹介しています。東京に集中していますが、興味があったら確認してみてください)

家族や友人、知人に買い取ってもらって換金

もし、androidのスマートフォンやタブレットを持っている友人や家族がいたらチャンスかです。ちょうどゲームに課金しようと思っていた、欲しい有料のアプリがある、などGoogle Playギフト券が必要なタイミングかもしれません。

知人にGoogle Playギフトカードを販売するメリットは、知り合いという安心感と交渉しやすい点です。うまく交渉できれば、割引せず定価での換金も可能です。

デメリットは、他のGoogle Playギフトカードの換金方法と比較して、好きな時に換金できない点です。ギフトカードを欲しい人が周りにいなければ、現金化できません。

もっとも早く高額に換金できるのは、ギフト券買取サイト

ここまで5種類のGoolge Playギフトカードの換金方法を紹介していきました。状況に応じて方法を使い分けると、より高くGoogle Playギフトカードを換金できるはずです。

額面総額が5万円未満のGoogle Playギフトカードを現金化するなら、買取率が高く、申し込みだけで当日換金できるギフト券買取サイトがおすすめです。

5万円以上のGoogle Playギフトカードを換金したくて、数日間の余裕があり出品を面倒だと感じなければ、ギフト券売買サイトで高く現金化できるかもしれません。売買サイトに出品して換金すると、手数料が発生します。高額なギフト券を換金するほど、手数料の換金額にしめる割合が減っていきます。

ただし、ギフト券買取サイトと比較して買取率に大差はありません。早く換金したい方や楽に換金したい方は、ギフト券買取サイトがおすすめです。

Google Playギフトカードの買取に対応している買取サイトTOP3

ネット上で電子ギフト券の買取を行う業者は数多くあります。ですがほとんどの業者は、amazonギフト券の買取しか対応していません。

数は少ないですが、高い換金率でGoogle Playギフトカードの買取を行っている業者も存在しています。

電子商品券の中でamazonギフト券の次に需要が多いのは、iTunesカードとGoogle Playギフトカードです。買取に対応している業者も増えてきています。

紹介している買取サイトは、私も使用して満足度の高かった優良な買取業者です。安心して申し込めますよ。

買取ボブ

買取ボブ-amazonギフト券-iTunesカード-Google Playギフトカード-楽天ポイントギフトカード-買取-年中無休24時間営業-手数料無料-高額換金
最も大手のamzonギフト券買取サイトです。amazonギフト券だけでなく、Google PlayギフトカードとiTunesカードの買取も行っています。

紹介している買取サイトの中では、最も買取率が高く、振込手数料も無料です。24時間営業でいつでも利用できるので助かります。

迷ったら選んで間違いのない買取サイトです。

申し込みできるギフト券の最小金額は、3000円です。3000円以上のGoogle Playギフトカードを持っていたら、検討の第一候補ですね。

初回の買取率が最もお得になります。2回目以降は、時間に応じて買取率が変わる即日プランとゆっくりプランから選択します。振込まで時間がかかりますが、ゆっくりプランなら買取率が少し高くなります。
参考:「買取ボブの詳細について

買取ボブは、24時間営業・年中無休、手数料無料、高買取率でいつでも換金できます。
>>買取ボブの公式サイトを確認する

ギフトグレース

amazonギフト券買取サイト「ギフトグレース」

ギフトグレースは、買取率の高さと振込時間の早さに定評のあるギフト券買取サイトです。

ギフトグレースでは、Google Playギフトカードのほかに、amazonギフト券とiTunesカード、楽天ポイントギフトカードが換金できます。

日曜日は定休日ですが、その他は祝日も含め24時間営業でいつでもギフト券を高額買取しています。

振込手数料は無料。初回の買取率が高いのはもちろん、2回目以降の買取率は多くの買取サイトの中でもトップクラスの高買取率レートを誇ります。

少しでもGoogle Playギフトカードを高く換金したいなら、買取ボブとあわせて最新の買取率を確認しておいて損はありません。

額面が500円以上のGoogle Playギフトカードから受け付けています。
参考:「ギフトグレースの詳細について

>>ギフトグレースの公式サイトを確認する

金券買取EX

金券買取EX-topページ-買取率91%

金券買取EXも大手のamazonギフト券買取サイトのひとつです。amazonギフト券以外に、Google PlayギフトカードとiTunesカードを換金できます。

金券買取EXの運営元は、ギフト券売買サイトのギフティッシュも運営しています。ギフト券の取り扱いに慣れた買取業者です。

営業時間は19時までと短いですが、高い買取率でGooglePlayギフトカードを現金化できます。

買取に対応しているGooglePlayギフトカードの最小の額面金額は1,000円からです。ただし、1万円未満のGoogle Playギフトカードの換金は、216円の振込手数料が発生します。

使いどころとしては、買取ボブで対応していない3000円未満のギフト券の換金に利用できそうです。もしくは1万円以上の額面のギフト券だと、振込手数料が無料になるでお得です。
参考:「金券買取EXの詳細について

>>金券買取EXの公式サイトを確認する

買取本舗

amazonギフト券買取サイト「買取本舗」top-iTunesカード-Google Playギフトカード-換金

ギフト券買取サイトとしては、早くからGoogle Playギフトカードの買取を行っている買取業者です。

買取本舗は、振込手数料が無料。24時間営業でいつでも換金できます。

買取は、額面が3000円以上のギフト券から対応しています。額面金額が1万円以上のGooglePlayギフトカードは、公式サイトに記載のある正規の買取率になります。1万円未満は、最大で70%の買取率です。
参考:「買取本舗の詳細について

>>買取本舗の公式サイトを確認する

その他のGoogle Playギフトカードの買取サイトを確認する

その他のGoogle Playギフトカードの買取に対応した買取サイト

ランキングには入っていませんが、他にもGoogle Playギフトカードの買取に対応しているギフト券買取サイトはあります。もし、買取を依頼する業者を探していて、いろいろな業者を検討しないなら参考にしてもらえればと思います。

ですが、買取率や手数料、運営体制や営業時間といった面で買取ボブやギフトグレースといった優良買取サイトより劣ります。あくまで参考程度に留めておいたほうがいいです。

ギフトオフ(GIFT OFF)
ギフトオフ(GIFTOFF)-電子マネー買取サイト

ギフトオフは、Google Playギフトカードの買取も行っている買取サイトです。Google Playギフトカード以外にも多数のギフト券の買取に対応しています。

委託買取と郵送買取のどちらかの買取形式を選んで換金できます。委託買取は、購入者が決れば買取金額を入手できます。郵送買取は、カードタイプに限られます。郵送で必要書類と未使用のギフトカードを送ります。ギフトオフで郵送物の確認がとれれば、買取金額が振り込まれます。

参考:「ギフトオフのレビュー

アマプライム
アマプライム-top-ギフト券買取サイト-amazonギフト券-iTunesカード

アマプライムは、手数料が無料で換金できるギフト券買取サイトです。Google Playギフト券のほかにamazonギフト券やiTunesカードなど複数種のギフト券の買取を行っています。

Goolge Playギフトカードの買取率の詳細は、公式サイトには掲載されていません。買取率を詳しく知りたいなら、問い合わせをして確認しなければなりません。

参考:「アマプライムのレビュー

ベストレート
ベストレート-ギフト券買取サイト-amazonギフト券-iTunesカード-Google playギフトカード

ベストレートも手数料が無料で換金できるギフト券買取サイトです。アマプライムと同じくamazonギフト券とiTunesカードの買取も行っています。アマプライムと違って、Google Playギフトカードの買取率も案内されています。ですが、買取率は他の優良業者と比較して高くはありません。

参考:「ベストレートのレビュー

格安チケットコム
格安チケットコム-金券ショップ-top

格安チケットコムは、Google Playギフトカードの買取だけでなく、各種の電子ギフト券や金券ショップの店舗で買い取るような商品券などの金券の売買を行っています。

Google Playギフトカードの買取は、未使用のカードタイプのみの対応です。コード番号の買取は行っていません。申込みは、公式サイトにある依頼書をプリントアウトして必要事項を記入します。依頼書とギフトカード、購入したことを証明できるレシートを同封して郵送します。

アマイズム(amaイズム)
アマイズム(amaイズム)-top-ギフト券買取サイト-amazonギフト券-iTunesカード-Google Playギフトカード

Google Playギフトカードやamazonギフト券、iTunesカードの買取を行っている買取サイトです。買取率は平均的ですが、3000円のギフト券からの買取に対応しています。運営は、個人なのか法人なのかは公式サイトからは判断できません。ですが、サービスの詳細はしっかりと分かりやすく案内されています。

Google Playギフトカードをギフト券買取サイトで換金する3つのメリットと2つのデメリット

他のギフト券売買サイトやオークションサイトと比較して、ギフト券買取サイトの利用には多くのメリットがあります。

買取サイトを利用する3つの利点
  • 即日の買取
  • 安心と安全性
  • 高換金率

業者の選び方を間違えてはいけません。優良な買取サイトを選ばないと、これらのメリットを感じることができません。このページで紹介している買取サイトは、すべて私も利用しました。公式サイトに記載の通りの買取率ですぐに換金できました。

即日の買取:グーグルプレイギフトカードを簡単な申込みだけで現金化できる

ヤフオクなどのオークションサイトやギフト券売買サイトを利用して換金する場合、登録、値付け、出品、購入者待ち・・・と手間がかかります。実際に売れて現金を手に入れるまで、時間もかかります。

ギフト券買取サイトは、申込みをするだけでGoogle Playギフトカードを換金できます。申し込みもネットショッピングと同じように名前などの必要な情報を入力していくだけです。

Google Playギフトカードのコード番号を送ったら、あとは入金を待つだけです。早くて数分・遅くとも数時間で、あなたの口座に買取金額が振り込まれます。

安心と安全性:詐欺業者でなければ、もっとも安全に換金できる

オークションやギフト券マッチングサイトで出品されたギフト券は、一般のユーザーが購入しています。

不正ギフト券の出品によって、購入者が損害を受けるといったことがあります。ですが出品者も悪質な購入者によって、被害者になるケースもあります。悪質な購入者は、有効なギフト券なのにエラーで使えないなどとクレームをつけて評価を下げる、支払いをしないなどの行為をはたらきます。

ギフト券買取サイトは、しっかりとした運営体制の業者ならトラブルなくスムーズに換金できます。知識の豊富なプロが、確実なGoogle Playギフトカードの買取を行っています。

このページや当サイトでおすすめしているギフト券買取サイトは、わたしも利用して満足度の高かった業者ばかりです。

参考:「amazonギフト券買取サイトを徹底比較!安全&高額換金ランキング

高換金率:高い買取率(換金率)で手数料も無料で買取している

ギフト券買取サイトは、手数料が無料であることがほとんどです。

業者によっては、1万円未満のギフト券だと、振込手数料が発生することもあります。もちろん、無料な買取サイトもあります。

他の換金手段は、手数料が発生していまいます。売買サイトやオークションは売れた金額から手数料が数%~約10%差し引かれてしまいます。

ギフト券買取サイトは、手数料が無料なので、買取率がそのまま実際の換金率になります。他の換金方法より高い買取率でGoogle Playギフトカードを現金にできます。

手数料無料・年中無休・24時間営業
>>買取ボブの公式サイトを確認する

ギフト券買取サイトの2つのデメリット

Google Playギフトカードの換金にギフト券買取サイトは最適です。メリットが多いのですが、デメリットもあります。

買取サイトのデメリット

  • 悪質な業者を利用してしまう危険性
  • 店舗と比較して換金まで時間がかかる

ただし、リスクは解消できます。それぞれのデメリットの詳細と回避方法を紹介していきます。

悪質な詐欺サイトの存在

ギフト券買取サイトの中には、悪質な行為を行う詐欺サイトが存在しています。悪質な業者は、利用者がギフト券のコード番号を送ると音信不通になってしまったり、あとから高額な手数料を換金額から差し引いて振り込んできたりします。以前より悪質な業者は減ってきています。ですが、少数ながら確実に存在しています。もちろん優良なギフト券買取サイトのほうが圧倒的に多いです。詐欺業者を利用しないように、利用する買取サイト選びに気をつけてください。

見分けるポイントはいくつかあります。運営者情報が確実だと、安全性は高まります。運営元が法人企業で古物商の営業許可番号をしっかりと掲載していると、信頼できます。

このページで紹介している買取ボブやギフトグレースは、信頼できる運営体制と高い買取率が魅力の買取サイトです。Google Playギフトカードの換金先に迷ったら、検討する価値は十分にあります。

参考:「安全なamazonギフト券買取サイトを選ぶポイント

換金まで時間がかかる

Google Playギフトカードの換金手段はいくつかあります。ギフト券買取サイトは、オークションサイトやギフト券売買サイトと比べると早く現金化できます。ですが、金券ショップと比較すると時間がかかります。金券ショップは、店舗に持ち込めばすぐに現金とギフトカードを交換できます。

買取サイトは、申込みから振込まで当日中に完了します。ですが、その場で換金できる金券ショップよりは遅いです。ただし、Google Playギフトカードの買取に対応している金券ショップは皆無です。全国にも数店舗しかありません。金券ショップまで行く手間や交通費を考えてもメリットがあるとは言えません。

優良なギフト券買取サイトなら、申込みから入金まで数十分で完了します。これくらいのスピードなら、金券ショップに行く手間や時間と比較しても遅いとは感じませんね。

>>Google Playギフトカードを換金できる最新の買取サイトのランキングを確認する

ギフト券買取サイトの利用から換金までの流れ

ギフト券買取サイトでGooge Playギフトカードを換金する方法を紹介していきます。ギフト券買取サイトは、どの業者でも基本的な利用方法は同じです。

もし、初めて買取サイトを利用してグーグルプレイギフトカードを換金する予定なら確認してもらえればと思います。スムーズに申し込みから入金まで完了するはずです。

買取サイトの利用に必要なもの4点

Google Playギフトカードをギフト券買取サイトで換金する場合、必要なものがあります。事前に準備しておくとスムーズに換金できます。

ギフト券買取サイトの利用に必要なもの
  • インターネットが利用できる端末
  • 連絡がとれる電話番号とメールアドレス
  • 買取金額の振込を受ける銀行口座
  • 本人確認のための身分証
  • Google Playギフトカード(コード)

インターネットに接続できる環境

ギフト券買取サイトは、業者の公式サイトにある申込みフォームで申し込むのが一般的です。インターネットに接続できるスマートフォンやタブレット、パソコンから公式サイトにアクセスしてください。

連絡先の電話番号とメールアドレス

申込みフォームへ名前などの必要事項を入力していきます。入力事項の中には、必須項目として電話番号とメールアドレスの入力欄があります。申し込みフォームから申し込んだ後は、入力したメールアドレスあてに買取の流れの説明などが届きます。受信を確認できるメールアドレスを準備しておきましょう。基本的に電話番号を送っても、特に連絡がくることはありません。何か不備があった場合の緊急連絡先として使われます。

換金額の振込み先に指定する銀行口座

Goolge Playギフトカードの換金額は、銀行口座へ振り込まれます。買取サイト側が、買取金額を振り込める金融機関の口座を準備しておきましょう。口座の名義は、本人名義が基本です。

金融機関によっては、平日の深夜や土日だと入金の確認がとれないことがあります。急いでいるなら、買取サイトと金融機関の公式サイトで振込時間を確認しておくと確実です。ほとんどの買取サイトで、ゆうちょ銀行とネットバンク(住信SBIネット銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行)だと、遅くまでの振込に対応しています。

本人確認のための身分証

初めての申し込み時には、身分証を提示しての本人確認が必要です。身分証を写真に撮って送信します。ギフト券など金券類の買取は、古物商法という法律に則って行われます。法律では、買取時に身分証の提示を求めることが義務付けられています。身分証の提示を全く求めない業種は、法律を遵守しない悪徳業者の可能性があります。

もし身分証を持っていなければ、買取サイトに相談してみてください。公共料金の明細など他の書類で代用できることもあります。

買取を申し込む予定のGoogle Playギフトカード(コード)

換金したいギフト券も準備しておくと、換金までスムーズに完了します。申し込みは、Google Playギフトカードのコード番号を送信する形で進みます。カードを業者に郵送して換金するケースは少数です。ほとんどの買取サイトはコード番号のやり取りで買取が完了します。

送信するコード番号は、未使用のギフトカードにしてください。使用済みやアカウントへ登録済みのGoogle Playギフトカードを送っても買い取ってもらえません。

買取サイトは簡単な3STEPで換金完了

ギフト券買取サイトは、申込みすれば指定の口座へGoogle Playギフトカードの換金額が振り込まれます。

買取完了までの3STEP
  1. ギフト券買取サイトを決める
  2. 申し込みフォームへ入力と送信
  3. 銀行口座への入金の確認

利用するギフト券買取サイトを選ぶ

最重要なポイントです。もちろん安全な買取サイトであることが大前提です。Google Playギフトカードの換金率が高い買取サイトを選べば、高額に換金できます。急いでいるなら、営業時間と振込時間も確認しておきましょう。深夜や早朝、土日祝日などの時間帯だと入金に時間がかかることがあります。

このページで紹介しているギフト券買取サイトのランキングの1位の買取ボブと2位のギフトグレースは、24時間営業で買取率も最高峰の高レートです。振込までの時間も早いのでおすすめです。

>>Google Playギフトカードを換金できる買取サイトのランキングを確認する

業者の公式サイトから申し込み

利用したい買取サイトが決まったら、公式サイトにある申込みフォームに必要事項を入力して送信します。業者によっては、申し込みフォームへの送信後にGoogle Playギフトカードのコード番号を送るのか送信時に送るのかの違いがあります。注意点としては、基本的にコード番号を送信するとキャンセルできなくなります。疑問点や質問があるなら、コード番号の送信前に完了しておきましょう。

口座へ買取金額の入金があったか確認

Goolge Playのコード番号を送信したら申込み完了です。あとは、口座への入金を待つだけです。買取サイト側で振り込みが完了すると、メールが届きます。振込完了の案内がメールで届いたら、口座へ正しい金額が入金されたか確認しましょう。

Google Playギフトカードを高く早く換金するテクニック

Google Playギフトカードには、売れやすい価格帯が存在します。現金化を予定していて、まだ手元にギフトカードがなければ、売れやすい額面で購入しましょう。

「1500円」「3千円」「5千円」「1万円」これらの額面金額のGoogle Playギフトカードは、需要が高いので換金時にメリットがあります。

コンビニなどの店舗で買えるGoogle Playギフトカードと同じ価格帯だから人気なのですね。

売買サイトへ出品した場合、出品価格によりますが、落札者が現れるまでの時間が早くなる傾向にあります。

買取サイトなら、買取率が買取率を高くできることがあります。。買取ボブなら、通常の買取率でなく、特別レートが適用されます。

>>買取ボブの詳細を確認する

「Google Playギフトカードの買取サイトTOP3と換金する5つの方法」まとめ

Google Playギフトカードを換金する方法について紹介していきました。

ギフト券買取サイトは、簡単な申し込みで手軽に現金化できます。買取率は日によって変動します。80%強くらいで推移しています。

売買サイトは、売れるまで手間がかかります。ですが値付けが自分でできるので、換金率が高くなる傾向にあります。ただし、手数料が発生してしまいます。とくに低額なギフト券だと、手数料が換金額を圧迫します。実質の換金率が下がってしまいますね。

それぞれメリットとデメリットがあるので、ギフト券の額面金額や緊急度などご自身の状況にあわせて検討してください。

手数料無料・年中無休・24時間営業
>>買取ボブの公式サイトを確認する

↓↓補足:Google Playギフトカードの購入方法

Google Playギフトカードを安く買う方法とは?

今回は、Google Playギフトカードの現金化について解説しましたが、安く購入する方法もあります。

Google Playギフトカードを安く購入したいなら、ギフト券売買サイトの利用をおすすめします。

ですが、ギフト券売買サイトの利用にあたって注意点があります。

それは、利用する売買サイトの選び方です。ギフト券マッチングサイトでのGoogle Playギフトカードの販売価格は、どこのサイトでも大差はありません。タイミングが良ければ、どの売買サイトでも安く買えます。

気をつけたいのは、購入したGoogle Playギフトカードがちゃんと使用できるかどうかの安全性です。

ギフト券売買サイトで出品されているギフト券には、使用できない不正ギフト券が紛れている可能性があります。

Google Playギフトカードの出品数は、amaten(アマテン)が最も多いです。売れやすいのも間違いないでしょう。購入後、30分以内ならギフト券が使えなければ、エラー報告するとお金を払わなくて済みます。ですが、30分過ぎると返金は不可能です。泣き寝入りするしかありません。amatenでは保証をしていませんし、どのくらいの頻度で起きるか公表していません。

このような事情から、購入はベテルギフトかギフティッシュでしたほうが良いです。どちらも安全にGooglePlayギフトカードを購入できます。

どちらのギフト券売買サイトも、運営元の会社がamazonギフト券買取サイトを運営しているためです。

不正ギフト券が多いギフト券売買サイトを運営していたら、いい加減な会社だと思われて不正ギフト券の買取依頼が増えちゃいますからね。

アマテンと比較して、不正ギフトカードの出品が少ないです。万が一、不正ギフトが出品されたら公式サイトで公表しています。取り組みの力の入れ方が全然違いますね。

特にベテルギフトは、ギフティッシュと比較して出品の手数料が低く設定されています。手数料が低いということは、出品者がギフト券を早く売るため売価を下げやすくなるのですね。安いギフト券の出品される確率が上がります。

ベテルギフトは、不正ギフトの出品件数も公表しています。万が一、不正ギフト券を購入してしまった場合でも30日以内なら返金保証があるので安心です。ベテルギフトはもっとも保証が充実しています。

Google Playギフトカードに限らず、amazonギフト券やiTunesカードなどの他の電子ギフト券も安く安全に購入できます。

興味を持たれた方は、チェックしてみてください。

ギフト券売買サイト以外のGoogle Playギフトカード(コード)を購入できる場所

amazonの他にもコンビニやドラッグストア、家電量販店など各店舗でグーグルプレイギフトカードは購入できます。

Google Play ギフトカード: 店舗を探す。

実店舗以外にもオンライン上で購入できる店舗がいくつかあります。web上で購入する場合には、3Dセキュア認証サービスに対応したクレジットカードが必要になります。

Google Playギフトカードは携帯決済でも購入できます

コンビニなどのお店以外でも、Google Playギフトカードが購入できます。

ドコモ、au、ソフトバンクのいずれかの携帯電話を使っていれば、各キャリアのオンラインショップからGoogle Playギフトカードが買えます。購入代金の支払いは、「ドコモケータイ払い」「auかんたん決済」「ソフトバンクまとめて支払い」で行います。クレジットカードを持っていなくても購入できます。

お店に行かなくていいので、楽でいいですね。

ただし、販売を中止してしまうこともあります。最新の情報は、各キャリアの公式オンラインショップを確認してください。

↓↓追記

チャージタイプのamazonギフト券やamazonアカウントの残高を換金する方法

「チャージタイプのamazonギフト券を購入したが、残高が余ってしまった」「amazonギフト券を誤ってamazonのアカウントに登録してしまった」

amazonのアカウントにある残高は、amazonに問い合わせても恐らく精算できません。

ですが、アカウントにある不要な残高を換金する手段がいくつかあります。

参考:「amazonギフト券の現金化10個の方法

amazonにチャージされた残高を換金するのに最も簡単な方法は、Google PlayギフトカードやiTuesカード、楽天ポイントギフトカードなどの電子ギフト券を購入して換金することです。

参考:「iTunesカードを換金する3つの方法とおすすめの買取サイトBEST3

参考:「楽天ポイントギフトカードが換金できる買取サイトと現金化する4つの方法

Google Playギフトカードはamazonで購入できます

amazonで「GooglePlayギフトカード」と検索すると、様々な額面のグーグルプレイカードが出品されています。

換金したいアカウントの残高に最も近い金額のGooglePlayギフトカードを購入してください。

ただし、正規の価格より約5%〜10%割高になります。マーケットプレイスでは、出品している店舗によって同じ額面のGooglePlayギフトカードでも販売金額が違います。調べてから、購入してください。

amazonでGooglePlayギフトカードを買う時に気をつけてほしいこと

amazonでGoogle Playギフトカードを購入するなら、注意してほしいことがあります。

商品の中には、Google Playギフトカードのコード番号のみを販売している業者がいます。番号だけだと、不正ギフト券の危険性があります。

番号のみの取り扱いの業者は、ギフト券売買サイトから購入したGooglePlayギフトカードを転売している可能性があります。売買サイトで購入したギフト券には、一定の確率で使えないギフト券が混じっています。

購入者のレビューをしっかりと確認するなどして、慎重に検討を行ってください。

amazonの出品ポリシーでも、番号のみをメール送信する簡易販売は禁止されています。

届くまで時間がかかりますが、カード本体を送ってくれる出品店舗から購入したほうが安全です。

amazonで購入したGooglePlayギフトカードを現金に換金する方法

入手したGoogle Playカードは、このページで紹介している換金方法で現金化できます。

便利な換金方法は、web上での申し込みだけで換金できて、買取率が高いギフト券買取サイトの利用です。

ギフト券買取サイトでは、グーグルプレイカードとiTunesカードのどちらも同程度の買取率で換金できます。

ですがたまに、買取率に差がある場合もあります。まだ手元にGooglePlayカードがないなら、ギフト券買取サイトの最新の買い取り率を確認してから購入しましょう。